新刊
魔女からの手紙

魔女からの手紙(ポプラ社)

カスレちゃんという魔女にとどいた20人の魔女からの手紙。著名な画家陣が魔女のイメージで描いた絵に角野栄子が手紙文をつけた注目の絵本。

ぞうちゃんの いやいや
  • ちょっとためしよみ

ぞうちゃんの いやいや

  • 絵本
作: 三浦 太郎
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥850 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

絵本クラブ
発行日: 2016年06月08日
ISBN: 9784061991347

1歳から
24P

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

年齢別絵本セット2歳向けベストセレクション

みどころ

赤ちゃんに大人気! 三浦太郎さんの「ぞうちゃん」シリーズに、早くも第2弾が登場です。
今回は、ぞうちゃんの好きなものと嫌いなものが出てくるおはなし。
プリンが嫌いなぞうちゃんは、「プリン いやいや」。
でも、大好きなおうどんには、「おうどん もっかい」。
この絵本は「いやいや」と「もっかい」の繰り返しを楽しむ作品でもあります。
ぼうし、ベビーカー、おふろは「いやいや」。すべりだい、お花のみずやりには「もっかい」。
好きと嫌いをはっきりと示すぞうちゃんは、まるで誰かさんみたい?
子どもたちもきっと、自分のことのように親近感を覚えることでしょう。
「ぞうちゃんは、おうどんが好きなんだって、一緒だね。」「ぞうちゃんと一緒ならお風呂もいやじゃないかな?」とぞうちゃんを通して、コミュニケーションを取るのにもピッタリの作品です。

青い大きな体と、黄色と白のストライプのおむつカバーがチャームポイントのぞうちゃんが主人公の「ぞうちゃん」シリーズ。
気になる方は、第1作目の『ぞうちゃんとねずみちゃん』もご一緒にどうぞ。

(木村春子  絵本ナビ編集部)

出版社からの紹介

ぞうちゃんの「いやいや」なもの、好きなものは……。読んでいるうちにしぜんと、豊かな感情表現をひきだします。シリーズ第2弾。

ベストレビュー

こんなイヤイヤ期ならにこにこできそう

1歳9ヶ月の息子に選んで読みました。まだ、イヤイヤ期ではありませんが、自己主張が強く、イヤイヤとふざけて言う位なのですが、ぞうちゃんのように可愛くイヤイヤ言ってくれるといいなぁと思いながら読みました。象が好きなのでパオ!パオ!と言いながら楽しく読めました。
(ままmamaママさん 30代・ママ 女の子7歳、女の子3歳、男の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

三浦 太郎さんのその他の作品

サンタさんのおとしもの / ぼうしかぶって / おふろにはいろ / ジャングルジムをつくろう! / おうさまのこどもたち / 図書・図書館史 図書館発展の来し方から見えてくるもの


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 絵画・彫刻 > ぞうちゃんの いやいや

【連載】第5回「怪奇漢方桃印」シリーズ 桃さんインタビュー

ぞうちゃんの いやいや

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.25

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット