おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

ふるびたくま」 みんなの声

ふるびたくま 作・絵:クレイ・カーミッシェル
訳:江國 香織
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1999年08月
ISBN:9784892387227
評価スコア 4.7
評価ランキング 1,356
みんなの声 総数 19
「ふるびたくま」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • イラストに惹かれて、、、

    絵の可愛さに惹かれ自分用に購入しました。
    とにかく絵を見ているだけで癒されます。
    最後の赤いスーツ姿がとっても可愛らしく、なんだか見ているだけで幸せになります。

    もちろん、お話も素敵です。
    くまのぬいぐるみ、古びていくぬいぐるみのお話は数多くありますが、その中でも一番大好きなお話です。

    お気に入りで大事にされていたぬいぐるみのクマ。
    でもだんだん古びれてきて、、、やっぱり新しいものにはかなわない、捨てられてしまうのかな、と不安でいっぱいの表情にはこちらも胸が締め付けられます。
    でもクマの持ち主であるクララはとても優しい女の子。
    なんと古びたクマには素敵なプレゼントが用意されていました。
    嬉しいハッピーエンディングです。

    掲載日:2013/01/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • 作家の実話をもとにして

    古びて擦り切れたり、傷んだりしたぬいぐるみのクマは、心も傷ついてしまったようです。
    しかし、クララにとっては大切なぬいぐるみだったのですね。
    女の子らしい、微笑ましいエピソード。
    クララからのプレゼントが最高でした。

    掲載日:2012/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • くまの不安

    古くなったぬいぐるみのクマが
    こんなボロでは捨てられてしまうのではないかと不安を募らせます。
    それをあおるほかのおもちゃたち・・・。
    こういうシチュエーションに、
    大人の読み手はいろいろ深読みして、
    自分の身の回りの似たようなパターンを想像してしまうものです・・・。
    かく言う私もそうでしたが
    聞いていた娘は、最後のハッピーエンドを素直に受け止めたようです。
    読んだものの心を映すような
    なんとも奥深い一冊です。

    掲載日:2011/08/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤いフランネルのスーツが可愛いの〜!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    3部作の中のシリーズ2作目です。実はもともとこのお話のあらすじを見て、この絵本を読んでみよう。子どもにいいんじゃないかな。と思ったんです。ですので、個人的には、シリーズの中で一番好きな作品です。
    で、続けて感想を書いていますが、ナビの感想の数も、この「さびしいくま」が一番多いですね〜。

    1作目のお話は、ナショナルペアレンティング省金賞を受賞した作品でしたが、この2作目は「ストーリーテリングワールド賞」受賞作品だそうです。そして、こちらは日本以外にオランダ、ドイツ、スペイン、韓国で翻訳されているそうです。
    ストーリーテリングに使われやすい。ということは、本に携わる大人が、それだけこの絵本を子どもたちに紹介したい。という現れで、それだけ素敵な絵本!ということです。(と、言い切ってしまいます)

    だいたい、古びたぬいぐるみ(おもちゃなど)を大事にしたり、修理したりするお話はよくありますが、修理するだけでなく、それ以上汚れたりしないようにお洋服を用意してあげるなんて!そんな発想そのものがすごいと、思いました。

    そして、くまに赤いファランネルのスーツがとっても良く似合うんです〜ぅ。
    子どもも、シリーズの中ではこれが一番面白かったと、言っていました。

    掲載日:2009/06/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幸せなお気に入り

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    体がふるびてきたくまのぬいぐるみが、不安の中、女の子の愛を改めて感じるという心温まるお話です。

    お気に入りのぬいぐるみ。
    子供の頃には誰もが一つは持っていたことと思います。
    古くなったら新しいものが好きになる?
    そんなことないですよね。
    お気に入りのものって、いつまでもずっと大切にしていたいものです。
    それを気付くことのできたくまの喜び。
    うれしさを全身で表現して、とても愛らしいです。

    娘にも、お気に入りをいつまでも幸せにしてあげてほしいと思いました。

    掲載日:2009/02/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大事な大事なおともだち

    • ねがいさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子7歳、男の子2歳

    新しいものをいくつ買おうと、一番大事なぬいぐるみは一つ。
    大事な大事なお友だちなのです。
    私にも、いくら古くなって、毛がばさばさになってきても、
    捨てられないぬいぐるみが一つだけあります。

    なかなか他のものが取って代わることは難しいですね。
    そういう、他のぬいぐるみの切なさやがっかりした姿に、ちょっと
    同情したりしますが、ボロになってしまったくまを綺麗に繕って
    すりきれることを恐れるくまにコートを作ってあげるクララの
    温かい気持ちが嬉しかったです。

    一番にはなれなくても、そんなクララのもとにいるぬいぐるみたちなら
    みんな十分幸せになれますよね。
    娘にも、こういう気持ちが伝わるといいなと思いながら、一緒に
    読みました。

    掲載日:2008/06/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • おきにいりってこういうこと

    たいせつなもの、それは世界にひとつ。
    クララにとってのそれは、きっとふるびたくま。
    どんなにおんぼろだって捨てたりしない、
    「ものを大切にする心」ってこういうこと。

    いろんなぬいぐるみがいて、ふるびたくまをからかうけれど、クララの一番のお気に入り大切な友達はふるびたくま。
    「友達を大切に思うこと」これは大事。

    わたしは、この表紙のくまが、切なくて、読んでしまいました。捨ててしまわれそうになったときのくまの心情を考えると、胸が詰まってしまいそう。

    私にも、手放せないものがあります。そのこたちに何をしてあげようかなんて考えました。

    おきにいりって、こういうことなんだなあ。。。

    掲載日:2007/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 宝物を大事にする気持ちは…

    • 西の魔女さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子13歳、男の子9歳

    この絵本…ヤングアダルトの棚にありました。
    読んでみましたら 
    小さな子供でも十分理解出来る内容です。
    でも あえて児童書と一緒に並べられていないのは
    読んだ年齢によって 
    感じ方が随分変わってくる絵本だからかもしれません。
    そう考えると 
    小さな子供さんへのプレゼントとして贈ったら
    大人になってからも 
    楽しんでもらえる絵本ではないでしょうか。
    宝物を大切にする気持ちが 
    自分を…家族を… そして友達を大切にする気持ちに
    育っていくのかもしれないな…と思わされました。

    掲載日:2007/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読み終わった後、心が癒されます

    • すずらんぷさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子11歳、女の子9歳

    我が家の上の娘もぬいぐるみが大好き。でも、新しいものが増えていく一方で、あまり使わなくなったものは押入れの中にしまわれています。そんなぬいぐるみたちを、たまには外に出して、お日様の下で干してあげなきゃな‥とこの絵本を読んで思いました。
    この絵本の主人公のくまはずっとクララのお気に入りでした。出かける時も一緒、夜は同じベッドで眠ります。でもある日、くまは、すっかり古く、いたんでしまった鏡の中の自分の姿を見て、「クララはもうすぐぼくなんかいらなくなる」と思ってしまいます。
    その後のくまの行動がとてもけなげで、いじらしく泣かせます。
    他のぬいぐるみ達にもちょっと心無い言葉を言われたりして、とってもかわいそうなのですが‥‥

    最後はくまのとびきりの笑顔が見られて一安心。
    実話をもとにしている、とのこと。クララはとても素敵な女の子ですね。
    ちょっと辛い事があった時、心が落ち込んでいる時、折にふれて開いてみたい絵本です。慰められ、癒され、そして元気が出る、不思議な魅力を感じます。

    掲載日:2007/02/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぼくなんか いらないんだ

    • MAYUMIさん
    • 40代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子22歳、女の子20歳、女の子18歳

     ぼくなんていらないんだ・・・と思い込んでしまった
    ふるびたくまの切ない思いが溢れています。
    自分は要らない存在だと思ってしまったら、
    殻に閉じこもって、
    本当のことが見えなくなってしまうこと・・・ってありますね。
    自信を失くしたふるびたくまの気持ちが痛いほど伝わってきます。
    背中に絆創膏を貼って座り込んでいる後ろ姿や、
    廊下の隅でぐったりとうな垂れている姿を見ると、
    本当に悲しげで抱きあげて慰めたくなります。
    だから、余計に、
    赤いスーツを着てポーズを取っている場面が心に残ります。

    掲載日:2007/02/21

    参考になりました
    感謝
    0

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.7)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット