トリックオアトリート! トリックオアトリート! トリックオアトリート!の試し読みができます!
作: 岡村 志満子  出版社: くもん出版
おかしくれなきゃ、いたずらしちゃうぞ! 仮装した4人組は、次々におもしろい家を訪れます。楽しいハロウィン絵本!

ちこく姫」 みんなの声

ちこく姫 作:よしながこうたく
出版社:好学社 好学社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2014年07月
ISBN:9784769023142
評価スコア 4.06
評価ランキング 19,097
みんなの声 総数 15
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • どうして遅刻はダメなのか

    この絵を見て、ギャグ絵本かと思っていましたが、いやいや、かなりしっかりした内容でしたよ。
    「なぜ、遅刻をしたらいけないのか」
    「待っている友達は、どんな気持ちなのか」
    そういったことが、熱く語られています。

    これって、大事なことですよね。

    「先生に怒られたくないから、遅刻しない」
    よりも、ずっと大切な考えだと思います。

    掲載日:2012/09/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • 思いやりと厳しさを。。

    • モモのジさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子7歳、女の子4歳、

    我が家の二人の娘は、このわんぱく小学校シリーズが大好きで、書店に並んでいるのを発見して大喜び♪

    今回の主役は女の子♪まどかちゃんはちょっぴり遅刻をしてしまうのですが、その理由はみんなの学芸会の衣装を作っていたから。。
    でも、理由はどうであれ、信頼して待ってくれている友達の気持ちに気づくと、遅刻はしてはいけないってことがわかります。

    どんな理由であろうと、自分本位に考えてはいけない厳しさと、友達を思いやる気持ちがわかりやすく描かれています。
    そして、最後はやっぱり楽しい気分にさせてくれました。

    娘達にも友達を大切に思う気持ち、そして自分への厳しさをもってもらえたらなと思います♪

    掲載日:2012/05/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 迫力があります!

    私はこの迫力があって
    ちょっと怖い感じがする絵があまり好きではないのですが、
    小学生ぐらいに教えたい大事なことが
    ストーリーのなかにきっちりと入っていて、
    読み終えるとなるほど。。そのとおりだと思ってしまう
    説得力があります。
    私自身 もう50年ぐらい前ですが
    時間厳守!5分前にはきちんと並んでおく!
    15分前には集合するということを
    教えられていました。
    待たせてはいけない、待つ人の気持ちを考えること、
    これはいつの時代にも大切なことだと思います。
    絵本のお話を通じて そこから感じること、
    このシリーズにはあるように思います。

    掲載日:2016/04/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「ガラスの仮面」的な展開。

    息子が3〜4歳のころ、このシリーズにはまって繰り返し読みました。
    男、なんですが、
    シリーズのなかで、なぜかこの「ちこく姫」が一番好き。
    なぜだかは母にもわかりません。

    なぜ、遅刻をしたらいけないのか、を、
    待っている友達の気持ちを伝えることで、
    主人公や読者にわからせてくれます。
    よい内容だとは思います。

    でも。息子が一番喜んでいたのは、
    たぶん、女子たちの話し方。
    少女漫画に出てくるお嬢様のような話し方をするのです。
    「〜でもよくってよ」
    などというやつです。
    これをずいぶん気に入って、日常遣いしていました。

    そして、気の強い女子たちが、
    白雪姫の役を取りあうという超古典的なストーリー展開。
    アラフォーの母としては、「ガラスの仮面」を連想させ、
    懐かしい気分を味わえました。

    掲載日:2016/03/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • こちらのシリーズ,男の子が主役となるお話が今まで続いてきましたが,何と今回は女の子が主人公のようなカタチで描かれていて,ちょっと新鮮さを感じました。
    ユーモアたっぷりの個性的でインパクトのあるイラストなので,面白いです。
    小学校が舞台のお話シリーズなので,まさに小学校低学年のお子さんや近い将来入学するであろう園児たちにぴったりですね。
    大切なこともちゃんと書かれています!

    掲載日:2016/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 博多弁で

    朝、いっつもお友達からピンポンされ、それでもすぐ出て行けない娘。時に先に行ってもらう、まさに(遅刻するまで遅くならないけど)ちこく姫。
    そんなわけでタイトルに惹かれてチョイス。

    「ちょっと貸して」と、方言を拾い読みしつつ、所々笑っていた。
    ちょっとヒネくれてきた思春期突入の小学生には、お姫様役争奪戦ともどもウケておりました。
    うちは標準語より、博多弁の方が気になったようですが、関西育ちの子にはわからなかったので、私がイントネーションも忠実に読んだら、自分の言葉と全然違うと興味津々でした。
    こういう仕掛け、楽しいですね。

    娘は独創的という絵が、私は絵がダメだったのと、ストーリーもよく意味がとれませんでした。

    掲載日:2014/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵がすごい…。

    よしながこうたくさんの絵本はこの衝撃的な絵で知っていたのですが、読んでみるのは初めてでした。

    お姫様がすきな長女6歳に「ちこく姫」というタイトルから選んでみました。でも、独特な絵に衝撃を受けていたようで、笑いもせずに聞いていました。私としては遅刻をしたらダメなことを、遅刻される側の気持ちから分からせるというのがとても良かったです。

    長女の反応がよくなかったので☆3つにしました。

    掲載日:2014/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ためになる本

    • びーびさん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子9歳、女の子8歳

    給食番長シリーズのちこく編です。
    私はなまっている文をいつも読んできかせていますが、学校での規則・礼儀などすごくためになることを毎回取り上げているなーと関心しています。
    学芸会時期に読んであげるのもお勧めですが、学校での集団行動時には大切なお話でしたので、入学後学校に慣れてきた頃に読んであげると良いかなーと思いました。

    掲載日:2013/11/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議生物も魅力☆

    図書館から借りてきて、4歳と9歳の娘たちと読みました。

    学習発表会の劇の配役を決める日に遅刻してしまった
    1年2組のまどかと給食番長たち。
    そんなまどかたちに、1組の女番長ちよこは
    「バツとして、2組は全員脇役よ!!」と言い放ちます。
    脇役にやる気の出ない2組のみんなに、まどかは
    「私がみんなを主役にしてみせるから!」と約束します。
    それからというもの、まどかは毎日遅刻ぎりぎりに登校するようになり・・・?!

    4歳の次女は、よしながこうたくさんの絵本が大好きで、
    給食番長シリーズも大好きなのですが、
    その中でもこの「ちこく姫」は大のお気に入りです。
    図書館からお借りしている間、ほぼ毎日リクエストされました。

    一見怖そうな1組の女番長ちよこちゃんも、
    ちゃ〜んとまどかたちのことを見ていてくれて、
    体を張って、とても熱く語る彼女の姿は感動的でした。
    「ちょっとくらいの遅刻なら」的な考えは、
    周りの人の気持ちを裏切ることになる・・・というのは
    4歳児にはまだちょっと難しかったようですが、
    「遅刻はいけない」というのは伝わったようです。
    母はどちらかというと、時間ギリギリに行動する長女に
    じっくり読んで欲しかったなぁ〜。

    このお話、主人公が女の子だから次女も食い付きが違うのかな?
    と思って聞いてみたら、
    「ううん、違うよ。このページが好きなんだよ。」と言って
    夜のページを開きました。そして
    「この動物が気になるの。これ、怪獣?
     ちよこちゃん、怪獣怖くないのかな?」ですって。
    夜中にわおんわおん吠えている不思議生物。
    これがお気に入りの正体だったのですか・・・。

    今まで博多弁バージョンは敬遠していたのですが、
    今回思い切って挑戦してみたら、次女にゲラゲラ笑われました。
    「どういう意味なのか全然わかんな〜い!」ですと。
    かなり難しくて、博多の方が朗読するのを聞いてみたくなりました。
    難しいけど、楽しいです。

    このシリーズ、ハチャメチャだけど
    大事なことをバシッと教えてくれるので、
    まだまだ続編が出るといいな〜と期待しています。
    不思議生物も、魅力ですね(^◇^)♪

    掲載日:2013/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • テンション高っ(笑)

    テンション高っ!そう思いました(笑)。
    絵のタッチもそうならば、物語の進み具合も。
    かなりぼんやりな娘はついていくのが大変だったのでは?と
    思われます。発表会で主役をやることも、お姫さまをやることにも
    興味ないしなあ(幼稚園の時の「ヘンゼルとグレーテル」では
    森の小鳥をやりました。笑)。
    そんな娘が印象に残ったのは、でも挿絵のようなのです。
    「よしながこうたくさんてさ、絵、うまいよねえ」と(笑)。
    絵本作家さんはみなさんプロですから絵はうまいとは思うけれど
    でも「うまいよねえ」としみじみ言うような感じかなあ。よしなが
    こうたくさんの絵って(笑)。もっと違う表現があるような
    気がするけれど。
    同じ絵本を読んでいても、小さい子どもと私とでは、感じることが
    違うのだよなあと思いました。

    掲載日:2013/06/21

    参考になりました
    感謝
    0

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「くもんのこどもえんぴつ」シリーズ<br>開発チーム 星野由香さんインタビュー

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.06)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット