あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

田代三善

田代三善

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

16件見つかりました

表示

椋鳩十全集(23) にせものの英雄

椋鳩十全集(23) にせものの英雄

著:椋 鳩十  絵:田代三善  出版社:ポプラ社  本体価格:¥1,500+税  
発行日:2012年12月31日  ISBN:9784591003701
建具職人の千太郎

建具職人の千太郎

作:岩崎 京子  絵:田代三善  出版社:くもん出版  本体価格:¥1,300+税  
発行日:2009年06月  ISBN:9784774316505
  ためしよみ
椋鳩十全集(15) マヤの一生

椋鳩十全集(15) マヤの一生

著:椋 鳩十  絵:田代三善  出版社:ポプラ社  本体価格:¥1,500+税  
発行日:2008年08月31日  ISBN:9784591003626
椋鳩十全集(26) 地獄島とロシア水兵

椋鳩十全集(26) 地獄島とロシア水兵

著:椋 鳩十  絵:田代三善  出版社:ポプラ社  本体価格:¥1,500+税  
発行日:2007年03月31日  ISBN:9784591003732
源 義経

源 義経

作:今西 祐行  絵:田代三善  出版社:小峰書店  本体価格:¥800+税  
発行日:2004年12月24日  ISBN:9784338081450
とんだよ プロペラくん

とんだよ プロペラくん

作:筒井 敬介  絵:田代三善  出版社:小峰書店  本体価格:¥980+税  
発行日:2000年  ISBN:9784338006521
おばけ

おばけ

作:西本 鶏介  絵:田代三善  出版社:佼成出版社  本体価格:¥1,359+税  
発行日:1997年  ISBN:9784333018277
龍の子太郎

龍の子太郎

著者:松谷 みよ子  画家:田代三善  出版社:講談社  本体価格:¥1,400+税  
発行日:1995年09月  ISBN:9784062611596
紙芝居 ぬまのぬしからのてがみ

紙芝居 ぬまのぬしからのてがみ

脚本:望月 新三郎  絵:田代三善  出版社:童心社  
発行日:1994年09月  ISBN:9784494077625
  ためしよみ
わたしのノンフィクション(31) 愛の点字図書館長−全盲をのりこえて日本点字図書館を作った本間

わたしのノンフィクション(31) 愛の点字図書館長−全盲をのりこえて日本点字図書館を作った本間

文:池田 澄子  絵:田代三善  出版社:偕成社  本体価格:¥1,200+税  
発行日:1994年01月26日  ISBN:9784036345908
ぼくのとうきょうえきたんけん

ぼくのとうきょうえきたんけん

作:新冬二  絵:田代三善  出版社:小峰書店  本体価格:¥1,100+税  
発行日:1994年  ISBN:9784338006361
おやすて山

おやすて山

作:岩崎 京子  絵:田代三善  出版社:佼成出版社  本体価格:¥1,165+税  
発行日:1993年  ISBN:9784333016457
わたしのノンフィクション(21) 行け!名警察犬アルフ号

わたしのノンフィクション(21) 行け!名警察犬アルフ号

文:三田村信行  絵:田代三善  出版社:偕成社  本体価格:¥1,000+税  
発行日:1991年03月01日  ISBN:9784036344604
わっしょいおじぞうさん

わっしょいおじぞうさん

作:鶴見正夫  絵:田代三善  出版社:佼成出版社  本体価格:¥1,097+税  
発行日:1990年  ISBN:9784333015054
あさいちばんのしんかんせん

あさいちばんのしんかんせん

作:砂田 弘  絵:田代三善  出版社:小峰書店  本体価格:¥951+税  
発行日:1981年  ISBN:9784338006026
こしおれすずめ

こしおれすずめ

作:岩崎 京子  絵:田代三善  出版社:国土社  本体価格:¥950+税  
発行日:1978年11月  ISBN:9784337000285

16件見つかりました

田代三善さんの作品のみんなの声

  • なつかしい

    読んでみたら、昔読んだなあとなつかしい気分になりました。 龍の子 魔物の子 と言われた太郎は、人に優しく 動物に優しく 分け与えたり守ったりできる素敵な男の子。親のいない、あやと仲良くなり、ある・・・続きを読む

  • 江戸時代

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    江戸時代の終わりごろ、口減らしのためもあって奉公に出される子供たち。 7歳や10歳って本当にまだ子供だなー、たいへんだなーと今の感覚だと思ってしまうのですが、時代ですね。 千太郎の成長物語。 千・・・続きを読む

  • 年よりも役に立ちます

    このお話は、年寄りを役に立たないから山に捨てて来いといったとのさま命令を無視して自分の親を大切にした青年のお話でした。殿様の色々な無理難題をこの青年は自分の親から知恵をもらって解決していき、その結果で・・・続きを読む

  • おばけ博物館

    こわいっ…とは少し違い、おもしろい…ともちょっと違う。 淡々とおばけについて解説している、おばけうんちくという感じです。 なるほど、絵本メルヘン博物館シリーズという名前に納得です。 怖いも、・・・続きを読む

  • 孝行息子と親の知恵

    親孝行と知恵ある老人を大切にしましょうという道徳的なお話ですが、読んだばかりの『えすがたあねさん』(瀬田貞二文)と出てくる「灰なわ、棒の上下、叩かないのに鳴る太鼓」の例えが全く同じなのに驚いてしまいま・・・続きを読む


『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット