新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
わたしのとくべつな場所

わたしのとくべつな場所

  • 児童書
文: パトリシア・C・マキサック
絵: ジェリー・ピンクニー
訳: 藤原 宏之
出版社: 新日本出版社

税込価格: ¥1,650

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2010年09月24日
ISBN: 9784406052870

出版社のおすすめ年齢:中学年〜
A4変型上製 32P

出版社からの紹介

パトリシアは、特別な場所をめざしてバスに乗りました。でも、「黒人指定席」にしか座れません。
公園のベンチは「白人専用」、レストランは「白人のお客さま以外お断り」です。
やっとたどりついた特別な場所、そこは――。パトリシアが見上げた石板にはこう書いてありました。
「公共図書館・だれでも自由にお入りください」

ベストレビュー

読書は自由への入り口

 「ローザ」と相通ずる作品です。
 1950年代アメリカ南部の人種差別の実態が、差別された側の少女(主人公は作者)の目から語られています。

 お話の舞台は、テネシー州ナッシュビル。
 当時は、ホテル・レストラン・教会・遊園地には、ジム・クロー法という法律によって、人種を差別する看板が出され、アフリカ系アメリカ人を排除していました。
 さらに、「ローザ」と同様バスの座席は後方、人種分離の学校へ通わされたり、劇場でも後部座席ををあてがわれたり、公園の水飲み場も別などという侮辱を多々受けていました。
 こういう状況下で、アフリカ系アメリカ人は子どもたちを守るため、12歳までは一人で外の社会に出させませんでした。

 主人公パトリシアは、12歳になり初めて一人で今日外へ出かけます。
 目的地は、パトリシアにとって「特別な場所」。 
 さて、それはどこなのだろう?と読み進めていくと、次々と現れる人種差別の現実。
 こうまで徹底した差別を受けていたのかと、憤りと悲しみが湧いてきます。
 どんな状況でも、乗り越えられるだけの愛と尊敬と自尊心を身につけていたパトリシアは、負けませんでした。
 そして、目的地を仰ぎ見るパトリシアの希望に溢れたまなざしの中に真の力強さが伝わってきました。

 あとがきを読み、1950年代後半、ナッシュビル公共図書館運営委員会の議決事項に、感心しました。
 「知る」権利とうい基本的人権の一つが、この町で認められたと言うことの事態の大きさを感じます。

 パトリシアのおばあちゃんの「図書館は、・・・・よりも刺激的で面白く、たくさんのことをおしえてくれる」という言葉と、作者が、祖母やアンドリュー・カーネギーと共に「読書は自由への入り口」であると信じているという言葉に深く感銘を受けました。
(アダム&デヴさん 50代・ママ 男の子12歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,760円
1,650円
1,650円
1,430円
1,430円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

440円
638円
2,970円
605円

出版社おすすめ




いくつのえほん掲載絵本児童書一覧

わたしのとくべつな場所

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.53

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 3
  • 大人 11

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら