あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

モグのクリスマス」 みんなの声

モグのクリスマス 作・絵:ジュディス・カー
訳:三原 泉
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2007年11月
ISBN:9784751525074
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,436
みんなの声 総数 15
「モグのクリスマス」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • クリスマスらしいお茶目なオチ

    主人公のねこモグは、「わすれんぼうのねこモグシリーズ」で大活躍だったんですね。初めて読みましたが、とても愛らしくてかわいいねこでした。
    クリスマスの準備に追われる一家。慌ただしくて、モグの相手が出来ません。そのうち、歩いたりしゃべったりする木が現れるので、モグは怖くなって屋根の上に逃げてしまいます。
    クリスマスらしい、お茶目なオチに大笑いしました。
    モグのことが親子で大好きになったので、シリーズの他の絵本も制覇したいと思います。

    掲載日:2015/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ツリーが怖かったモグ。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子13歳

    タイトルで分かるように(そしてシリーズものではよくあるように)、今回はクリスマスのお話です。

    モグはクリスマス用のツリーにビックリして隠れちゃうんですが、
    隠れた場所が屋根の上って、どうよ?
    しかも、煙突の出口のところでそれなりに暖をとってるところが、なんかモグらしくて笑えました。

    このお話はシリーズの2巻目であるようで、デビーがまだ幼い感じがするし、よく見るとこの巻のお母さんは、デビーをちょっと大人っぽくして金髪にしただけにも見えなくありませんでした。
    毎回毎回、猫らしい事件を起こしてくれるモグに楽しませてもらっています。

    掲載日:2013/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどもの気持ちといっしょ

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子20歳

    どこかで見たことあるような・・・
    『おちゃのじかんにきたとら』の作者さんでしたか!?
    なんか、惹きつける絵なんですねぇ
    ツリーがキラキラだし(^^ゞ

    みんながクリスマスの準備で忙しい
    でもその理由がわからないから
    おもしろくないよね
    これは、こどもの気持ちと通じるのでは?

    で、言うこときかないし(^^ゞ
    ねこちゃんの特性でもありますが
    マイペースのところも魅力

    モグの夢がまたおもしろい

    嫌なことがあったあとにまっているのは・・・

    皆に大切にされているのがわかって
    モグも読んでいる側もホッとします
    プレゼントをもらっているモグの表情といったら!!

    作者の写真もいいですね

    掲載日:2012/03/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 猫にとってのクリスマスは・・・

    表紙のキラキラが、クリスマスの雰囲気いっぱいです。

    クリスマスの準備に大忙しの家族。
    誰もモグをかまっていません。
    でも、みんなモグのことを愛しているんですよ。
    家族の様子を見れば、モグが大切な家族であることが、よくわかりました。

    猫にとっては、「クリスマスなんて何?」と、でも考えているのかなと思いました。
    クリスマスに大騒ぎするのは、人間だけですものね。

    いじけてしまったモグですが、思いもしない場所から帰ってきました。
    その方法も、クリスマスらしいと思いました。
    ぜひ、絵本で確認してみてください。

    掲載日:2011/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • モグは愛されてます

    みんなクリスマスの準備に忙しくてモグは構ってもらえなくて拗ねています。モグは子供みたいで可愛いです。やっぱり、自分に構ってもらえないから自分の気持ちに素直になるモグっていいなあって思いました。
    家族の一員で特別に可愛がられているような気がしました。
    モグは大好きなゆで卵を三つは、ちょっと食べすぎなような気がします。人のことは言えない私ですが、羨ましかったです。クリスマスのプレゼントまでもらって、みんなからちやほやされてご機嫌なモグの顔に和みました。とても幸せそうな顔をみるのは、読んでいる方にも幸せになれます。

    掲載日:2011/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねこのきもち。

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子10歳

    私は、ねこを飼ったことがありません。
    もし、ねこがいたら、こんな感じなのでしょうね〜。

    いつもと違うまわりの雰囲気に、
    モグは、ちょっとおっかなびっくり。
    戸惑っているようです。
    とうとう、モグは、屋根の上に避難。
    「ごはんよ。」と言われても・・・

    何気ないクリスマスの一日。
    そこに、愛するねこがいたら・・・

    家族がどれほど、モグのことを愛しているか、
    みんなの悲しい顔を見ればよくわかります。

    やっぱり、モグも家族の一員なんですね。


    ころころと変わるねこの表情が愛らしい。

    掲載日:2010/12/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵なクリスマス

    「おちゃのじかんにきたとら」が好きな息子。
    この本を見て、同じ作家だとすぐ分かり、興味津々。
    表紙のモグの表情がなんとも言えずかわいいです。

    何気ないクリスマスの一日を書いているお話ですが、
    家族の暖かさが伝わり、
    クリスマスにお勧めしたい本です。
    絵も優しいタッチで、きれいで、
    毎日読んで読んでとせがまれました。
    モグの行動が面白いそうです。

    掲載日:2010/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愛されてるなあ!

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子10歳、男の子6歳

    モグ、なんて愛らしいんでしょう。
    クリスマスの準備をしているみんなの雰囲気がいつもとちがうと、それを察して、そわそわしてみたり。だれも相手にしてくれないので、すねてみたり。すっかり家族の一員でいるところがいいですね。
    クリスマスの準備で忙しい家族も、もぐがいないととってもさみしい。お互いがなくてはならない存在になっているところがすてきです。
    モグの空想がこれまたかわいくって、笑ってしまいました。最後のオチも見ものです。
    人間だけで過ごすクリスマスも、もちろん楽しいものですが、ここにモグのようなペット(家族)がいると、もっと楽しくなるんだなあと、モグのいる家族がとってもうらやましくなりました。

    掲載日:2009/12/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愛に溢れたクリスマス

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    ある日のこと、モグがお昼寝から起きると、周りの様子がいつもと違いました。いつもより、たくさん人がいて、みんな忙しそうで、だれもかまってくれません。落ち着かないので、外に出ると、大きな木が歩いてくるのが見えました。それに、大きな声で話すので、モグは、怖くなって、屋根の上に上がり、夕ご飯の時間になっても降りてきませんでした。

    クリスマスの準備で忙しい家の中では、モグは、みんなの目にとまらなかったようです。でも、それは、モグにとっては意味の分からないことなので、このような行動に出たのでしょう。
    でも、モグに対する、みんなの気持ち、そして、クリスマスを大切にしている家庭の様子が、とてもよく伝わってきました。
    表情豊かなモグの描き方、、作者のねこに対する愛情が、溢れているようです。

    掲載日:2009/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • クリスマスのシーズンでなくても!!

    • そうなんださん
    • 30代
    • ママ
    • 徳島県
    • 女の子10歳、女の子8歳

    「新年が明けてるのに、図書館でディスプレイ?」と不思議に思い手に取ると、あのジュディス・カーの絵本ではありませんか!さっそく借りてきました。

    動物好きの娘たちも「かわいいね。きれいだね。」と興味津々。モグの福々しい容姿と、各ページの表情に自然と癒されます。見開きページいっぱいを使って、大きくハッキリと挿絵が描かれていて、クラスで読み聞かせするにもバッチリ!!

    クリスマスの準備中には、家族にかまってもらえないモグ。
    すねちゃったけれど、モグのかわいい失敗で・・・!!
    最後には、家族にどれだけ愛されているのかを実感するモグくんです。

    クリスマスでなくっても、ほんわか良い気分になる絵本です。

    掲載日:2008/03/19

    参考になりました
    感謝
    0

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット