もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

こぶたたんぽぽぽけっととんぼ」 みんなの声

こぶたたんぽぽぽけっととんぼ 作:馬場 のぼる
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1990年
ISBN:9784772100991
評価スコア 4.36
評価ランキング 9,943
みんなの声 総数 24
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

24件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • しりとりなんだけど

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    しりとりを最近理解してきた感じな娘に読んでみました。
    しりとりになっている絵本なのですが、娘は私の予想とは裏腹にしりとり部分にはあまり注目していませんでした。
    「『にわかあめ』って何?」とか「この子が鬼だね(おにごっこシーンを見て)」等、場面場面の感想を言っていました。
    いろいろな楽しみ方ができますね。

    掲載日:2015/03/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • しりとり絵本

    このお話はしりとりに合わせた絵が描いてある絵本でした。うちの子はしりとりが大好きなので、この絵本のしりとりのバリエーションを自分のものにしようと一生懸命に覚えていました(笑)自分とは違ったものでしりとりをしていたらしく面白かったみたいです。

    掲載日:2015/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • しりとり絵本

    • エポさん
    • 20代
    • ママ
    • 富山県
    • 女の子3歳、女の子0歳

    しりとり絵本「ぶたたぬききつねねこ」の姉妹版の絵本で、前作のぶたたぬききつねねこが親子で登場します。いたずら心満載の絵としりとりが面白い絵本。しりとりができる子なら字を読めなくてもあてっこして遊ぶこともできますし、しりとりのできない子でも絵をみてストーリーを楽しむことができます。「ぶたたぬききつねねこ」に比べるとこちらの方が少し小さい子向けに感じます。いつも少し違った感じの絵本をぜひ楽しんでみて下さい。

    掲載日:2014/01/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • はじめてのしりとり

    図書館で絵本を選んでいる時、「これ、11ぴきのねこのやつだよ」と、
    息子が大事そうにかかえて持ってきた絵本です。

    馬場のぼるさんの展覧会で、この本の存在は知っていましたが、
    手にとったのは初めて。

    「こぶた、た、た、た・・・」と次の絵をさしてあげると、
    「たんぽぽ」と息子が答え、
    「たんぽぽ、ぽ、ぽ、ぽ・・・」と次の絵をさしてあげると、
    「ぽけっと」と息子が答える。

    こんな風にして親子で読んでいくと、だんだん「しりとり」というものの
    仕組みがわかってくるから不思議です。

    「どろんこ」って言葉を知っていたのは意外でしたが、
    これは11ぴきのねこシリーズのおかげですね。
    他にも「すぎのき」なんて難しい言葉も出てきますが、
    読む回数を増やすと、その言葉も吸収し、すぐ出てくるようになります。

    最後の言葉と絵が、私も息子も大好きです!

    掲載日:2013/08/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • こな→なみだ→ダイヤモンド→どんぐり!!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子18歳、女の子13歳

    馬場のぼるさんの「こぶたたぬききつねねこ」の言葉遊びシリーズの1冊だと思います。

    この「こぶたたんぽぽぽけっととんぼ」の方が、前作「こぶたたぬききつねねこ」よりもしりとりが短いので、より小さい子たちにも飽きずに楽しんでもらえる作品に仕上がっているなと、思いました。

    特に面白かったのは
    “こな→なみだ→ダイヤモンド→どんぐり”のシーンで、ねこがそれぞれ袋から出してきたときの、友達のこぶた・たぬき・きつねの反応が笑えました。
    また、最後は“おんぶ”で、それぞれのお母さんにおぶされて帰っていく子どもたちの姿も、微笑ましく優しい気持ちで本を閉じることができました。

    掲載日:2013/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • これは簡単!

    「ぶたたぬききつねねこ」はちょっと難しい言葉も含まれていたのですが、こちらはなじみのある言葉が多く小さい子にもおすすめです。1歳と3歳の息子たちはこれが大好きで一人でもめくってみています。やはり大好きなのはぶたたぬききつねねこがでてくるページです!歌いながら読んでいる姿がほほえましいです。

    掲載日:2012/12/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 名作

    このシリーズは、ほんとに名作だと思います。
    単純だからこそ、味があるというか、長く親しまれて
    いるのだと思います。
    レトロな感じの絵も、子どもは大好きですよね!
    ちゃんと物語になっているところも、素晴らしいです。
    いつまでも残っていってほしい絵本です!!

    掲載日:2012/09/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • しりとり

    しりとり絵本です。
    絵も言葉もわかりやすくて、子供も楽しんでいました。
    「にわかあめ」なんて、普段のしりとりでは使っていなかった言葉なので、新しい言葉を覚えるきっかけになって良かったです。

    掲載日:2012/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • しりとり

    • EMRHさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 男の子3歳、男の子0歳

    絵本の題名で想像できる通りしりとりの絵本です。
    息子はこの本でしりとりを覚えました。
    テンポがよく楽しめると思います。

    掲載日:2011/06/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 御馴染みさん

    馬場のぼるの御馴染みさんの、ぶた、たぬき、きつね、ねこさんの登場

    に嬉しくなります。絵がなんともほのぼのとして和みます。

    日常の遊びがなんでもないことなんですが、面白くて愉快な気持ちに

    なります。仲良し4人組が仲良く上手に遊べるのが羨ましくなりました

    遊んでいるうちに思いやり、優しさ、譲り合い、順番いろいろと学ぶと

    思いました。子どもの人間関係に親が出ると難しく拗れてしまうと最近

    つくづく思いました。とっても明るい絵にも癒されました。

    掲載日:2010/10/27

    参考になりました
    感謝
    0

24件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / じゃあじゃあびりびり / ごぶごぶ ごぼごぼ / パンツのはきかた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.36)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット