貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
クリスマスの三つのおくりものセット
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

クリスマスの三つのおくりものセット

  • 絵本
作・絵: 林 明子
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,650 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「クリスマスの三つのおくりものセット」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1987年
ISBN: 9784834030303

読んであげるなら 3才から
自分で読むなら 小学低学年から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

かすみちゃん、れいちゃん、もっくんの、クリスマスをめぐる3つのお話。林明子が描く可憐な絵本セットです。

ベストレビュー

じんわりあったかい

クリスマスの絵本を何冊か買おうと思って
本屋さんで手にとり(候補には入っていなかったのに)
立ち読みしたらとってもよくって買ってしまいました。
林明子さんの絵本はいいですねえ。
じんわりとあったかい感じがする。
じんわりとあったかそうな感じがするのは他の絵本の
レビューをみていて知ってはいたのですが、そのじんわり
がちょっと重たいような気がして、今まであまり手に
しなかったのです。
でも読んでみたらやっぱりいい!
娘もこの絵本に登場する子ども達の気持ちにすんなりと
寄り添っているようです。

この大きさもいいですね。かわいらしくて。
おでかけする時にも持っていきやすいし。
3冊どれも素敵なのですが、ピーターラビットと
つながっているような「ふたつのいちご」が私は特に
気に入りました。
娘は断然「サンタクロースとれいちゃん」です。
娘にきょうだいがいたらもっと楽しいのだろうなあ。
(ぽこさんママさん 40代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

林 明子さんのその他の作品

ひよこさん / くろねこトミイ / にせあかしやの魔術師 / 文庫版 魔女の宅急便6冊セット / 魔女の宅急便 6冊セット / ビッグブック もりのかくれんぼう



「きむらゆういち先生ミニトーク付おはなし会イベント」レポート

クリスマスの三つのおくりものセット

みんなの声(27人)

絵本の評価(4.93

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット