話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

どろぼうがっこう だいうんどうかい
  • ちょっとためしよみ

どろぼうがっこう だいうんどうかい

  • 絵本
作: かこ さとし
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2013年09月17日
ISBN: 9784032062601

32ページ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


ワークショップレポート&編集者インタビュー!

みどころ

40年前に発売されて以来、今もずっと読み続けられている、かこさとしさんの人気絵本『どろぼうがっこう』。その続きのお話として『どろぼうがっこう ぜんいんだつごく』と2点同時に発売されたのが『どろぼうがっこう だいうんどうかい』。「ぜんいんだつごく」では、驚きの方法で見事にろうやから脱出することができたどろぼうがっこうの面々。今度はなんと運動会を開催しちゃいます!

どろぼうがっこうの運動会? 一体どんな競技が繰り広げられるのでしょう。
想像するだけで、ドキドキしてしまいますよね。
まずは我らがくまさか先生の開会のあいさつ、続いてどろぼうがっこうの応援歌。
「♪ われらの ほこりは どろぼうがっこう ♪」
そしていよいよ競技が始まります。
「ドルばこリレー」に「ニセさつわたし」。うーん、なんだか名前だけでもしびれます。
更には見物に来た村人たちとともに「あきす音頭」を楽しく踊った後に、お昼の時間です。
ところが。あれ、あれ、あれ?
「わしの弁当がない。」「おれのふくがないぞ。」
何が起きたのでしょう?

どろぼうがっこうの競技を村人たちが見学する、ちょっと不思議なこのお話。
でもやっぱり抜群に面白いのです。
次々に行われる競技の内容はもちろん、応援歌をうたいあげるどろぼうがっこうのみんなの誇り高い顔!
楽しそうに一緒になって「すきさえあれば ぬすみあい♪」なんて歌っちゃっている、人の良さそうな村の人々!
読み終わった後には、すっかり満足した気持ちになれちゃいます。

かこさん、続きのお話をつくってくれてありがとう!
思わず心からお礼を言いたくなってしまいました。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

どろぼうがっこう だいうんどうかい

どろぼうがっこう だいうんどうかい

出版社からの紹介

ロングセラー『どろぼうがっこう』のつづきのお話。愉快な競技やあきす音頭と、楽しい大運動会でしたが、とつぜん邪魔が入って……。

ベストレビュー

アレカッポレ

どろぼうがっこうの続編です。
からすのぱんやさんに続き、40年ぶりという長い年月を経て描かれた続編。かこさとしさんの作品はロングセラーのものが多いですね。
どろぼうたちが繰り広げる、ドルばこリレー、ニセさつわたし、ぎゃくどろけい等、普通の学校では考えられない競技の数々。
子供たちは、ニセさつとかはよく分からないので、この辺りはあまりよく理解していない感じもありましたが、
運動会の休憩中、外国人の泥棒が現れ、その手際の良さを買われ、くまさか校長先生から直々に入学を勧められるというまさかの展開は面白かったようです。
かこさとしさんのドタバタ劇は、やはり大好きです!
(tori.madamさん 30代・ママ 女の子6歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


かこ さとしさんのその他の作品

青いヌプキナの沼 / 『からすのパンやさん』『からすのおかしやさん』 限定トートバッグギフトセット  / サン・サン・サンタ ひみつきち / 新版 科学者の目 / ありちゃん あいうえお かこさとしの71音 / みずとは なんじゃ?


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > どろぼうがっこう だいうんどうかい

サニーサイドブックス代表 絵本作家・あいはらひろゆきさんインタビュー

どろぼうがっこう だいうんどうかい

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.3

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット