もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

ティッチ」 みんなの声

ティッチ 作・絵:パット・ハッチンス
訳:石井 桃子
出版社:福音館書店
本体価格:\1,100+税
発行日:1975年4月25日
ISBN:9784834004496
評価スコア 4.46
評価ランキング 9,163
みんなの声 総数 82
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

82件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 心に響く絵本

    もうすぐ4歳になる息子と読みました。
    読んだ瞬間「もう1回!」の荒らしで
    結局1日で10回以上は立て続けに読まされたと思います。
    気の済むまで読んでもらったあと
    「ティッチもすごかったね、さいご!」と
    目をキラキラさせながら言ってました。
    一人っ子ですが、自分より大きい子に対する思いは
    それなりに抱いていたんだろうな〜と思いました。
    よく小学生くらいの子が自転車を乗り回して
    遊んでいるのをみて
    「お兄ちゃんたち、自転車のってるね」
    などと言ってましたが、その裏側に
    子供なりにいろんな心理があったのかなって思いました。
    この絵本は成長したい子供の気持ちをうまく
    代弁してくれているのだと思います。
    最近長い絵本も読めるようになったので、
    けっこうむずかしい読み物にも挑戦してましが
    あえてこの年齢にまた短い絵本を読む事を
    大切さを再確認させてくれました。
    きっと読んであげた年齢で受け取り方や
    反応が違うと思います。

    投稿日:2015/07/05

    参考になりました
    感謝
    2
  •  末っ子って、何時もこう感じているのかも。
     ページを追う毎に、兄姉と隔たる想い。
     一生懸命なティッチが可愛い。
     最後はどうなるのかしら?という様な眼差しの息子。
     ラストページを開くと、「おお〜〜〜!やった〜」とティッチと同じ気持ちになっていました。
     ちいちゃい種とティッチを掛けているような、末っ子への応援本ですね。
     ハッチンスさんの色使いや細かい描写に、当時、はははファンに成りました。

    投稿日:2010/02/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • シンプルさがいい!

    ハッチンスの絵が好きで、この本は図書館で見つけて借りました。
    小さなティッチが一生懸命にいさんやねえさんの仲間に入ろうとする姿がいじらしい。最後の得意気な顔がなんとも言えません!
    余計な背景がない分、まだ1歳の息子には集中しやすいようです。文章も少なくて、読み聞かせるペースも合っているみたい。真っ先に読んでくれと持ってくる本になりました。返却の日まで、何回でも読もうと思います。

    投稿日:2007/10/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • 兄妹はいいね

    ティッチがかわいいですね。でも本当にちゃんと兄妹で役割分担ができていて。ティッチがいなかったらこの兄妹は例えどんな立派なものを持っていても成し遂げれないというのがよかったですね。やっぱり兄妹はいいなと思っちゃいました。

    投稿日:2007/04/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • 良いお話だけど…

    • るらはママさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子4歳、男の子1歳

    娘はあまり気に入らないお話だったようです。
    大人の私からすると、「良いお話」だと思うのですが、なかなか子どもには伝わりにくいところがあるようです。

    「せめてもう少し絵がかわいかったら良いのかしら?」と思いましたが、これも昔から読み次がれている絵本の良さでしょうか。

    投稿日:2020/05/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • ロングセラーの力

    • けいご!さん
    • 40代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子20歳、男の子16歳

    日本で発刊されて今年で45周年なんですね。
    大人の目でこの絵本を読むと、ティッチがより愛おしく、感動すら感じます。ティッチのようにかつて末っ子だった人が読むと、ティッチに自身を重ねて、子どものときの思い出に浸ることができるんでしょうね。
    話の展開や登場人物の気持ちの変化といった、読み手の心を大きく揺さぶるものはないけれど、それだからこそ感じるこの絵本への愛着は、ほかの絵本には代えがたいですね。長く愛されてきた理由がわかります。

    投稿日:2020/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • お兄ちゃんやお姉ちゃんは自分よりも大きく、できないことも上手にこなします。何だか物足りないティッチ。小さくても役に立つものって何だろう。うまく仲間に入れてその後の成長はぐんぐんと。
    最後には兄妹よりずっと大きくなります。
    小さい子は可愛いし、どうしても下の子ばっか目がいってしまいますが、下の子もお兄ちゃんたちと一緒だと思ってるんですよね。微笑ましいお話です。

    投稿日:2019/08/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 三人兄弟 兄と 姉と 弟 
    小さい頃は こんな風に 立場が違うのですね〜

    弟の 悲しい気持ちが 分かりま〜す

    でもね〜   ラストで 弟の持っていた 小さなタネ  芽が出て

    ぐんぐん、ぐんぐん
    お兄ちゃんの背の高さよりも 高く  大きくなりました

    とっても 嬉しかったのでしょう!! (弟の得意そうな 顔)  

    絵本ならではの 表現の仕方が いい!

    でもね 成長して 大人になったら 弟が ビッグになるかも
    そんな予感がするのです

    投稿日:2019/05/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今は小さいけど

    早く大きくなりたい、お兄ちゃんお姉ちゃんの仲間入りをしたいと願っている小さな子どもたちの心に、そっと寄り添うような絵本です。
    君も小さくても一人前だよと言ってくれているようです。

    絵も言葉も多くはありませんが、とても洗練されていて、シンプルですが、なんだかよかったと満足できます。

    投稿日:2017/11/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • がんばれ、末っ子

    うんと大きなお兄ちゃんとお姉ちゃんはいろいろなものを
    持っています。
    ちいさな末っ子のティッチは、なんだかかわいらしいものを
    もって対抗しています。
    楽器を持つお兄ちゃんたちの前で、木の笛を吹いているティッチの
    ぽこんとおなかを突き出した絵がとてもかわいいです。
    ティッチの持っていた種がぐんぐんのびてゆくところは
    ティッチも鼻高々という感じでとてもかわいい。

    投稿日:2016/11/28

    参考になりました
    感謝
    0

82件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



西日本新聞社オススメの児童書8冊でレビューコンテスト開催!

みんなの声(82人)

絵本の評価(4.46)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット