宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
パパが宇宙をみせてくれた
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

パパが宇宙をみせてくれた

  • 絵本
作: ウルフ・スタルク
絵: エヴァ・エリクソン
訳: 菱木 晃子
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2000年10月
ISBN: 9784892387661


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

出版社からの紹介

ウルフ、宇宙をみにいこう。おまえもずいぶん大きくなったからね─パパにつれだされたウルフですが、宇宙ってなにかまだわかりません。2人は手をつなぎ、白い息をはきながら、秋のおわりの澄んだ空気の中を歩いていきます。夕焼け空が、少しずつ星空に変わって……。少年がみた初めての「宇宙」。そして、パパとの時間。やさしく、清々しいストーリーを、色鉛筆の繊細なタッチで描きます。

ベストレビュー

お父さんが息子に読めば最高

作家ウルフの思い出話。
「宇宙をみせてあげよう」とお父さんが少年時代のウルフを家から連れ出した。
歩いた道、途中に立ち寄った店も覚えている。たどりついたところが自分もよく知っている原っぱだったことも。
だけど、暗さに慣れてきた眼にはいろんなものが見えてきて、それから見上げた空の星。
お父さんがいろいろと星座の説明をしてくれて…。
犬の落とし物を踏んでしまったお父さんはそれからトーンダウン。
お父さんは家に帰っても靴の底が気になっているけど、ウルフには全部ひっくるめて楽しい思い出として心に残ったようです。
ひょっとしたらお父さんは、そんな出来事は忘れてしまっているかもしれないですが、子供の思い出箱に納められる宝物のような話です。

息子にはすんなり受け取ってもらえたようですが、奥様は犬の落とし物の件の方が気になったようで、あまり良い印象ではなかったようです。

父親が、息子に読み聞かせるのに良い本だと思います。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ウルフ・スタルクさんのその他の作品

トゥルビンとメルクリンの不思議な旅 / パーシーの魔法の運動ぐつ / パーシーとアラビアの王子さま / パーシーと気むずかし屋のカウボーイ / ミラクル・ボーイ / ぼくはジャガーだ

エヴァ・エリクソンさんのその他の作品

トーラとパパの夏休み / ポンテのはる / あたしって、しあわせ! / おにいちゃんが いるからね / ハンスぼうやの国 / くんくん ふんふん

菱木 晃子さんのその他の作品

長くつ下のピッピ / チャルーネ / 巨人の花よめ スウェーデン・サーメのむかしばなし / のんびり村は大さわぎ!  / トムテと赤いマフラー / はじめての北欧神話



「楽しみながら生活する気持ち」と「生活習慣」を学べる絵本♪

パパが宇宙をみせてくれた

みんなの声(34人)

絵本の評価(4.63

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット