新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

新刊
ねえ、おぼえてる?

ねえ、おぼえてる?(偕成社)

国際アンデルセン賞画家賞受賞作家最新刊

  • 泣ける
  • ためしよみ
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  絵本紹介  >  今、絵本ナビユーザーに最も人気のある絵本は? 人気作品30冊ご紹介!(2023年7月認定)【プラチナブック】

連載

人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

連載トップへ

絵本紹介

2023.07.27

  • twitter
  • Facebook
  • line

今、絵本ナビユーザーに最も人気のある絵本は? 人気作品30冊ご紹介!(2023年7月認定)【プラチナブック】

今、絵本ナビユーザーに最も人気のある絵本はどんな作品なのでしょう。2023年7月時点での上位30作品をご紹介します!

絵本ナビユーザーが選ぶ「とびきりの人気絵本」とは?

絵本ナビに掲載されている作品は10万冊近くあります。その中からどんな絵本を選んだらいいのか、情報が多すぎて分からなくなってしまうという方もいらっしゃいますよね。

そこで絵本ナビでは、寄せられたレビュー評価、レビュー数、販売実績など、独自のロジックにより算出された絵本を「プラチナブック」として認定、とびきりの人気作品としてご案内しています。その中から上位30作品(2023年7月認定)をご紹介したいと思います。多くのユーザーの方から親しまれている作品は……? 絵本選びの参考にしてみてくださいね。

絵本ナビ プラチナブック TOP30 1位〜3位

1位 『もこ もこもこ』

不思議な絵と言葉の世界、読んでいるうちに…!

  • もこ もこもこ

    みどころ

    はじまりは「しーん」と静か。
    やがて、「もこ」。地面の一部が盛り上がり。
    「もこもこ」、それは大きくなり、隣には「にょき」っと新たにちいさな盛り上がり。
    ページをめくるごとに次々に起こる驚きの展開。
    それらはどんどん大きく膨れ上がり……そして最後には!?

まったく不思議な絵本です。出てくる言葉は「もこ」「にょき」「ぽろり」と奇妙な擬音ばかり。色や形だって……この絵本を開いて頭にハテナを浮かべながらも、そのまま声に出して読み続けていると、横で赤ちゃんが、子どもたちが喜んでいる。どうやら、知らぬ間にこの絵本の世界に引き込まれて夢中になっているようなのです!

何だかわからないけれど喜ぶからと毎日続けて読むうちに、大人だって楽しくなって、自由テキトウ、自己流に読み始める。その頃には赤ちゃんの方も「もこもこ」とか「ぱちん!」って言うだけで、キャッキャするようになって。そのうち今度は子どもに読んでもらえるようになったりして。

詩人谷川俊太郎さんと画家元永定正さんがおりなす異色ながらも傑作と言われるこの絵本。つまり、そのくらい親子に愛読され続けているんです。まだ経験していない方は、ためしに手にとってみてくださいね。

読者の声より

言葉の響きも子どもにヒット!片言が話せるようになってからは、子どもも自分から声を出して読んでます。内容もさることながら、大事なのは「カバー」!
我が息子は、表紙を開けて、カバーを剥いで「おらん…」
そして最後まで読み進めて、またまたカバーをめくって「おった!」

最後のページの“もこ”が丁度カバーに隠れている絶妙さにヒット!なんです。ハマってた時は、最初のページと最後のページしか読まない事もありました(笑)是非とも、カバーを外さずに読み進めて、お子さんの反応・発見を楽しんで欲しいです。
(コータンママさん 30代 ・ママ 男の子1歳)

2位 『おつきさまこんばんは』

絵本をひらけば、またおつきさまに会える幸せ

  • おつきさまこんばんは

    みどころ

    濃い紺色の夕闇の中で、三角屋根のおうちにあかりがつきます。
    屋根の上に1匹、下に1匹のねこのシルエット。
    「よるになったよ ほら おそらが くらい くらい」
    「おや やねのうえが あかるくなった」
    「おつきさまだ」
    だんだん姿をあらわす、黄色くかがやくおつきさま。
    もう1匹のねこも屋根にかけあがり、2匹の影はおつきさまを見あげます。
    「おつきさま こんばんは」

目をふせて屋根の上に顔を半分だした、おつきさまの「いいおかお」といったら。小さな絵本のまんなかに、本当に月がのぼったようです。読んであげると、ページをめくるたびに、幼い子がいきいきと反応することにおどろきます。

雲に遮られおつきさまが泣きそうな顔をすれば、子どもも心配そう。雲がいってしまえば、あーよかったとほっとします。子どもは胸をときめかせて、おつきさまをながめ、「こんばんは」をするのでしょう。

今宵もまた、夜空を見あげれば、おつきさまに会える幸せ。「こんばんは」「こんばんは」って互いにごあいさつする幸せ。1986年発売以来、たくさんの子どもたちに支持されてきた本。林明子さんの傑作の一つに数えられるあかちゃん絵本です。裏表紙もかわいいですよ。

読者の声より

おつきさまがでてくる絵本です。もちろん赤ちゃん絵本なのでとっても簡単な内容なんです。言葉もほとんどしゃべらない赤ちゃんがこぞって、「こんばんわ」の部分で頭をさげるんです。おつきさまが笑えば笑うし、悲しい顔になると悲しくなる、赤ちゃんがお月様になりきっているのかな。
(アダナハハニワさん 30代・ママ  女の子6歳、男の子4歳、女の子2歳)

3位『しろくまちゃんのほっとけーき』

ぽたあん どろどろ ぴちぴちぴち ぷつぷつ…

  • しろくまちゃんのほっとけーき

    みどころ

    まあるくて、大きくて、ふわっふわのほっとけーき。
    焼きたてほかほかのほっとけーき。
    おともだちと一緒に食べるほっとけーき。

    子どもたちはほっとけーきが大好きです。
    もちろん「おいしいから」。
    でも、こんなにみんなが大好きなのは、それだけじゃないのでしょうね。

    誕生から40年以上も経つロングセラー絵本『しろくまちゃんのほっとけーき』には、大好きな理由がたくさんつまっています。例えば……

お手伝いをしながらほっとけーきを作る喜び。
(調理器具を並べるだけでもワクワクしちゃいます)
ほっとけーきが完成していく様子をみる喜び。
(ぽたあん どろどろ ぴちぴちぴち ぷつぷつ…音を聞いているだけでツバが出てきちゃいそう)
そして、「おいしい」をおともだちと共有する喜び。
(自分でつくったことをほめてもらったりしてね)

鮮やかな「オレンジ」を基調とした色で描かれた数々の名場面は、子どもたちの心に強烈に印象に残っていき、大人になってもそのワクワクの気持ちが色褪せることはありません。

「子どもがはじめて出会う絵本」「子どもがはじめて出会うおともだち」、そんな絵本をつくりたいと大人たちが真剣に考えながらつくった「こぐまちゃん」シリーズ。その願いの通り、今もずっとこぐまちゃんは子どもたちのおともだちです。

読者の声より

生後半年ぐらいからずっと読み聞かせをしています。現在2歳1ヶ月の娘はすっかり暗記してしまい「ママに読んで」と言うと、つたない言葉でところどころ思い出しながら「ぼーる、そろえました。どろどろ、ぷつぷつ、めしあがれ!」と読んでくれます。
ホットケーキが焼けるページはリズム感があって大好き!実際に家でホットケーキを焼く時も娘に見せて「こぐまちゃんのホットケーキと一緒ね」と言いながら焼いています。お手伝いをしてくれる日も近いかも…。
(珍獣あやノンのママさん 30代・ママ 女の子2歳)

「こぐまちゃんえほん」シリーズ 作品一覧

4位〜10位

4位 にげたきんぎょは、どこ? 『きんぎょがにげた』

  • きんぎょがにげた

    みどころ

    …あ、きんぎょがにげた! いったいどこに逃げたのでしょう。どうやら、お部屋のカーテンの模様に隠れているみたい!? 見つけたと思ったら、また逃げ出したよ。

    小さな子どもたちから絶大な人気を誇るこの絵本。大好きな探し遊びであるのはもちろんのこと、カラフルなお部屋と愛らしい形をしたきんぎょ、そしてわかりやすい場面転換に引っ張っていってもらいながら、すっかり夢中になってしまうのです。嬉しそうに指をさす様子が目に浮かびますね。

    0歳の頃から、何年も繰り返し読み続けている子が多いというこの作品『きんぎょがにげた』は、なんと発売から40年も経つ、五味太郎さんの代表作の一つ。大人になったって、ページを開く度にため息が出るような、決して飽きることのない美しい絵本なのです。

『きんぎょがにげた』関連作品

5位 こんな時間におきてるのだれだ?『ねないこだれだ』

  • ねないこ だれだ

    みどころ

    時計が9時を指して鳴ります。ボン、ボン、ボン…。
    「こんな じかんに おきてるのは だれだ?」
    ふくろうにみみずく、どらねこ、それともどろぼう?
    いえ、いえ、夜中に起きているのは……おばけ!
    おばけの時間です。

    あれあれ、こんな時間に起きている女の子がいましたよ。
    夜中はおばけの時間のはず、いったいどうなっちゃうのでしょう?

    ママやパパの子どもの頃からずっと読まれ続けている、せなけいこさんの傑作絵本。
    「怖いけど、好き」
    この感情こそ、絵本が永遠に愛され続けている最大のポイントなのかもしれませんね。

6位 ページをめくれば、みんなが笑ってしまう!『だるまさんが』

  • だるまさんが

    みどころ

    「だ る ま さ ん が」「どてっ」。ページをめくれば、そのまあるい体が、かけ声と共にゆらゆら揺れ出して……ころんじゃった!! 今度は……「ぷしゅーっ」。あれ、ぺっちゃんこになった!?

    0歳の赤ちゃんから大人まで笑ってしまうと、発売以来ずっと多くの読者を喜ばせ続けているこの絵本。柔らかそうな丸くて赤いかたまりが、伸びたり縮んだり、転んだり。目をつぶったり、開いたり、笑ったり。おまけに「ぷっ」とする。だるまさんっていう名前なんて知らない小さな子でも惹きつけられてしまっているのが、その反応を見ているだけでわかります。呼びかけるような言葉のリズムも声に出してみれば独特な「間」をつくってくれて、誰が読んだって笑っちゃうのです。

    ユーモラスだけれど、どこまでも優しさを感じる表情。動きの愛らしさ。だるまさんが転ぶだけじゃない、という意外性。自然とスキンシップを取りながら読んでしまうこと。読んであげる大人の方が先に笑ってしまうこと。…それらが全部、この絵本が愛される要素になっているんですよね。

「だるまさん」シリーズ 作品一覧

7位 はじめて出会う絵本『じゃあじゃあびりびり』

  • じゃあじゃあびりびり

    みどころ

    あかちゃんの「最初の本」として大人気!
    「じどうしゃ ぶーぶーぶーぶー」
    「いぬ わん わん わん わん」
    「みず じゃあ じゃあ じゃあ」
    「かみ びり びり びり びり びり びり」
    真っ赤でコンパクトなサイズに、たくさんの“音”が詰まっています。

    1つの見開きページに、1つの音。シンプルで目をひく絵はもちろん、文字の配置場所もたのしい。たとえば、かみびりびり……のページは、ほんとに「びりびり」と裂けた紙の形に似た配置。文字と絵の効果で、まるで絵がうごきだしそうに見えます。

    赤ちゃんがかじっても放り投げても安心の厚紙絵本。ママやパパの声でくりかえし読んでもらえる喜びを味わうことのできる絵本です。

8位 赤ちゃんに語りかけるように…『いないいないばあ』

  • いないいないばあ

    みどころ

    「いない いない ばあ」
    「にゃあにゃが ほらほら いない いない…」
    ページをめくれば、おめめぱっちりのにゃあにゃが
    「ばあ」。
    次はくまさんが、ネズミさんが、キツネさんも。
    そして最後にはのんちゃんも「いない いない ばあ。」

    何回もめくってみてわかる、赤ちゃんが喜ぶ絵本のつくり。声に出してわかる、その響きの優しさ。その安定した笑顔の繰り返しがこの絵本の一番の魅力です。赤ちゃんとのコミュニケーションに、きっと役に立ってくれるはず!

9位 忘れることのない「あの頃」の気持ち…『こんとあき』

  • こんとあき

    みどころ

    遠く離れた「さきゅうまち」に住むおばあちゃんに頼まれて、あきのお守りにやってきた、ぬいぐるみのこん。あきを見守り、遊び相手としても大活躍のこん。

    だけど古くなるにつれ、腕がほころんでしまいます。そこでこんは、おばあちゃんに直してもらおうと、こんはあきを連れ、きしゃに乗って出かけます。ところが次から次へとハプニングが起き、読んでいる方もハラハラ。無事におばあちゃんのところまでたどり着けるのでしょうか?

    絵本全体を通して感じるのは、二人を見守る家族の大きな愛情と、作者の優しい眼差しです。大人になっても忘れることのない「あの頃」の気持ち。絵本を開く度に思い出させてくれる1冊でもあります。

10位 この世で一番好きなのは、お料理すること、食べること。『ぐりとぐら』

  • ぐりとぐら

    みどころ

    「ぼくらの なまえは ぐりとぐら
     このよで いちばん すきなのは
     おりょうりすること たべること
     ぐり ぐら ぐり ぐら」

    今日も大きなかごを持って、森の奥へ出かけます。どんぐりやくりを拾った後、道の真ん中に落ちていたのは…大きなたまご!さあ、何をつくろうか。

    焼きあがったかすてらの場面、その美味しそうなこと!!1963年に「ぐりとぐら」が生まれて以来、その黄色いかすてらは、昔から今もずっと子どもたちの憧れですよね。

11位〜20位

11位 『おおきなかぶ ロシアの昔話』

  • おおきなかぶ ロシアの昔話

    みどころ

    おじいさんが植えたカブは、それはそれは立派なかぶが育ちます。ところが、とてつもなく大きなかぶは、おじいさんが抜こうとしてもびくともしないのです。そこで、おじいさんはおばあさんを呼んできて、一緒に抜こうとします。
    「うんとこしょ どっこいしょ」
    ところが、かぶは抜けません。
    今度は、おばあさんが孫を呼んできて、三人で一緒に抜こうとします。
    「うんとこしょ どっこいしょ」
    ところが、かぶは抜けません。
    そこで、孫は犬を呼び、犬は猫を呼び、とうとうねずみを呼んできますが…。

12位 『くっついた』

  • くっついた

    みどころ

    きんぎょさんと きんぎょさんが……「くっついた」。あひるさんも、ぞうさんも、おさるさんだって。くちばしや、お鼻、おててを近づけて…「くっついた」!

    このシンプルなくり返しを見ているだけで、こんなにも幸せな気持ちになってしまうのはどうしてなのでしょう。すると、おかあさんとわたし。更におとうさんも加わって…「くっついた」!!きっと、くっつく喜びをあかちゃんも家族もみんな知っているからでしょうね。赤ちゃん絵本の定番として大人気の一冊です。

13位 『がたん ごとん がたん ごとん』

  • がたん ごとん がたん ごとん

    みどころ

    がたんごとん、がたんごとん、きしゃがやってきます。
    「のせてくださーい」
    声をかけたのはミルクの哺乳瓶。きしゃは、ちょっぴりうれしそうな顔でミルクをのせてはこびます。

    がたんごとん、がたんごとん、やってきたのは赤いカップとスプーン。
    「のせてくださーい」。

    登場するのは、赤ちゃんになじみのあるものばかり。くりかえしも楽しい、赤ちゃんに大人気ののりもの絵本です。

14位 『わたしのワンピース』

  • わたしのワンピース

    みどころ

    空から落ちてきたのは、真っ白なきれ。

    「ミシン カタカタ
    わたしの ワンピースを つくろうっと
    ミシン カタカタ ミシン カタカタ」

    目がさめるような色づかいと、ふんわりしてリズミカルな言葉が、あっというまに子どもの心をとらえます。
    「ラララン ロロロン わたしににあうかしら」
    お花畑をとおればまっしろなワンピースが花もようへ、雨がふってくればみずたまもようへ。それだけではありません。草の実もようになった実を小鳥が食べにきて、小鳥もようのワンピースは空を飛んだりするんです。まるで夢のような「わたしのワンピース」!

15位 『てぶくろ』

  • てぶくろ

    みどころ

    最初に見つけたのは小さなねずみ。彼女は中にもぐり込み、言うのです。

    「ここで くらすことに するわ」

    確かに、ねずみが暮らすのにはいい大きさ。居心地も良さそうです。そこへやって来たのは、かえるさん。中に入りたいと言います。手袋の中にはねずみとかえるの二ひき。確かにこれも悪くない。ところが今度はうさぎがやってきて、言うのです。「ぼくも いれてよ」あっという間に三びきです。大丈夫かしら…。これで終わることなく、さらにやってきたのはきつねです。さらにさらに、おおかみも、いのししも、しまいには驚くほど大きいあの動物まで! いったい、そんなことって可能なの!?

16位 『まどから おくりもの』

  • まどから おくりもの

    みどころ

    サンタクロースが空からやってきましたよ。これから、みんなの家をまわって、窓から贈り物を配るみたい。部屋をのぞいてみると、みんなぐっすり眠っています。目が覚めたら喜ぶよね、きっと!

    ……ところが。慌てもののサンタクロースは間違ってばかり。けれど、子どもたちはその間違え方に夢中になってしまうのです。しかけが楽しい、毎年大人気のクリスマス絵本です。

17位 『どうぞのいす』

  • どうぞのいす

    みどころ

    うさぎさんは自分で作ったいすを、野原の木の下に「どうぞのいす」と書いた立て札と一緒に置いていきます。最初に通りかかったろばさんは、なんて親切ないすだろう、せっかくだから……と、自分は木の下にすわりこみ、持っていたかごをいすの上に置いたまま、お昼寝をしてしまいます。次に通りかかったのは、くまさん。「どうぞならば」とどんぐりを食べ、次にくる人のために……。

18位 『ぐるんぱのようちえん』

  • ぐるんぱのようちえん

    みどころ

    ずっとひとりぼっちでさみしく暮らしてきた、ぞうのぐるんぱ。ある日、はたらきに出ることになります。ところが……。

    失敗を繰り返しながらも前に進む健気ななぐるんぱ。その先でしっかりと自分の仕事を見つけるぐるんぱ。絵本を開くたびに出会うぐるんぱは、大人になった今でも、私にとって「ともだち」であり、「あこがれ」なのです。

19位 『くだもの』

  • くだもの

    みどころ

    ページをめくるとまずどーんと丸ごとの緑のスイカ。さらにめくると、カットされた真っ赤なスイカが「さあ どうぞ」と差し出されます。どれもみずみずしくて本当においしそう。その果物たちが、今度は皮がむかれて食べやすくカットされて迫ってくるわけですから、あかちゃんは、きっとその絵の迫力に釘付けになるでしょう。そして、ママの声によって語りかけられる「さあ どうぞ」の言葉に思わず手が出るのです。絵本の世界に入り込む楽しみって、こういうことなのかもしれませんね。

20位 『からすのパンやさん』

  • からすのパンやさん

    みどころ

    いずみがもりの木の上にあるお店「からすのパンやさん」に四羽のあかちゃんが生まれました。オモチちゃん、レモンちゃん、リンゴちゃん、チョコちゃん。お父さんとお母さんは、優しく大事に育てました。でも、彼らのおうちはパンやさん。とにかく忙しいのです。そのうち。

    一家総出で作ったのは、変わった形のパンばかり。かにパン、うさぎパン、パンダパンにはじまり、バイオリンパン、テレビパン、じどうしゃパンまで、何と80種類以上!香ばしいにおいが森いっぱいに広がり、パンやさんは…大フィーバーです!!

21位〜30位

21位 『どんどこ ももんちゃん』

22位 『ぴょーん』

23位 『ボードブック はらぺこあおむし』

24位 パパ、お月さまとって!

25位 『おたすけこびと』

26位 『あおくんときいろちゃん』

27位 『うたえほん』

28位 『なにをたべてきたの?』

29位 『そらまめくんのベッド』

30位 『よるくま』

いかがでしたでしょうか。それぞれの作品のページには、たくさんの「読者の声」も掲載されています。まだ読んでことのない絵本や、気になった絵本があれば、合わせてのぞいてみてくださいね。もちろん購入もできます!

磯崎 園子(いそざき そのこ)

絵本情報サイト「絵本ナビ」編集長。著書に『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』(ほるぷ出版)、『ママの心に寄りそう絵本たち』(自由国民社)、監修に『父母&保育園の先生おすすめの赤ちゃん絵本200冊』『父母&保育園の先生おすすめのシリーズ絵本200冊』(玄光社)がある。

今、あなたにオススメ

出版社おすすめ

  • こどもべやのよる
    こどもべやのよるの試し読みができます!
    こどもべやのよる
    出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
    岩波の子どもの本 最新刊。こどもべやに夜がきました。せかいじゅうで、おきているのは、いっちゃんだけ。


絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!
【絵本ナビ厳選】特別な絵本・児童書セット
全ページためしよみ
年齢別絵本セット