ひかりではっけん みえた!きょうりゅうのせかい ひかりではっけん みえた!きょうりゅうのせかい ひかりではっけん みえた!きょうりゅうのせかいの試し読みができます!
作: サラ・ハースト 絵: ルーシー・クリップス  出版社: くもん出版
恐竜がいた世界って想像できる? 光を使って、恐竜の世界をのぞいてみよう! 新感覚のワクワク知識えほん!

にゅうどうぐも」 みんなの声

にゅうどうぐも 作:野坂勇作
監修:根本 順吉
出版社:福音館書店
本体価格:\900+税
発行日:2018年05月05日
ISBN:9784834083996
評価スコア 4.63
評価ランキング 2,953
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 夏にぴったりな1冊!

    私は夏が季節の中で一番好きで、夏らしさを感じる入道雲は、すごく私の中では絵になり季節を感じるものの1つなので、そんな入道雲を主体にした絵本はとても魅力的に感じました。
    こういう絵本を読むと、子供たちも空や自然についての見方や感じたかがかわるのではないでしょうか!

    投稿日:2019/04/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • かがくのとも

    絵本ナビからのメールで紹介されていた絵本です。
    雲が好きなのと、かがくのとも絵本は読んだことがなかったので、どんな内容か気になり、読んでみました。
    夏休みの子供の1日を通しながら、入道雲について書かれています。
    対象年齢が4歳からとなっており、文章表現もこどものとも絵本と比べてとても高度になっています。
    登場人物は影絵でかかれており、入道雲がよりいっそう引き立ちます。
    子供が理解できる年齢になったら、また読んでみたいと思います。

    投稿日:2018/08/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夏の一日と雲

    シルエットのように描かれる人間の向こうで、空と雲や風景が色彩をもって変化していくところが印象的です。
    たて開きという仕組みが、雲の移り変わりと空の高さを効果的に見せています。
    そんな工夫で描かれた入道雲ですが、最近はあまり見ないように思います。
    夏の読み聞かせで、自然のことも考えて見たいと思います。

    投稿日:2018/08/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勉強になります。

    野坂勇作さんの科学絵本が好きで借りてみました。

    8歳次女に読みましたが、お話の中に入道雲のできていく様子、入道雲ができたらどうなるかが組み込まれていて、とても夢中に聞いていました。登場人物の兄弟は影絵、切り絵と言うのかな?黒い切り絵でできていて、雲に目が向けられるように作られているのかな?すごく新鮮でした。雷のところの絵はすごいです!

    科学にはそんな興味のないという子供たちも、この絵本はすっと入っていけると思います。

    投稿日:2018/07/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 切り絵風が素敵です!

    あれ?この絵本見たことある・・・
    以前、夏のおはなし会で先輩が持参し
    読んでくださいました
    その時は月刊の作品だったので
    ソフトカバー?ペーパーカバー?っていうのかな?
    でした
    2018年5月5日に
    ハードカバーになって初版です!

    人が、影絵のような切り絵になっていて
    雲、空の様子の変化が色で鮮明です
    また、本の向きも縦にめくることで
    高さが強調されます

    夏の1日

    空を意識して眺めるのもいいですよね

    セミ捕り・・・イマドキの子どもはしないかな・・・
    洗濯物を取り込んでいるところ
    落雷の場面は、私は中に雷さまの形が見えます!
    現象は観たことあるけど
    「地鏡」という名前については、この絵本で知りました!!

    入道雲→なまぬるい感覚→真っ暗になって
    →雷鳴→どしゃぶり→からりと晴れて→虹 夕焼け

    と、慌しい時間の中で
    空のキャンパスに広がる自然の変化を
    体感していると、リアルに伝わります

    夏のおはなし会にぴったりです

    投稿日:2018/07/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雲の観察

    かがくのとも絵本です。
    まことくん、まさるくん兄弟が体験した、入道雲の様子が描かれます。
    兄弟が、朝ラジオ体操し、蝉取り、帰宅後お昼寝、留守番、日暮れ。
    その様子が活写されますが、なんと、シルエットで。
    そう、メインは、刻々と変わる雲の様子。
    きれいな青空から、綿雲ができ、だんだん大きくなっていく様子がよくわかります。
    空の天井に届く、という表現が印象的です。
    風の様子、上昇気流も感じられます。
    そして雷鳴。
    犬が吠える、というのも、興味深いです。
    そして、土砂降り後、虹。
    入道雲の後ろ姿、という表現に納得です。
    そう、改めて、雲の様子を見ると、天気予報にもなるのですね。
    地鏡、という蜃気楼の様子も描かれ、こちらもやはり押さえたいです。
    巻末には詳しい解説も。
    私も勉強になりました。
    小学校のおはなし会で読みました。
    入道雲、というキーワードに食いつく、理系男子?が印象的でした。

    投稿日:2018/07/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本の中に夏がある

    これは夏にぜひ読み聞かせしてほしい一冊。
    絵本だけど、映画のような美しさと
    しっかりした内容です。
    まさに暑い夏の一日が
    絵本の中で繰り広げられ、
    ドキドキしますよ。
    小学校の教室くらいでしたら
    大勢の読み聞かせにも耐えられるでしょう。
    高学年でも楽しめると思います。

    投稿日:2018/06/22

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その4

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.63)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット