もったいないばあさん かわを ゆく もったいないばあさん かわを ゆく
作・絵: 真珠 まりこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
川を舞台に、水の循環、命のつながりをテーマにした絵本です。

うみべのまちで」 みんなの声

うみべのまちで 文:ジョアン・シュウォーツ
絵:シドニー・スミス
訳:いわじょう よしひと
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2017年07月10日
ISBN:9784776408093
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,605
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 穏やかな日々

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子11歳、女の子6歳

    6歳の娘と読みました。

    しずかな海辺の町で日々繰り返されるある一家の生活が
    静かに描かれた絵本です。

    毎日海の下の炭鉱で働くお父さん、
    おひるごはんを作ってくれるお母さん、
    朝から夕方まで外で遊んでは帰ってくる子ども。

    夕方お父さんが帰ってきて、シャワーをして夕飯を食べて
    ベランダに出てコーヒーを飲む。
    そして大きくなったら同じ炭鉱で働くこどもたち。

    なんだか都会の気ぜわしさや忙しさ、
    受験や就職といったことに頭を悩ませている私たちには想像もつかない
    穏やかな毎日の繰り返し。

    日々、同じ暮らしを営んでいけることの幸せ。
    なんだか寝る前に落ち着いた気持ちになれた一冊でした。

    投稿日:2017/12/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • 海の炭鉱で働いた人々のこと

    ぼくの家
    台所の窓いっぱいに、海が見えています
    代々 海の炭鉱で働く人々の暮らす、海辺の町
    数ページごとに、父さんの働く海の底の真っ暗なトンネルの絵
    独特なタッチの絵
    太陽にきらめく海が美しいです
    1950年代のお話だそうです
    海が見える丘にある いくつものお墓
    そこには 一生を暗い海のトンネルで働いた人達が
    眠っているようです
    ちょっとさみしい気持ちになりました

    投稿日:2017/11/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • 炭坑のある町

    眩しい思いで光景です。
    炭坑のある海辺は、炭坑夫とその家族たちで構成される、小さな社会だったのでしょうか。
    生活は近隣で成り立っている中で、海の煌めきの中にいる少年は、その間も海の下の坑道で働いている父親を思い起こします。
    祖父も炭坑夫だったという少年は、思い出として町を振り返ります。
    あの風景と香りは、もう心の中にしかないのでしょうね。
    自分の思い出風景にも、煌めきとドラマと心と、様々なものが詰まっています。
    この絵本は、私の思い出も呼び起こしてくれました。

    投稿日:2017/09/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • 心に響く作品

    何の考えもなく
    表紙の海に光が当たっている絵を見て
    お借りしました

    これが、大きな間違いでした

    屋根の上?でその海を見ている少年

    ページをめくり
    カバーのところに
    前略
    祖父から父へ、父からむすこへ
    ひきつがれていく時間
    少年とうみと家族の物語

    とのこと
    で、ページをめくると

    とうさんは いった。
    「たんこうで はたらいた ひとたちの おかげで、
    いまの わたしたちが ある」
     ー ジョアン・シュウォーツ

    とうさんと むすこへ ー シドニー・スミス

    上記は、作者と絵を担当した方

    炭鉱?
    どうして、海???
    と、「?」がいっぱいに

    炭坑?探鉱?
    海の下に掘ったトンネル とのこと

    淡々と ぼく の生活と
    たんこうではたらくおとうさんの仕事場の様子と
    そして、いろいろな表情を見せる海

    この「淡々」さが
    胸をギュッとしめつけます

    おじいちゃんのお墓の場面
    絵と文章が、印象的です

    特別に楽しいことやイベントがあるわけではなく
    大変な仕事の後での家族団らんの様子に
    ホッとしながらも
    でも、「ぼく」は、祖父、父と同じ道を歩むのを
    誇らしくも
    でも、疑問に思うことなく
    その人生をつないでいくんだろうか・・・
    と、考えさせられました

    光とー影
    コントラストが印象深いから
    尚更なのかもしれません

    1950年代・・・実際にあったんですよね
    対象年齢も、考えてしまいます
    まずは、大人たちへ薦めてみます

    投稿日:2017/09/13

    参考になりました
    感謝
    1

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



幼児期から英語を始めたい方へ、ネイティブスピーカーによるCD付

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット