こけこけコケコッコー こけこけコケコッコー こけこけコケコッコーの試し読みができます!
作・絵: にしはら みのり  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
『いもむしれっしゃ』のにしはらみのりが描く、じっくり楽しむ苔絵本! 
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
あおい目のこねこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あおい目のこねこ

  • 児童書
作・絵: エゴン・マチーセン
訳: 瀬田 貞二
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1965年04月
ISBN: 9784834000405

読んであげるなら・4才から
自分で読むなら・小学低学年から

6〜7歳 編集部おすすめ

みどころ

昔、青い目の元気なこねこがいました。
あるとき、こねこはねずみのくにをみつけにでかけました。
ねずみのくにを見つけたら、もうおなかをすかすことはありません。
青い目のこねこは行く先々で困難にあいますが、飄々と先に進んでいくのでした。
同じくねずみのくにを探す黄色い目の5匹のねこたちに出会い、青い目をばかにされながらも一緒に暮らすようになります。
ある日、5匹のねこたちが犬に襲われているところを、たまたま青い目のこねこが助けます。そして犬の背に乗ってついたところは・・・?

ポジティブです。きわめて前向きなこねこです。
ひどい目にあっても、
「なーに、こんなこと、なんでもないや」
と意に介しません。
また、ある日のこねこはこう言います。
「おもしろいことをしてみよう。なんにもなくても、げんきでいなくちゃいけないもの」
子どもも大人も、こんな気楽なこねこの考え方に学ぶところは多いのではないでしょうか。
この飄々としたスタイル、一読の価値があります。

時代を超えて愛される名作です。

(金柿秀幸  絵本ナビ事務局長)

あおい目のこねこ

出版社からの紹介

ねずみをさがして冒険にでた、こねこの出会うさまざまなできごとを、簡潔で、テンポの早い語り口でユーモラスに物語ります。幼児のためのお話としてすでに古典の地位を獲得した作品。

ベストレビュー

思い出の1冊です

 35年ほど前、母によく読んでもらった私のお気に入りでした。社会人になってある本屋で再会し、どうしても将来生むであろう自分の子に読んでやりたくて、リボンをかけてもらって買ってきました。年月を経て、今では私だけでなく、3人の子供たちにとっても1番のお気に入りになっています。
 他のねこと違う青い目を持ったねこが、ねずみの国を見つけに行くという話ですが、1のまき、2のまき…と進んでいくのと、最後にやまをのぼって、やまをくだって、またやまを…と、わくわくしながらページをめくった時の感覚が私の宝物になっています。
(ありんこさん 40代・ママ 14歳、11歳、5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


エゴン・マチーセンさんのその他の作品

さるのオズワルド / ひとりぼっちのこねずみ

瀬田 貞二さんのその他の作品

ながいかみのラプンツェル / おなかのかわ / ちっちゃなえほん ちっちゃなちっちゃなものがたり / さてさて、きょうのおはなしは・・・・・・ / こどものとも 日本の昔話 おんちょろちょろ / まのいいりょうし



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

あおい目のこねこ

みんなの声(43人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット