新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

家をせおって歩く かんぜん版」 みんなの声

家をせおって歩く かんぜん版 作・絵:村上 慧
出版社:福音館書店
税込価格:\1,540
発行日:2019年03月08日
ISBN:9784834084474
評価スコア 4.75
評価ランキング 924
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • どのページも興味深い

    この作者さん。家は定位置にあるものという概念をひっくり返して、なんと家をせおって旅をしているのです。
    発泡スチロールで作った家は、かなりのクオリティ。縦120cm、奥行き80cm、高さ150cmの家を背負う姿は衝撃的ですが、本当に旅しているのだからすごいです。
    厳選された持ち物や、家づくりの工夫。いろんな人との出会い、土地土地の食べ物など、どのページも興味深くて、夢中になってしまいました。
    子どもから大人まで、みんなにおすすめです。

    投稿日:2023/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • すごい!

    なんともすごい人がいるものです。
    タイトルの通り、本当に家を背負って(というか被って?)暮らしているんです。
    しかも家は、発泡スチロール。大学で建築を学んでいらっしゃったからか、とてもクオリティーが高い!屋根瓦まであります。
    寝る時は、民家やお寺などの敷地をお借りするそうです。中には食事や寝床を用意してくださる方まで。わたしの地元にも来られていたようでした。お見かけしたかったな。

    投稿日:2021/04/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • びっくり!!!

    どういうことー!?
    もうこれは何とも新鮮で斬新な行動です!!
    自分の家を発泡スチロールで作り、そこに住み、家の中に入って、家をかついで移動する。
    1年ほどの間に家を置いた土地は180箇所ほど。
    やどかりみたいな暮らし方です(笑)。
    ステイホームのままの長い長い旅です。
    こういうチャレンジもあるんだなーとワクワクしました。

    投稿日:2020/10/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読んでびっくりの本。

    タイトルを見たとき、一体どういうことなんだろうと想像もつきませんでした。
    読んでみてびっくり。
    本当に家を背負って歩いて全国を旅した人のお話でした。
    人の家の庭先などに置かせてもらって寝泊まりします。
    もちろん交渉してから。
    海外にも行きました。
    家ごとフェリーにも乗りました。
    きちんと寝られるサイズの家です。
    私たちの常識からは逸脱したアーティストの発想です。
    小4の息子は「おもしろいねー」と言ってましたが、
    小市民なので、とてもマネしないと思います。
    息子の小市民すぎる性格が親としては気にかかっていたので、
    この本を読んで、他人と違う発想でも、
    思いついたことをやってみようかなと思ってもらえるといいのですが。

    投稿日:2019/10/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 行動力がすごい!

    • みいのさん
    • 60代
    • その他の方
    • 東京都

    後半の小豆島、韓国、スウェーデンの部分が月刊版に追加されているようです。
    作者の行動力には、ただひたすら驚きました。
    大学で建築を学ばれたそうで、家のクオリティが高い!
    家も見事な作品です。
    そして作者にとって、日々の生活も芸術であり、哲学なんですね。

    「我が家の庭先に来てもらうのはどうかな?」とちょっと思ったのですが、人生も終盤に近い私は用心深くなってしまい、周辺の交通量が多いことを考えたら、危ないなあと心配になってしまうのでした。

    投稿日:2019/07/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • びっくり!の一言!

    • ムスカンさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子12歳、女の子7歳

    「たくさんのふしぎ」の方で読みましたが、
    ハードカバーのもあるんだ!
    表紙を見たときは、「アハハハー、変な絵!」と笑い飛ばしていた
    私ですが、本を開いてびっくり!
    この家、ホンモノ!
    そしてこの家と共に移動して生きて行っている作者さんの
    生き様にまたびっくり!
    うちにもし来たらどうしようって思わず考えちゃいました。
    あと食べ物に野菜が少なくて栄養が足りてないんじゃないかと心配。
    娘といろんなおしゃべりをしながら読めて本当に楽しい一冊でしたが、娘がこの家作りたいなんて言い出して、
    さー困りました!
    相当スキルがないとこの家は無理だ・・・!

    投稿日:2019/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • すごい!!体験的レポート絵本

    私は、ハードカバーの本ではなく
    月刊のほうで読みました
    もしかしたら、ちょっと違うのかしら?

    本当に「家を背負って歩いている」
    やっちゃってる〜
    仙台にも来てたみたいです

    スケッチもすごい上手です〜

    その地域の様子や
    人との関わりも興味深いです

    大阪の小学2年生が自分で作って
    やってきたり
    新潟県の特老では
    お年寄りの方が「かわいそうだ」と言う人もいるし
    「すごいものがきた」と目を潤ませてるおばあちゃんがいたり

    実体験としての本
    すごいなぁ〜、感心するしかありません

    こどもだけでなく
    大人にも刺激的な発想だと思います

    投稿日:2019/04/11

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はるのおくりもの
    はるのおくりもの
    出版社:日本標準 日本標準の特集ページがあります!
    雪を見たいカエルと見せてあげたいキツネとウサギ。心あたたまるお話を美しい四季の絵にのせてお届けします


人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.75)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット