だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
やっぱり皆で作りたい♪『ピタゴラゴール1号』『荷物をのせると走るでスー』発売中!
かえるのあまがさ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かえるのあまがさ

  • 絵本
作: 与田 凖一
絵: 那須良輔
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1977年
ISBN: 9784494004218

幼児〜小学校低学年向

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

お池の雨ふり、ぴちぱたぽん……。はっぱの雨がさをさしたかえるの行列がよろこんだ。

ベストレビュー

記念すべき1冊目はこれ!

次女が入園して初めて、保育園での絵本の貸し出しが、今週から始まりました。
彼女が一体どんな絵本を借りてくるのか、ドキドキしながら絵本バックをあけてみると・・・???

何て渋好みなんだろう?!
那須良輔さんの日本画みたいな絵。
でも、口ずさみたくなるようなリズミカルな詩。
懐かしい♪
そうです。長男(小5)が2年生の時、国語の教科書に載っていて、何度も何度も音読してくれた詩ではありませんか?!
すっかりうれしくなって、繰り返し読みました。
渋いと思った絵も、きゅうりやとまとに顔があったり、しかもサザエさんのキャラクターにどことなく似ていたり・・・
何だかほのぼのとする1冊です。
(ぼのさん 30代・ママ 男の子11歳、女の子8歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


与田 凖一さんのその他の作品

おばあさんとこぶたのぶうぶう / 大型紙しばい おとうさん / うみひこやまひこ / 赤い鳥代表作集(1) / 赤い鳥代表作集(2) / 赤い鳥代表作集(3)

那須良輔さんのその他の作品

長者どんのむこえらび



『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

かえるのあまがさ

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.24

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット