新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
ひとのいい ねこ

ひとのいい ねこ

作: 南部 和也
絵: 田島 征三
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,540

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2000年
ISBN: 9784097273233

出版社からの紹介

ひとのいい猫が、出会ったノミに自分の血を吸わせてあげるが、一匹が十匹、百匹とどんどん増えて、さすがの猫も悲鳴を上げる。ユーモアの中に何か考えさせられる絵本。

ひとのいいネコが、出合ったノミに頼まれて自分の血を吸わせてあげる。一匹が十匹、百匹、千匹と増えて、さすがの猫も悲鳴をあげる。ユーモアの中に何か考えさせられる、田島征三の力作創作絵本です。

ベストレビュー

小学校での読み聞かせ

小学校での読み聞かせ会に二回持参しました。
一回目は低学年。二回目は高学年。
どちらでも56人の子供たちが聞いてくれました。

低学年でも高学年でも2冊目に読みました。
始めはなんとなく聞いていた子供たちも
最後の方になると低学年では
「ひえ〜!!」という声が上がり
千百十一匹のノミが「血を吸わせて」というシーンでは
「あかん!あかん!」とつぶやいている子がいました。
高学年では、声を上げる子供はいなかったけど
読み終わった後、背中がかゆそうにもぞもぞしているので
「そうやろ、ちょっと背中がかゆくなる気がするよね〜」と
声をかけました。

この話をしたら、近所のママ友が読みたいというので
本を貸しました。そのママ友の感想は
「単純そうに見えて結構深い話やな」とのこと。
そうですよね。この本の表紙に「あなたならどうする?」と
書いたシールが貼ってあるのですが…私ならどうするだろう…?

読み聞かせるときは、始めのノミは小さな声で弱々しく
だんだんと元気よく、あつかましくなるように読み、
また「ノミが卵を産みました」の文は、
前の文からはっきり分かるくらいの間をあけて読むと
この本の面白さがいっそう増すんじゃないかな?と思います。

所要時間約5分です。
幼稚園でも楽しめるとは思うけど…私は持っていかないかな。
(将軍亭琴音さん 30代・ママ 女の子13歳、女の子10歳、女の子8歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

2,200円
1,760円
880円
950円
1,540円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

418円
3,960円
550円
1,980円

出版社おすすめ

  • どひょー
    どひょー
    出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    おすもうさんは おどろいた どひょうが いなくなっちゃった! どこいったぁ〜?
  • はるのおくりもの
    はるのおくりものの試し読みができます!
    はるのおくりもの
    出版社:日本標準 日本標準の特集ページがあります!
    雪を見たいカエルと見せてあげたいキツネとウサギ。心あたたまるお話を美しい四季の絵にのせてお届けします



児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

ひとのいい ねこ

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら