雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…

もしもし おかあさん」 みんなの声

もしもし おかあさん 作:久保 喬
絵:いもと ようこ
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1979年07月
ISBN:9784323002354
評価スコア 4.61
評価ランキング 3,016
みんなの声 総数 30
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

30件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 子離れの喪失感ですね。

    楽しい子育てを終え、やがて子離れの時がやってきます。
    真っ赤な電話と可愛い子猫ちゃんの表紙絵を
    見ると、2、3才用かな?と思った。
    三匹の子猫が生まれ、いたずらっこになり、
    やがて、友達の家にもらわれていった。
    でも猫のお母さんには、内緒なので
    ご飯も食べずに探し続ける。
    ある日、泣きつかれて眠ったお母さんに
    子猫から電話が(夢の中)
    三匹とも元気でいると分かって嬉しさよりも
    淋しさがためいきと暗い画面で描かれてます。
    ここまで読み進むと悲し過ぎて
    ちびっ子より、5、6才以上、ママにも。
    子育てを終えたおばあちゃんにも
    お薦めしたいです。

    掲載日:2011/10/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • 切なくて涙する娘

    ミケ、トラ、クロの3匹の子猫が生まれました。
    おかあさんといつも一緒。でもある日3匹の子猫は巣立っていきます。
    おかあさんはいつもいつも子猫ちゃんたちを探し回るのです。
    でもある日、夢の中で子猫ちゃんたちとお話します。

    娘は、おかあさんが子猫ちゃんたちを探すページでいつもウルウル涙しています。それを見るわたしもとても切ないです。
    親子の愛情を感じさせる絵本だと思いました。

    掲載日:2010/05/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • 自立

    おかあさんねこの気持ちを考えると切なくなります。

    少し大きくなっただけなのにもう他所の家にもらわれていかなくては

    ならない3匹のねこちゃんたちです。

    生まれて自分で育てることが出来てよかったと思って、元気だしてねっ

    て励ましたくなります。

    どんな慰めよりか、夢にみた電話にほっとしたと思いました。

    近所だとわかって、居場所もわかって、これからは、傍まで行って見る

    ことも出来るんだから元気を出してほしいと思います。

    我が子からの電話で、「元気な声」を聞けて本当によかったと思いまし

    た。

    掲載日:2009/10/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 母ネコの後ろ姿に泣けます。

    • はらりさん
    • 30代
    • ママ
    • 熊本県
    • 男の子0歳

    生後間もなくもらわれていった子猫たち、さみしい思いをしている母ネコのもとに子猫達から電話がかかってきます。子猫達は楽しそうに幸せそうに暮らしていて「良かったな」とは思うのですが、お母さんネコの「そう・・・そうなの。」というセリフに涙がじんわりにじみます。そして電話を切った後の母ネコの後ろ姿は、何ともいえないひとりぼっちさに本当に涙が出ます。
    小さい頃も読みながら泣いていましたが、子を持って母になった今、改めて読むとさらに泣けます。子供が巣立った後もこんな気持ちになるんでしょうか。いつかは離れていく子供と一緒に過ごすことが出来る今この時を、大切に生きていかなければいけないな。そう思わせる絵本です。

    掲載日:2005/03/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 古いお話には味がある

    昭和の絵本です。表紙に出てくる電話のコードをぐるぐるまきつている様子など21世紀うまれのこどもたちは見たことないものです。それでも母子のものがたりにはちゃんと共感してくれます。おかあさん猫がすこしさびしくなっている様子に、こどもたちもしんみりした顔を見せます。反対に仔猫たちが明るく無邪気な様子にママさんたちこそ胸がきゅっとなるのではないでしょうか。
    最近のおはなしには無い現実の厳しさもクッキリ描かれていていい絵本です。

    掲載日:2016/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんとも言えない

    表紙の印象で、6歳の息子には今更かなと思いつつ読みました。
    でも、6歳の息子には早すぎた?と思うような内容でした。

    子離れによる母親の喪失感?なんとも言えない気持ちが伝わってきて、まだまだ子離れなんて先の私まで胸がキュッとなりました。

    掲載日:2015/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 懐かしい!

    この「もしもしおかあさん」初版は1979年です。
    私も幼児期に読みました!
    その時はただただ可愛い絵に惹かれ買ってもらったのですが,幼いながら「どうしてお母さんネコさんは子ネコさん達と離れて暮らしているのだろう〜かわいそう」と思っていたのを今でも覚えています。
    親になって読んでみると,お母さんネコの気持ちがわかり何だか切なくて切なくて(涙)。
    子供の成長は嬉しいけれど,親元を離れていってしまうのは寂しいものですね。
    でも何より子供が元気で幸せでいてくれることが一番なんですよね!!

    掲載日:2014/09/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 切なさが出ています。

    表紙をみると小さいネコが受話器をもって

    電話をしている絵だったので、かわいいなと思い

    読みましたが、楽しいお話ではありませんでした。

    こねこを産んだあと楽しい日々を過ごしていたのに

    こねこたちがどこかにもらわれたいったようで

    おかあさん猫が一気に元気がなくなります。

    ご飯も食べない、食べていない・・・。

    正直、ママの気持ちがいたいほど伝わります。

    どちらかというとママに響くお話だと思います。

    こねこたちを思い夢までみました。

    実際の世界でも大人の都合で

    引き離されたねこの親子って

    こんな感じでしょうか・・・。

    掲載日:2013/09/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 悲しい?

    • EMRHさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 男の子3歳、男の子0歳

    いもとようこさんの素敵な絵の絵本です♪
    なんか悲しいようなそれでいてほのぼのする様な絵本です。
    懐かしい電話と猫たちが描かれています。

    掲載日:2011/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと悲しかった

    2歳9ヶ月の息子に読んでやりました。電話が好きな息子にと思って読んでやりましたが、ちょっと悲しかったです。

    赤ちゃんの生まれた猫のお話なのですが、母親の元を離れてもらわれていった先から、子猫がお母さんに元気な様子を電話する、というストーリーです。もらわれていくまではとても無邪気な子猫たちで、いもとさんのやさしいタッチの絵もあって、とても楽しく読めるのですが、急に子猫がいなくなり、母猫のさびしがる様子もちょっとじーんときてしまいます。

    息子もそのトーンの変わった様子を感じ取ったようですが、子猫が電話している様子をすこしコミカルに読んでやったので、最後は悲しい雰囲気にはなりませんでした。とはいえ、やっぱり母猫はひとりぼっちでおわるので、こちらも寂しさを感じてしまいます。

    猫が電話するなんてこっけいですが、電話している様子を真似したがるお子さんには、疑似体験もできて面白いですよ・・・。

    掲載日:2010/05/24

    参考になりました
    感謝
    0

30件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / くれよんのくろくん / いないいないばあ / もこ もこもこ / かばくん / がたん ごとん がたん ごとん / キャベツくん / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(30人)

絵本の評価(4.61)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット