おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!
【迷ったらこれ!】おさるのジョージセット(ギフトラッピング込み)
まさ夢いちじく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

まさ夢いちじく

作・絵: クリス・ヴァン・オールズバーグ
訳: 村上 春樹
出版社: 河出書房新社

本体価格: ¥1,800 +税

「まさ夢いちじく」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1994年
ISBN: 9784309262314

出版社からの紹介

どんな夢でもかなえてくれるいちじくだって!? ピボット氏が手に入れたいちじくには、奇想天外な力があった――。繊細で柔らかな色調の絵が、はかりしれない奥行を感じさせる最高傑作。

ベストレビュー

大人には爽快、子どもには「怖っ」

オールズバーグの端正な絵が、意地悪な歯医者ビボットを
一層憎たらしく見せてくれます(笑)。

診療費が支払えないからと、
おばあさんが差し出した不思議ないちじく。
食べると夢に見たことが正夢になるいいますが
そんなことをビボットが信じるはずもありません。

けれどもイチジクを口にした翌日に起きたことは、
そのビボットをも納得させる、あり得ない出来事だったのです。

それ以来、自分の夢を正夢にするためにとる
ビボットの行動がまた彼らしい。

周到に準備し、万全だったはずが
飼い犬のマルセルによって…。

「この意地悪な主人公はどうなるのだろう?」
と読んでいた私には爽快な結末だったのですが、
小学6年生のクラスで読み聞かせたところ、
ある男の子が「怖っ!」とつぶやいたのでした。

吠えることも許されず、急な階段も抱いてもらえない
かわいそうなマルセルに共感しながら読まれることを
おススメします。
(じもじもさん 30代・ママ 男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


クリス・ヴァン・オールズバーグさんのその他の作品

ナイアガラの女王 / ハリス・バーディックの謎 / さあ、犬になるんだ! / 魔術師アブドゥル・ガサツィの庭園 / 2ひきのいけないアリ / 急行「北極号」

村上 春樹さんのその他の作品

図書館奇譚 / おおきな木 / 汚点・春は夜汽車の窓から / ポテト・スープが大好きな猫 / ふしぎな図書館 / いまいましい石



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

まさ夢いちじく

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.8

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット