だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

赤ちゃんずかん(0・1・2さい)」 みんなの声

赤ちゃんずかん(0・1・2さい) 作・絵:桑原 伸之
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2006年07月
ISBN:9784751521847
評価スコア 3.94
評価ランキング 28,540
みんなの声 総数 16
「赤ちゃんずかん(0・1・2さい)」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 明るい色合いがきれいです

    いろいろな絵がのっています。
    どうぶつ、くだもの、やさい、乗り物。かぞく、クリスマスなど
    ちいさいひとの周りで見えるいろいろなものがあります。
    色は気持ちが引き立って、明るくなるような色合いです。
    すっきりしたフォルムで色々なものを覚えて行けて
    長く使えそうだなと思いました。

    掲載日:2016/10/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 動物の親子が可愛い

    赤ちゃんも見やすい図鑑を探していて目にとめました。
    色がはっきりしていてイラストがシンプルなので小さい子が見やすいと思います。少し実物と比べて簡素化しすぎて、わかりにくそうなイラストもありますが、全体的にやさしい印象のイラストだと思います。
    どうぶつとはまた別にどうぶつのおやこのカテゴリーがあって、なんだかほのぼのします。

    掲載日:2016/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 物の名前を知りたくなったら

    2歳の頃によく子どもに読んでいました。
    色がはっきりしているので、赤ちゃんから使えると思います。

    ただ、「おとうさん」「おじいさん」などの絵は正直わかりづらく、娘も???という感じでした。
    なので正確に知りたくなってくる2歳以降よりも、赤ちゃん絵本として0〜1歳の頃に読んであげるのがいいと思います。

    クリスマスのページがあるのが、個人的には嬉しかったです。

    掲載日:2014/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤ちゃんのための図鑑

    はっきりとしたカラーと太い線で、
    小さな子にも分かりやすいイラストが沢山描かれています。

    これはまさに、赤ちゃんのための図鑑。

    身近にあるもの、親しみのあるものばかりを集めているので
    きっと興味が膨らむと思います。

    シンプルでインパクトがあるので
    長い間楽しめそうな絵本だと思いました。

    掲載日:2014/02/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵がわかりやすい

    • さみはさみさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、男の子1歳

    1歳半の次男は、色々なことを理解しているものの、まだほとんど言葉を話しません。でもこの本のような赤ちゃん向けの図鑑などを見ると、「ぶどうはどこ?」などの質問に指差しでちゃんと答えます。

    なかなか次男と言葉のコミュニケーションがとれないなか、こういうツールを使うと、あー理解しているんだなとはっきりわかるので、嬉しくなってどんどんページをめくってしまいます。

    ページ数が多いところがいいですね。

    掲載日:2013/12/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤ちゃんが身近な図鑑が良いな〜

    赤ちゃんが身近に覚える図鑑ですね。
    ちょっと気になったのは かぞく あかちゃんといぬ おとうさん おかあさんんの 表現がちょっとこんな家族の表現よりも もう少し違う表現があると思いましたが  お母さんが読んであげる絵本も、お母さんが選んであげると良いと思いました

    掲載日:2013/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が大きくて良いです

    1ページにつき、2〜3個の絵が入っていて赤ちゃんに見やすいわかりやすい本だと感じました。
    絵もシンプルで全ページカラーです。
    身の回りのものが取り扱ってあるので馴染みやすいようです。
    言葉を話し始めた娘も指差して「ぞう」等、言っている様子を見ると嬉しいです。もっと言葉が出るようになるかな。

    掲載日:2013/03/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • はじめてのずかんに!

    1歳半になった娘は、いつのまにかいろいろな
    言葉を覚えていて、毎日驚かされるようになった
    今日この頃!
    この絵本を見せて、どれくらいの言葉を知っているの
    かしらと思ったら、かなりの言葉を言うことができま
    した♪
    ちょうどうちの娘くらいのお子様が興味を持つような
    言葉が集まっているので、はじめてのずかんにもなる
    のではと思いました♪
    かわいい絵なので、眺めているだけでも楽しいですよ♪

    掲載日:2013/01/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛い絵

    とても可愛い絵で、わかりやすいです。8項目にわかれていて、一番最初が、動物だったのでテンションがあがりました。昨日、動物園に行ってきたばかりだったので、とても喜びました。張り切って動物に名前を言ってました。赤ちゃんからお薦めの絵本ですが、5歳の孫もとても喜びました。

    掲載日:2012/12/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • カラフルずかん

     動物、乗りもの、くだもの、、、「ずかん」というだけあって、いろいろなものがでてくるのが楽しいです。
     はっきりした色と形は、インパクトがあって赤ちゃんにもわかりやすいなと思います。カラフルな色は、みているだけでわくわくしてきます。

     ひとつひとつ、じっくりことばを覚えられそうだなと思います。

    掲載日:2012/07/22

    参考になりました
    感謝
    0

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(16人)

絵本の評価(3.94)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット