ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
新装版 みずまき
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

新装版 みずまき

  • 絵本
作・絵: 木葉井 悦子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,800 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年
ISBN: 9784061322745

出版社からの紹介

水がほとばしる。
すべての「いのち」が輝きだす。

ほとばしる水、うごきだす生きものたち。
生命力あふれる、この「庭」に誰もが思わず、ひきこまれる……。

名作絵本を新装版で!
講談社の創作絵本ベストセレクション

ベストレビュー

こんなみずまきがしたい!

まず表紙に占める「みずまき」というタイトルの文字の大きさに圧倒されます。その大きな文字に向かって、少女が挑むようにホースで水をかけているかのようです。

みんなが昼寝をしているところに、少女がやってきて「にわのみなさん おきおてください。 あめだぞ あめだぞ。」とホースの水を庭じゅうにぶちまけていきます。

なめくじは「たぴ たぴ たぴ たぴ」と、ぼうふらは「きゅる きゅる きゅる きゅる」と、あおむしは「しゃく しゃく しゃく しゃく」と庭にいた虫や鳥や動物たちのうえに水がまかれていきます。少女が声をかけた「みなさん」は人ではなかったんですね。

どのページも、大胆な筆づかいと鮮やかな色彩で描かれていて、水をかけている少女が発するエネルギーがそうさせているかのようです。でも注意して見ると、いろいろな場所に生きものがいることがわかります。また少女もいろいろな表情をしていて、作者が細かいところまで気を配っていることがうかがえます。

水をかけ終わって、浴衣とうちわで涼んでいる少女の姿に、こういう夏を子どもたちに体験させてやりたいと思わずにはいられません。

25cmくらいの大判で、遠目もききます。
これを読んだら、子どもたちはみな、みずまきがしたくなるでしょうね。
(はしのさん 40代・パパ 男の子15歳、女の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

木葉井 悦子さんのその他の作品

アバディのパン / ぼんさいじいさま / かさじぞう / やまのかぜ / ともだちくも



山岡ひかるさんの「食べ物絵本」シリーズ 歴代編集者さんに話を聞きました

新装版 みずまき

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.24

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット