くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
ペンちゃんギンちゃん おおきいのをつりたいね!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ペンちゃんギンちゃん おおきいのをつりたいね!

  • 絵本
作・絵: 宮西 達也
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 2005年04月
ISBN: 9784591086070

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ペンギンのペンちゃんとギンちゃんはとってもなかよし。ある日、ふたりがつりに行くとつれるのは、へんてこりんなものばかり……。

ベストレビュー

夢はでっかく!

ペンギンのペンちゃんとギンチャンはとっても仲良し。いつでも、何をするのも一緒。「大きいのを釣りたいね。」とある日魚釣りに出かけて、交互にアタリが。でも中々釣り上げることが出来ずに逃げられると、「あーあ、大きい○○だったのになぁ」との繰り返しがあり、いつの間にか仲良しだった二人に亀裂が・・・うーんコレって見栄を張りたがる大人のとある会話に聞こえたり、小さい子のケンカの場面でもあるような気がした。でも子供達には(1年生の読み聞かせにて)手放しで楽しかったよう。先が読める展開ではある種の安心感が、そして思わぬ大きな大きなクジラの登場に嬉しいサプラズを喜んでいたようでした。
(1姫2太郎ママさん 40代・ママ 女の子17歳、男の子15歳、男の子 7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はなびのひ
    はなびのひの試し読みができます!
    はなびのひ
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    待ちに待った花火大会に、町じゅうがワクワクする様子が面白い! 一緒に花火を楽しみませんか?

宮西 達也さんのその他の作品

さるとびすすけ 愛とお金とゴキZのまき / ヒヒヒヒヒ うまそう / またまた さんせーい! / かいてみよう カタカナ (2) / ほうちょうさん ききいっぱつ / はじめてのおとうさんはウルトラマン



「がまくんとかえるくん」シリーズ 三木卓さんインタビュー

ペンちゃんギンちゃん おおきいのをつりたいね!

みんなの声(40人)

絵本の評価(4.59

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット