新刊
ふるかな ふるかな?

ふるかな ふるかな?(評論社)

雨はふるかな ふるかな? まだかな まだかな?

  • かわいい
  • ギフト
新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

おにより つよい おれまーい サトワヌ島民話

おにより つよい おれまーい サトワヌ島民話

  • 絵本
再話・絵: 土方 久功
出版社: 福音館書店

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,100

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

※レビューの一部は、1997年11月15日初版の『おにより つよい おれまーい』につけられたものですが、2024年4月刊のこちらの『おにより つよい おれまーい サトワヌ島民話』に転載させていただいております。

作品情報

発行日: 2024年04月03日
ISBN: 9784834014570

出版社のおすすめ年齢:3・4・5歳〜
20X27cm・32ページ

この作品が含まれるテーマ

【絵本ナビ×福音館】福音館の絵本とグッズ、そろってます

出版社からの紹介

おれまーいは生まれるとすぐはいはいができ、4日たつと歩きはじめ、1日1日と大きくなって、
村一番の力持ちで乱暴者の子どもになりました。おれまーいを恐れた村人たちは、彼を殺して
しまおうと手をつくし、ついには、恐ろしい鬼の住む島に置き去りにしました。
ところがおれまーいは鬼を倒し、鬼の船をもらって再び村に帰ってきたのです。
土方久功が自ら採集したサトワヌ島の昔話です。

ベストレビュー

変な絵?

最初、表紙を見た時、「変な絵だな」と思いました。
「何か面白そう?」と気分になり、図書館で借りました。
サトワヌ島っていう南の島に住んでいる男の子のお話です。大人にひどいことされても必ず生き残る強い男の子。何か怪しげな話の内容でそこがまた面白い。世界の昔話だそうです。読んで損はない、物知りになれる感じがします。
(秀のママさん 30代・ママ 男の子6歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

3,080円
1,650円
1,540円
990円
2,090円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

825円
1,320円
3,960円
1,320円

出版社おすすめ




ディズニー映画『アナと雪の女王』10周年 本の世界に踏み出そう

おにより つよい おれまーい サトワヌ島民話

みんなの声(17人)

絵本の評価(3.94

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら