おでかけミニえほん とことこ シャンシャン おでかけミニえほん とことこ シャンシャン おでかけミニえほん とことこ シャンシャンの試し読みができます!
 出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
\お誕生日おめでとう!/持ちはこびに便利なシャンシャンのミニ絵本
なーお00さん 30代・その他の方

かわいい写真がいっぱい
パンダの赤ちゃんって、どうしてこんなに…

世界のむかしばなし」 みんなの声

世界のむかしばなし 訳:瀬田 貞二
絵:太田 大八
出版社:のら書店
本体価格:\2,000+税
発行日:2000年09月
ISBN:9784931129849
評価スコア 4.67
評価ランキング 2,058
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ちょっと変わっていて面白い

    寝る前に1作ずつ読みました。よくあるヨーロッパの昔話と似ているようで、ラストが想像と違った意外な展開で面白いです。繰り返しの文が多くて読む方は飽きますが、子どもはこういうのが好きですね。瀬田貞二さんの訳がまた良いです。この本は、ジブリ美術館内の図書室でもオススメ本として置いてありました。

    投稿日:2011/08/07

    参考になりました
    感謝
    2
  • 読んでみたいと思っていました。

    ストーリーテリングのテキストにもなるこの本、一度息子にもすべて読んでみたいと思っていました。

    「くぎスープ」は、石のスープなど似たお話が他にもあるので読み比べてたみたいとも思っていました。

    「ちびのこひつじ」や「この世のおわり」など、予想と違ってちょっと怖いお話、展開が読めないものもありました。

    昔話は、おもしろいものも多いし、今読んでいるお話の元になったものも多くあると思うので、絵だけに頼らずに耳だけでも聞けるようになった年齢の時にたくさん読んであげたいなあと思っています。

    一日一話的に読むのにもよく、語りやすいのでお勧めです。

    投稿日:2009/07/27

    参考になりました
    感謝
    2
  • ヨーロッパのむかしばなし

    世界のむかしばなしといえば、グリムとかアンデルセンなどなどが有名ですが、この本にはでてきません。
    でてくるのは、ヨーロッパでも、北欧のほうのお話が多いです。
    (世界のむかしばなしなのに、ヨーロッパばかりというのもちょっとヘンですね・・・)
    この絵本では、全部で14話でてきます。

    息子(5歳)が喜んだお話は、『7人さきのおやじさま』『くぎスープ』でした。
    『7人さきのおやじさま』では、そんなのおかしすぎるよねぇと読んでしばらく経った後でも、繰り返し笑いをこらえながら、言っていました。
    『くぎスープ』は知っていたお話なのに、ぐいぐい引き込まれてやはり大笑いしていました。いいお話は何度聞いてもいいのですね〜!

    『ちいさなおうち』というロシアのお話では、ああ、『てぶくろ』のおはなしね・・なんて読んでいたら、最後は・・・!!!

    すっごくかわいらしいお話もありましたが、最後に主人公と思われる動物が食べられてしまうお話も結構ありました。

    少し挿絵もあり、小さい子どもでもいろいろ想像しながらお話がきける絵本ではないかと思います。

    投稿日:2009/01/06

    参考になりました
    感謝
    2
  • いいですね!

    元は1971年に出版された本で2000年に復刻されたようです。
    1冊に世界各国のむかしはなし14話のお話が入っています。
    「くぎのスープ」が入っているのが嬉しいな〜と思いました。
    日本昔話,グリム童話,イソップなどと同様,昔からあるお話は奥深くていいですね。

    投稿日:2018/10/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な世界へ…

    絵が少なめで字が多いので読み聞かせるのは時間がかかりますが、魅力的な絵とお話の内容は子供と私を不思議な世界へ連れて行ってくれました。
    有名な話や他の絵本で読んだ話もありますが、子供はこの似ているけどどこか違う話、同じところを探したり最後はどう違うかな?と考えながら聞くのが大好き。一つ一つがとても魅力あふれるお話で私も大好きになった一冊です。

    投稿日:2018/12/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愉快な昔話の詰め合わせ

    どこか聞いた話、初めて聞く話、短めの昔話の詰め合わせです。
    どれをとっても読み聞かせに使えそうな軽快なお話ばかりなので、読んでいて楽しくなりました。
    絵本でないのが残念なお話も多くて、贅沢な物足りなさを感じました。

    投稿日:2017/11/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 短くて分かりやすくて面白いおはなしばかり。

    イギリスやドイツ、ノルウェーなどのむかしばなしが14話おさめられています。特にヨーロッパの北部に語られた昔話が多いようです。
    どれも短くて、分かりやすくて、面白いおはなしばかり。読んであげれば、小さい子でも楽しめます。
    リズムがよくて、繰り返しが楽しいおはなしが多いので、声を出して読んであげるのも楽しかったです。太田大八さんの味のある絵もおはなしにぴったりとあっていました。

    投稿日:2015/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • バラエティにとんだお話達

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    世界のいろいろな昔話が楽しめてとても面白かったです。
    みんなハッピーエンドというわけではありませんが、だましたりだまされたりゆかいなお話が多くバレエティにとんでいておすすめです。
    私は特に「七人さきのおやじさま」「くぎスープ」「いたずらおばけ」が好きでした。
    絵も良かったです。
    同じシリーズの「日本のむかしばなし」という本にも興味を持ったので読もうと思います。

    投稿日:2014/09/04

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / かいじゅうたちのいるところ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


「ちいさなエリオット」シリーズ 作者・マイク・クラウトさん 翻訳者・福本友美子さん対談

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット