サンタクロースの おてつだい サンタクロースの おてつだい サンタクロースの おてつだいの試し読みができます!
文: ロリ・エベルト 写真: ペール・ブライハ−ゲン 訳: なかがわ ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
サンタクロースに会いに行こうと旅に出る、小さな女の子オンヤ。美しい写真でつづる、クリスマスの素敵な出来事を描いた1冊です。
クリスマスのおすすめ続々更新中♪ 『絵本ナビのクリスマス2017』 へようこそ♪
かあちゃん取扱説明書
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かあちゃん取扱説明書

  • 児童書
作: いとう みく
絵: 佐藤 真紀子
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

絵本クラブ
発行日: 2013年05月25日
ISBN: 9784494020331

小学3・4年〜
判型/サイズ:A5判/21.5×15.3cm
頁数:152頁

9〜10歳 編集部おすすめ

出版社からの紹介

ぼくんちで、一番いばっているのはかあちゃんです。今朝も朝からガミガミうるさくって、ぼくはハラがたちました。かあちゃんにいいたいのは、何日も同じごはんをつくらないでほしいです。さいごに、かあちゃんはすぐ「早く」っていうけれど、ぼくが「早く」っていうとおこるのは、やめてほしいと思います。
……ぼくの作文を読んだ父ちゃんは大笑いして「かあちゃんはほめるときげんがよくなるんだ。とにかくほめること。パソコンもビデオも扱い方をまちがえると動かないだろ、それと同じさ」
扱い方! そうか、扱い方さえまちがえなければ、かあちゃんなんてちょちょいのちょいだ!
哲哉はこうして、かあちゃん取扱説明書を書きはじめたのだが…。

ベストレビュー

爆笑したり、真剣に考えたり

読み聞かせ仲間からのおススメで読みました。
一緒に小4と小1の息子たちに読みました。
主人公は小4の男の子。最初の作文が怒った気持ちで、かあちゃんのことを書いていて、それが目に浮かぶのもあり、私自身がそれに近いかもと思うのか、とにかく大爆笑でした。
最初が面白くないと、なかなか聞いてくれないので、つかみはOK。
挿絵もうまくて、授業参観を見に来たかあちゃんは、息子の悪態に目を三角にしている表情が子どもたちにオオウケ。
お話を読み進めながら、自分たちと私とのかかわりを考えたり、友達の優しいママを羨ましく思ったりするけど、友達もそれなりに悩みを持っていたり、と内容も真剣に考えさせられる本でした。
小4の息子からは次回の小学校読み聞かせで紹介して〜とリクエストされました。
読み終わった後はちょっと知恵がついたらしく、私に優しくしてくれましたよ。
(てるお〜さん 40代・ママ 男の子9歳、男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


いとう みくさんのその他の作品

おねえちゃんって、いっつもがまん!? / カーネーション / にいちゃんのなみだスイッチ / きょうはやきにく / ひいな / チキン!

佐藤 真紀子さんのその他の作品

さかな・食べるのだいすき! / ごはんだいすき! / 食物の流通と栄養 / いのちはめぐる / ぼくらは鉄道に乗って / ぼくたちのリアル



温泉場でくり出される、へんてこなおでん早口ことば

かあちゃん取扱説明書

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.77

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット