すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
おによりつよいおれまーい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おによりつよいおれまーい

  • 絵本
作・絵: 土方 久功
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おによりつよいおれまーい」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1997年
ISBN: 9784834014570

読んであげるなら・ 3才から
自分で読むなら・ 小学低学年から
20X27cm・32ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

おれまーいは生まれるとすぐはいはいができ、4日たつと歩きはじめ、1日1日と大きくなって、
村一番の力持ちで乱暴者の子どもになりました。おれまーいを恐れた村人たちは、彼を殺して
しまおうと手をつくし、ついには、恐ろしい鬼の住む島に置き去りにしました。
ところがおれまーいは鬼を倒し、鬼の船をもらって再び村に帰ってきたのです。
土方久功が自ら採集したサトワヌ島の昔話です。

ベストレビュー

変な絵?

最初、表紙を見た時、「変な絵だな」と思いました。
「何か面白そう?」と気分になり、図書館で借りました。
サトワヌ島っていう南の島に住んでいる男の子のお話です。大人にひどいことされても必ず生き残る強い男の子。何か怪しげな話の内容でそこがまた面白い。世界の昔話だそうです。読んで損はない、物知りになれる感じがします。
(秀のママさん 30代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

土方 久功さんのその他の作品

おおきなかぬー / ゆかいな さんぽ / ぶたぶたくんのおかいもの / ゆかいなさんぽ



『雪ふる夜の奇妙な話』『夜の神社の森のなか』大野隆介さんインタビュー

おによりつよいおれまーい

みんなの声(16人)

絵本の評価(4

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット