ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…
やっぱり皆で作りたい♪『ピタゴラゴール1号』『荷物をのせると走るでスー』発売中!
ね、ぼくのともだちになって!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ね、ぼくのともだちになって!

  • 絵本
作・絵: エリック・カール
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

「ね、ぼくのともだちになって!」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1991年05月
ISBN: 9784032024302

対象年齢 3・4歳から
21cm×26cm・32ページ 関連
「ボードブック ね、ぼくのともだちになって!

2〜3歳 編集部おすすめ

エリックカールスペシャルサイトオープン

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

小さなねずみが友だちをもとめて出かけていきます。ページをめくるごとに発見があり、自分なりの物語をふくらますことができます。

ベストレビュー

面白さは「はらぺこあおむし」に負けないゾ。

エリック・カールの作品の中でも、「はらぺこあおむし」に負けないくらい好きな作品です。
小さなねずみが、いろいろな動物たちに「ね、ぼくのともだちになって!」って、聞きまわるんです。でも、中々いい返事をもらえないらしくて、最後にやっと、素敵な友だちに巡りあえるって、お話です。
「巡りあう」って、いうのを強調されたかったのかなぁ。この絵本には全ページを通じて、ある生き物が描かれています。これがまた、いい味を出してくれてます。
さぁ、ねずみくんのお友だちになってくれたのは誰でしょう?お子さんと一緒に楽しんで下さい。
(てんぐざるさん 30代・ママ 7歳、2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


エリック・カールさんのその他の作品

はらぺこあおむし 日本語版40周年記念限定版 / フリップフラップえほん はらぺこあおむし / いちばんのなかよしさん / はらぺこあおむし+ぬいぐるみギフトセット / ポップアップ とうさんはタツノオトシゴ / ビッグブック パパ、お月さまとって!



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

ね、ぼくのともだちになって!

みんなの声(64人)

絵本の評価(4.55

何歳のお子さんに読んだ?

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット