しあわせ しあわせ
作: いもと ようこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いもとようこ“感動の実話絵本”。母子のやりとりから、日々の暮らしの大切な気持ちに気づかせてくれる、やさしくあたたかなお話。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
うみべのハリー
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

うみべのハリー

  • 絵本
作: ジーン・ジオン
絵: マーガレット・ブロイ・グレアム
訳: わたなべ しげお
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1967年06月
ISBN: 9784834000986

読んであげるなら・4才から
自分で読むなら・小学低学年から

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

「どろんこハリー」で、子どものかっさいをあびたいぬのハリーが、家の人たちと海水浴にでかけて、またまたひと騒動。ハリーは海岸で遊んでいる人たちを次つぎにまきこんでいきます。

ベストレビュー

日陰を探していただけなのに…。

子どものころから大好きな犬の「ハリー」のシリーズです。

今回のハリーは、うちの人たちといった海で日陰を探していただけなのに、波にさらわれて“海藻おばけ”になっちゃって…。
おはなしの導入、経過、ラストへの展開のテンポよさ。大人になって改めて読んでみても楽しい作品だなと思いました。

夏の海水浴場が舞台なので、ぜひ暑い夏の日に読んであげてください。
「怖く」はありませんが、ハリーが“海藻おばけ”なってしまうので、夏の「怖いお話として紹介するのもおすすめです。
わたしは図書館の幼児向けと小学校低学年向けのお話会で紹介しました。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子22歳、女の子17歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ジーン・ジオンさんのその他の作品

ほら なにもかも おちてくる / ハリーと うたう おとなりさん / ニブルと たいせつな きのみ / はるがきた / さとうねずみのケーキ / Harry the Dirty Dog (どろんこハリー 洋書版) ボードブック

マーガレット・ブロイ・グレアムさんのその他の作品

ベンジーのいぬごや / ベンジーとはずかしがりやのフィフィ / ベンジーとおうむのティリー / あっ おちてくる ふってくる / ジェフィのパーティー / なつのゆきだるま

わたなべ しげおさんのその他の作品

みてるよみてる / ぞうのホートンひとだすけ / みてるよみてる(大型本) / おまわりさんのスモールさん / ちいさいヨット / ちいさいひこうき



葉祥明さんの描く不朽の名作、好評につき第2弾

うみべのハリー

みんなの声(54人)

絵本の評価(4.07

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット