おにたのぼうし おにたのぼうし
作: あまん きみこ 絵: 岩崎 ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会います。
miki222さん 30代・ママ

鬼にも色々あるのに
節分の日に鬼がやって来ると聞いて怖がっ…
ふわふわ、もこもこ。今年のミッフィーは・・・ゆきだるま?!
かえるのどびん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かえるのどびん

  • 絵本
作・絵: 野村 たかあき
出版社: 教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2009年09月
ISBN: 9784774611440

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

おいけがむらにすんでいる、泳ぎが苦手なかえるのどびん。いつも負けてばかりで、しょんぼり。
くやし涙をこらえて、頭の中もこんがらがって・・ でも、自分にも何かきっとできることがあると信じて出発します!
力強くて温かい木版画絵本。大きなエールを送ります。

かえるのどびん

ベストレビュー

カエルのお話好きです

かなづちどびんなんて、カエルなら不名誉なニックネームです。
だからいつも、なんとかして!と言う気持ちが
とても強かったのだと思います。
ずっと考えていたのですね。
そして飛びつき競技のあるところまで、
必死になって出かけてゆきました。
飛びつきはやっぱりだめだったけど
不屈の精神で遠くまで行ったことが
さいわいしたのですね。
リズミカルな口調が読みやすいです。
(ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


野村 たかあきさんのその他の作品

なくなタケシ / おばあちゃんのひなちらし / へぇこいたのだれだ? / おばあちゃんのななくさがゆ / あめふりうります / ないたあかおに



「とびだすミニブック」シリーズ 編集者 清水剛さんインタビュー

かえるのどびん

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット