大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ちゃんがら町
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ちゃんがら町

  • 絵本
作・絵: 山本 孝
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年10月
ISBN: 9784265035007

みどころ

ビルが立ち並ぶ街へと続く橋のたもとに、辺りの景色にそぐわない、一軒の駄菓子屋があります。
ぼくらの放課後は、この駄菓子屋からはじまる!

「チャンガラ〜 チャンガラ〜 チャンガラ〜」

駄菓子屋のおばちゃんがおかしな音のスズを鳴らすと、辺りの景色が一変!
ビルは深い森をたたえた山々に変わり、コンクリートの道路は舗装されていない土の道になっています。
さっきまであったデパートに代わって道にはずらりと露店が連なり、街へと続いていた橋の先には、神社の鳥居がそびえています。

見たこともないような奇妙な町。
でも、どこかで見たような懐かしい町。
そう、ここが「ちゃんがら町」、
ぼくらの放課後の冒険の舞台!

人間なのか? 妖怪なのか? それともキツネが化けたもの? ちゃんがら町に住むのは、正体不明のちゃんがらっ子。
かっぱが住むと噂される洞窟や、巨大なうどんが食べられるお店もあったり、とってもへんてこな町です。
でも、古き良き昭和の日本に似た、懐かしい町でもあるんです。
駄菓子屋、探検、秘密基地、コマ遊び―
ひとページひとページに、ノスタルジックなワクワクの詰まった、大人も楽しい一冊。

駄菓子屋もめっきり見かけなくなった近年にあっては、この作品に感じる魅力が大人と子どもとで違うものになるでしょう。
昔を知らない子どもたちには、ちゃんがら町ならでの奇妙な光景と合いまったかつての日本の景色が、和風ファンタジーな異世界として映るかもしれません。
なつかしくってワクワクで……不思議な味わいの世界、ちゃんがら町。
あなたはこの町を、どんなふうに感じますか?


(堀井拓馬  小説家)

出版社からの紹介

駄菓子屋から出入りする「ちゃんがら町」で、ぼくらは遊びに遊ぶ。かっぱ洞、お皿が池、ひみつ基地、商店街。新進絵本作家が長年温めていた少し不思議な世界が楽しい絵本。

ベストレビュー

不思議な世界がすぐそこに

駄菓子屋のおばあちゃんの鈴が合図で、不思議の世界への扉が開く。子供達はわくわくしながら、その時間を心待ちにしているんだろうなあ。やる気のなさそうなおばあちゃんだが、昔はこんな駄菓子屋のおばちゃんやおばあちゃんが、子供達のことをよく見ていてくれたんだね。

でも、現実の世界では、いまや駄菓子屋はコンビニにとって変わられてしまっているので、この絵本の味は、子供達にはわからないかもしれない。

それでも、次女は繰り返し読みたがっていた。不思議の世界に惹かれる物があるのだろう。


(えっこさん 40代・ママ 男の子12歳、女の子9歳、女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


山本 孝さんのその他の作品

アカンやん、ヤカンまん / しんかい たんけん! マリンスノー / アブナイおふろやさん / おばけのきもだめし / 学校ななふしぎ / はのはのはなし



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

ちゃんがら町

みんなの声(29人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

ママの声 25人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット