雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
おによりつよいおれまーい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おによりつよいおれまーい

  • 絵本
作・絵: 土方 久功
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おによりつよいおれまーい」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1997年
ISBN: 9784834014570

読んであげるなら・ 3才から
自分で読むなら・ 小学低学年から
20X27cm・32ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

おれまーいは生まれるとすぐはいはいができ、4日たつと歩きはじめ、1日1日と大きくなって、
村一番の力持ちで乱暴者の子どもになりました。おれまーいを恐れた村人たちは、彼を殺して
しまおうと手をつくし、ついには、恐ろしい鬼の住む島に置き去りにしました。
ところがおれまーいは鬼を倒し、鬼の船をもらって再び村に帰ってきたのです。
土方久功が自ら採集したサトワヌ島の昔話です。

ベストレビュー

変な絵?

最初、表紙を見た時、「変な絵だな」と思いました。
「何か面白そう?」と気分になり、図書館で借りました。
サトワヌ島っていう南の島に住んでいる男の子のお話です。大人にひどいことされても必ず生き残る強い男の子。何か怪しげな話の内容でそこがまた面白い。世界の昔話だそうです。読んで損はない、物知りになれる感じがします。
(秀のママさん 30代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 怪物はささやく
    怪物はささやくの試し読みができます!
    怪物はささやく
    作:シヴォーン・ダウド(原案)/パトリックス・ネス(著) 絵:ジム・ケイ 訳:池田 真紀子 出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
    2017/6/9より映画公開中

土方 久功さんのその他の作品

おおきなかぬー / ゆかいな さんぽ / ぶたぶたくんのおかいもの / ゆかいなさんぽ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

おによりつよいおれまーい

みんなの声(15人)

絵本の評価(4

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット