新刊
ともだち いっしゅうかん

ともだち いっしゅうかん(偕成社)

人気シリーズの番外編! リズムにあわせて楽しく読んでください♪

  • かわいい
  • ためしよみ
話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(学研)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

りんごのえほん」 みんなの声

りんごのえほん 作:ヨレル・クリスティーナ・ネースルンド
絵:クリスティーナ・ディーグマン
訳:武井典子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
税込価格:\1,320
発行日:2008年03月
ISBN:9784033480305
評価スコア 4.43
評価ランキング 10,707
みんなの声 総数 13
「りんごのえほん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 楽しい感じ♪がいいです

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    「この絵本気にいって買ったんだけど、どう?」
    と、先輩からお借りしました

    りんごは、青森やよくいただく山形や長野のイメージあり
    これは、スウェーデン\(◎o◎)/!

    所変われば、感じ方も違うような(^^ゞ
    なんか、とても楽しそうです

    お菓子も作ってみたいです
    スタンプとか・・・
    親子で、楽しめそうですね

    投稿日:2010/11/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • りんごの木の一年

    二人のりんごの精が、林檎の木の一年を紹介してくれる絵本です。
    身近な林檎のことを知るのにわかりやすく綺麗な絵と共にしることが出来ます。長野に旅行した時に、林檎の花がいっぱい咲いていて辺り一面林檎畑で、それはとても綺麗な風景でした。「林檎の花が咲いていたよ。林檎のような人だったよ・・・」って、自然に歌が出てきた私でした。アップルパイの作り方とかレシピも描いてあって作りたくなる絵本です。林檎が食べたくなる絵本です。

    投稿日:2008/11/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • 私もりんごが大好きです
    毎朝 食べています  りんごの種も食べて タネでネックレス作るなんて  愛しているね〜 りんごを
    リンゴのスタンプきれいな ☆のようですね

    アップルパイも大好き りんごジャムもおいしい

    虫がリンゴの中に住むのも わかるよね〜
    美味しいから 
    リンゴの季節の巡りが きれいに描かれています
    愛情たっぷりに!

    投稿日:2019/12/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • スウェーデンのりんご

    • みいのさん
    • 60代
    • その他の方
    • 東京都

    さすが妖精トムテの国スウェーデンだけあって、りんごの精がりんごのことを教えてくれます。
    春、ピンクのつぼみから白い花が咲く木の様子が、可憐で可愛いなと思いました。
    奥付では翻訳の武井さんが、スウェーデンのりんご事情について、詳しく書かれています。
    スウェーデンの人びとにとって、りんごが身近かにあり、とても親しんでいることがよくわかりました。

    投稿日:2019/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • りんごを横に切ると星の形が見えたり、りんごの種を集めてネックレスにしたり、おおしかさんがテーブルに座っていたりと意表をつく絵が続きます。りんごにまつわる様々なことが描かれていて子どもが大好きな絵本です。この絵本をきっかけにローゼンダル・ガーデンを知りました。

    投稿日:2017/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんな、りんごが大好き!

    • 多夢さん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子14歳

    スウェーデンから届いたりんごのえほん。
    スウェーデンの庭には、必ずと言っていいほど、
    りんごの木が植えてあるそうです。
    いいな。
    毎年勝手に生るなんて、
    りんごの好きな人にはうらやましいかぎりです。

    お話はふたりのりんごの妖精が、
    りんごの木の一年を紹介します。

    妖精らしく、りんごの種でネックレスを作ったり、
    りんごを使った遊びや料理まで紹介されていて、
    そのうえ、りんごの一年も学べて、
    丸ごとりんごの楽しみ方を教えてもらえます。

    鳥も可愛いですし、植物もしっかりと描かれています。
    みつばちが花粉を運ぶ役割をして、
    新しいりんごの実がなるのをお手伝いしてくれるくだりは、
    知っていても、感心する部分です。

    動物たちも、りんごが好きなんですって。
    大鹿やバンビたちが、テーブルの周りに座って、
    りんごを囲んでいるシーンは、滑稽だけど好きですね〜。

    この絵本、絵も気に入ったし、お話も素敵なので、
    大好きになりました。

    投稿日:2014/09/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 身近な果物

    長野県に住んでいる私達家族にとってりんごはとても身近な
    果物です。おじさんの家でもりんごを作っているし。
    そんな身近な果物をもっと身近に感じることができたら
    いいなあと思い、娘に読みました。
    スウェーデンのお話でしたが、こちらよりも、もっともっと
    身近な果物だったんですね。庭にかならずといっていいほど
    植えられているなんて!こちらのりんごよりも、もっとワイルドな
    感じがしました。柿みたいな感じかしら?
    それに、娘が幼稚園に通っていた時、ぼりぼり食べていた
    (ほんとはそれほどおいしくない)幼稚園の園庭に生っていた
    姫りんごの実を思い出してしまいました(笑)。

    投稿日:2013/11/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • リンゴの妖精

     我が家では、みんながリンゴ大好きなので、わくわくしながら読みました。スウェーデンでは、リンゴは庭に「勝手に」実るものだとか、、、。うらやましいですね。

     リンゴの妖精たちが、楽しくかわいらしくリンゴを紹介してくれるのがほほえましいです。けれど、リンゴの花や葉っぱなどは、とてもリアルでみごたえがあります。

     リンゴの種でネックレスを作るのが、おもしろそう、と子どもが言っていました。

    投稿日:2012/04/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • りんごの木から得られる喜び!

    りんごの精がりんごの1年を紹介するというスタンスで書かれています。少し前にペチシカの『りんごのき』を読んだのですが、似ているようで結構違いました。

    この絵本は、りんごの木の1年が紹介されつつ、りんごの木のまわりの生物たちの喜びも描かれています。りんごの花に群がるミツバチや、枝にとまる小鳥などです。りんごはおいしくてみんなが大好きということを豊かに表現した絵本だと思います。特に食べることにも注意が払われていて、最後にレシピまでついています。

    2歳の息子にはまだ季節の移り変わりを読んで理解するのは難しいけれど、こんな絵本を介して少しずつ感じられるようになったらいいなと思いました。

    投稿日:2010/08/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • りんごの楽しみ方をおしえてくれます♪

    可愛いりんごの精がりんごの木にまつわるお話しをしてくれます。
    春りんごの花はピンク色、ミツバチがかふんを運びます。
    秋りんごは実り人間だけではなく、鳥や動物や虫たちまでりんごを楽しみます。

    遅い秋のお楽しみは、紅玉で作るジャムやアップルパイ。
    生食するなら断然信州の富士。
    蜜のたっぷり入ったりんごを、ガブリとほうばる幸せ。

    スウェーデンでは庭に勝手になるものとか、豊かさを感じますね♪

    投稿日:2009/02/09

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おおかみのはなし
    おおかみのはなしの試し読みができます!
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話


児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載【ひさかたチャイルド】

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット