ななちゃんペンギン ななちゃんペンギン
作・絵: さかいあいも  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
ペンギンが大好きな、ななちゃんの小さな冒険物語
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
おみくじ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おみくじ

  • 絵本
作: きた あいり
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年12月
ISBN: 9784776406792

5歳くらいから
27×22cm 32頁


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

みどころ

木の筒をジャラジャラ振って、出てくる棒で運勢を占う、おみくじ。神社へお参りしたときは、必ずおみくじをひくという方も多いのでは。ちょっとした運試しなんて思いつつ、ひくときはみんな真剣そのもの。結果に一喜一憂してしまったりするものですよね。
「2回連続『凶』が出た!」、「あの子ばっかりいつも『大吉』!」、「ここのおみくじどうなってるのー?!」なんて思ったこと、ありませんか?
そんなとき、おみくじの箱の中では、こんなことが行われているのかも・・・?

こんな会話が聞こえてきます。
「おやぶん、こんどの にんげんは おさいせんを ケチりましたー!」
「なに!?よし、大凶、おまえがいけ!」「へいっ」
「おやぶん、つぎの にんげんは すっごい べっぴんさんです〜!」「よし、おれが いこう♪」
箱の中で話しているのは、おみくじの棒たち。えらそうなヒゲを生やしているのが、おやぶんの大吉。おみくじの結果は、おやぶんの大吉の気分次第というわけです。
そんなある日、おみくじたちの声を聞いてしまった男の子に、小吉の棒が持ち去られてしまったから、さあ大変!「小吉をかえしてください〜!」おみくじたちは、泣いて神頼み。いったい、どうなってしまうのでしょう。

絶妙な設定がユニークな、きたあいりさんの作品。1作目の「おしゃべりメニュー だれがいちばん?」(ひさかたチャイルド)に続き、ユーモラスな雰囲気と場面展開の楽しさが、読み聞かせにもおすすめです。読んだ後のおみくじは、余計にワクワクしてしまいそう。初詣の時期にぴったりの一冊ですね。

(掛川晶子  絵本ナビ編集部)

おみくじ

おみくじ

出版社からの紹介

大人も子どもも、おみくじが大好き。
いいことがありますようにと願いをこめて、おみくじをひきます、でも実は、箱の中ではおみくじたちが順番をてきとうに決めていて……。
人間たちの真剣な思いを知ったおみくじたちは、どうするでしょうか。
ユーモラスで奇想天外なお話に、大笑い!
コミカルで親しみやすい絵も楽しく、おはなし会にもおすすめです。

ベストレビュー

読み聞かせにぴったり

2年生のクラスで読みました。
最初はガヤガヤしていた教室内も、絵本を見せた途端、、インパクトのある表紙に、目が釘付けになっていました。話をすすめるうちに、お話にひきこまれているのが分かるくらいに、見入っていました。

明るい絵のタッチで、はっきりと大きめの絵が、遠くからも見やすいうえ、起承転結が分かりやすく、何より面白い!ので、大勢での読み聞かせにぴったりだと思います。

表、裏の見返しは、「おみくじしんぶん」になっていて、おみくじの豆知識が楽しめます!
(ハリボーさん 40代・ママ 男の子11歳、女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


きた あいりさんのその他の作品

まねきねこがっこう / おしゃべりメニュー だれがいちばん?



40作以上の児童文学が絵の中に!『本の子』翻訳者 柴田元幸さんインタビュー

おみくじ

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.53

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット