話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

まり
  • ちょっとためしよみ

まり

  • 絵本
文: 谷川 俊太郎
絵: 広瀬 弦
出版社: クレヨンハウス

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2002年12月
ISBN: 9784861011337

1〜2歳 編集部おすすめ

おはなし

地面にたたずむ、まりがひとつ。
ころん、と動き出し、ころころ、ころがる。
ぽとーん、と落ちて、ぽんぽん、はねて、
「ぱしっ!」
棒に打たれて、ひゅーん!と飛んでいきます。
「ぴしゃっ!」
「かきーん」
四角くなったまりは、かっくんかっくん、転がり
だします・・・。

出版社からの紹介

「あかちゃんから絵本」は、詩人・谷川俊太郎さんと絵本作家のコラボレーション。
「ころん、ぱしっ!」まりといっしょに冒険しよう。
まだ文字をもっていないあかちゃんに、お母さんがあやすような、意味を越えた愛情のかたちのような、詩人・谷川俊太郎さんのことばに、広瀬弦さんの描く絵。
こんなリズムのある絵本に、あかちゃんは大よろこびです。

この人もおすすめしています

【安藤パパ】
最近、僕のまわりで転職をする人が多い。
理由はいろいろある。「仕事がつまらなくなった」「給料が安すぎる」「バカの壁・上司に愛想が尽きた」「彼女に振られたから仕事も替える」など人生いろいろだ。転職歴7回の僕としては、それぞれに発破をかけて励ますとともに彼らにはこの絵本を薦めている。
本書はシンプルな絵と擬音語だけなので一見、乳幼児向けだが、読んでいると転がるまりの姿に、つまずいたり沈んだりしながらも懸命に生きる現代人の姿が思わずダブる意味深な絵本。『もけらもけら』のように子どもと遊んだあとは、自分の人生に思いを馳せ、ひとり静かに読んでみよう。打たれた人ほどグッと来るよ。

ベストレビュー

まりになりきって

息子がはまってしまいました。
図書館に行くたびに、この本を読んでほしいと探しにいっていたので、とうとう借りてきました。
すると、初めは私の後に続きまねして呼んでいるだけだった息子が、「ころころころ」とか「ぱしっ」「ひゅーん」とか、まりになりきり、体で表現するようになりました。
それが面白くてかわいくて・・・ また借りてしまいそうです。
(月の華さん 40代・ママ 男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


谷川 俊太郎さんのその他の作品

ひとりひとり /  / ベージュ / にじいろのさかな おふろポスターつき プレゼントボックス / 大事なことはみーんな猫に教わった / コートニー[新版]

広瀬 弦さんのその他の作品

山のうらがわの冒険 / サブキャラたちのグリム童話 / 谷川俊太郎詩集 たったいま / 西遊記(13) 風の巻 / 佐野洋子の動物ものがたり / サブキャラたちの日本昔話



【連載】最終回 廣嶋玲子さんインタビュー

まり

みんなの声(85人)

絵本の評価(4.55

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット