話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

モモンガのはいたつやさんとミーちゃんへのプレゼント

モモンガのはいたつやさんとミーちゃんへのプレゼント

  • 絵本
作・絵: ふくざわ ゆみこ
出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「モモンガのはいたつやさんとミーちゃんへのプレゼント」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2014年08月
ISBN: 9784799900949

幼児〜
263×212mm/32ページ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

モモンガさんは、どんぐりの森の配達やさんです。
前作では、ウサギのおばあさんが焼いたケーキを森のみんなに届けるお話でしたが、今回はどんなお届けものが登場するのでしょう。

ある日、モモンガさんのところに、配達なかまのゴイサギさんが遠くの森からやってきました。
どうやら宛名のミーちゃんという子をさがしているようですが、届け先の住所が虫くいでわからなくなってしまったようです。
「ああ、それなら ねずみのきょうだいの すえっこのミーちゃんのことだ」
すぐにモモンガさんは答え、早速ゴイサギさんから荷物を預かり、ねずみの一家の住んでいるくすのきへと飛んでいきました。
モモンガさんがミーちゃんの家に着いて、リボンのついた箱を渡すと、ミーちゃんも他のきょうだいたちもびっくり。
「えー、ミーちゃんだけ?」
きょうだいは5にんいるのに、ミーちゃんだけにプレゼントが届いたのです。
なんだかちょっとヘンですよね。でも、ミーちゃんは大喜び。
だって中に入っていた手紙にはこう書いてあったんですから。

「ミーちゃんへ てづくりのおもちゃをプレゼントします。
 あしをけがしてしまって あそびにいけなくなりました。ごめんね。
 ミーちゃんが あいにきてくれたら うれしいです。
 もみのやま きりかぶのいえ トゲジィより」

お礼におかあさんがクッキーを焼いて、モモンガさんに届けてもらうことになりました。
そこでミーちゃんは、トゲジィのところに会いにいこうと内緒でかごにもぐりこみます。
さて、ミーちゃんとトゲジィは出会えたのでしょうか?
この贈りものは本当にミーちゃんに宛てたものだったのでしょうか?

ふくざわゆみこさんの描く、豊かな森の中で起こる可愛らしい出来事の数々。
ミーちゃんがトゲジィに会いたい一心で必死にかごに隠れている様子も、小さなモモンガさんが仕事をしっかり丁寧にこなす姿も、お届けものに喜ぶきょうだいたちの表情も、どこの場面も読者の心をキュンとさせてくれます。美味しそうなお菓子や木の実はもちろん今回も登場しますよ。
森の配達やさんの仕事って、みんなの心や気持ちまでつなげてくれるんですね。モモンガさんが教えてくれます。次に届けるものは・・・裏表紙でもお話は続いているようですよ。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

モモンガさんは、森の配達やさん。ある日、配達仲間のゴイサギさんが宛先のわからない荷物を持ってきます。宛名はミーちゃん。ねずみさんちのミーちゃんだと思ったモモンガさんは、配達に行きますが…。

ベストレビュー

可愛い絵本です。

ふくざわゆみこさんらしい,可愛いイラストの「モモンガのはいたつやさんシリーズ」の1冊です。
プレゼントのお話です。
我が家の小学校1年生の娘が図書館で読みましたが,無理なく内容もイラストも楽しめる絵本でした。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ふくざわ ゆみこさんのその他の作品

ぎょうれつのできるスパゲッティやさん / もりのかばんやさん / くぬぎのもりのりすのがっこう / はりねずみのおいしゃさん / ぎょうれつのできるチョコレートやさん / もりのとしょかん


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > モモンガのはいたつやさんとミーちゃんへのプレゼント

【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

モモンガのはいたつやさんとミーちゃんへのプレゼント

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット