1日10分でせかいちずをおぼえる絵本 1日10分でせかいちずをおぼえる絵本 1日10分でせかいちずをおぼえる絵本の試し読みができます!
作: あきやま かぜざぶろう  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ライオンはドイツ、獅子舞は中国、クジラはロシア…… 世界中の国々の場所と大きさが、かわいいイラストでたのしくおぼえられる絵本。

しおちゃんとこしょうちゃん」 みんなの声

しおちゃんとこしょうちゃん 作:ルース・エインワース
絵・訳:こうもと さちこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2016年02月05日
ISBN:9784834082289
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,780
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • おかあさんの目が光っている時子どもたちも

    • てんぐざるさん
    • 50代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子22歳、女の子17歳

    この絵本は1993年に「こどもの友年中向き」で発行されましたが、その後、改めて出版されたのは2016年です。(ちょっと時間がかかっちゃってましたね。いい話なのに)

    絵を担当されたこうもとさちこさんの猫たちがとても可愛かったです。
    「しおちゃんとこしょうちゃん」が、高いもみの木のてっぺんで
    降りられなくなった時、探しに来たおかあさんの“みどりの目”が明るく光って見えたという描写のシーンで、よく見ると、木の上の子猫たちの目も“みどりの目”が光っていました。
    いいよね〜。親子だよね〜(^^♪

    もともと年中さん向けの作品なので、言葉も優しく、描写も分かりやすいです。
    同作者の「こすずめのぼうけん」ほど有名な作品ではありませんが、わたしはこのお話が大好きです。

    掲載日:2017/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小学校低学年に読みました。

    ふたごのこねこのシンクロする動作に
    「かわいい」と、子どもたち。

    ところが、
    どちらが高く上にのぼれるか、
    競うことになったこねこは
    家をとびだして高〜い木へ・・・。

    え?そんな高いところから
    どうやって降りるの?

    しおちゃんとこしょうちゃんの行く末を
    見守る子どもたちのドキドキが
    読んでる側にも伝わってくるおはなしでした。

    掲載日:2016/11/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • キュート!

    しおちゃんとこしょうちゃんなんて、名前からして可愛い!
    その上、この姿、この動き、たまらないです。

    ふたごちゃんだから、やることが一緒。
    でも、お互い対抗心をもっていて、競争しているうちに、大変なことになってしまうのです!

    そんなピンチを救うのは、もちろんお母さん。
    お母さんの存在って、やっぱり大きくてあったかい。

    可愛さとあったかさで、心がぽかぽかになりました!

    掲載日:2016/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • こねこのぼうけん

    ルース・エインズワースの「こすずめのぼうけん」では、初めて飛んだこすずめの行方にハラハラさせられましたが、今回はこねこの兄弟が冒険に出ます。
    こすずめ同様、こねこ達の無謀さと、困り果てた姿がとても可愛くて愛しいです。
    そして最後には必ずお母さんが助けに来てくれるという安心感。
    子供にとって毎日は冒険続き。それをそっと見守り、いざという時には涼しい顔で助けに行けるタビー夫人のようなお母さんになりたいものです。

    掲載日:2016/07/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ストーリーテリングでも

    やんちゃな双子の子猫「しおちゃん」と「こしょうちゃん」と、お母さん猫の温かみを描いた、微笑ましいお話です。
    ストーリーテリングのテキストである「おはなしのろうそく」にも掲載されていたお話なので、きっと、ストーリーテリング(素話)で人気のお話に絵をつけた絵本ですね。
    素朴な雰囲気の挿絵なので、お話を邪魔せず、イメージが崩れないでよかったです。

    掲載日:2016/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 日常のほっとするおはなし

    「ソルト」ちゃん と 「ペッパー」ちゃん なのかな?
    日本語訳だと
    しっかり調味料になっちゃうけど

    てっきり
    山脇さんの絵に似た方?と思ったのですが
    イギリスの作家の方で
    「こすずめのぼうけん」の作者でした

    おかあさんの存在
    冒険と安心

    なんということのない
    日常のお話で
    幼い子には、こういうお話からお薦めしたいなぁ
    と、思いました

    掲載日:2016/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 双子の猫

    双子のねこの名前がしおちゃんとこしょうちゃん。

    真っ白なねこはしおちゃんでグレーの毛が混じってるのが

    こしょうちゃん。対照的だし、発想がとってもおもしろいと思います。

    親子そろって緑色の目なんですが、この目が

    あとでとっても役にたちます。

    海外の方が作ったお話ですが、とっても日本人にあう

    お話だと思います。ストレート過ぎずいいです。

    掲載日:2014/03/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 東京子ども図書館編の『おはなしのろうそく27』でこのお話に出会いました。
    可愛らしいお話なので、絵本も開いてみたら・・・こうもとさちこさんの絵で、表紙の「しおちゃんとこしょうちゃん」の文字や、台所に置いてあるものも楽しい。かごの中で眠っている猫も気持ちが良さそうです。猫好きの友人にこのお話をしたら、名前だけで、にこっとしていました。眠たがり屋のおかあさん猫。猫って、「寝こ」から来ているという説もあるらしいですね。子どもって、危険なことも、やってしまう。本人たちは、そんなつもりはないんだけどね。我が子も、遊びに夢中になって、いろんなことしていたなあ。兄弟や友達と切磋琢磨して、いろんな経験をして、そして、おかあさんに見守られながら、成長していくんでしょうね。
    うちの18歳、21歳の我が子も、さすがに、しおちゃんたちみたいなことは、しないけど、楽しいこと、面白いこと、そして仲間が大切で、はらはらすることには、変わらないなあ、しおちゃんたちと。
    でも、私は、タビー夫人のようには、いかない時もあって。タビー夫人を見習いたいです。

    掲載日:2013/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • きょうだいで経験すること

    小さいときはどこの兄弟もこうなのかなと思わせてくれるしおちゃんとこしょうちゃんの関係。

    探究心、好奇心ともに素晴らしいけれどそれが親をハラハラさせて危険な目にあうことも多々。

    男の子どうしなら尚更共感できる絵本だと思います。

    どんな時も最後にはお母さんがしっかり見守ってくれてる、そんな終わり方で心を温かくしてくれます。

    掲載日:2013/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぼくがぼくが!

    • わにぼうさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子8歳、男の子4歳

    真っ白な子猫の「しお」ちゃんと、
    灰色の毛が混じった「こしょう」ちゃんの双子の兄弟。

    二匹は一緒に色々出来るようになっていきます。

    でも、ある日。

    「ぼくのほうが高いところに登れるよ」って競争を始めて
    庭の高い高いモミの木に登り始めてしまいます。

    次男坊は「え〜、折れちゃうよぉ〜」と心配。
    兄ちゃんは黙って聞いています。

    そして、予想通りの状態になったとき。

    「落ちちゃうよぉ〜」と心配な次男坊。

    よくあるよね、ウチでもあるよね。
    まぁ、ケガしたりするほどのことはやらないけれど。

    競争心はとっても成長にイイと思います。
    しかも、双子だったらもっともっと強いんでしょうね〜。

    ぼくがぼくが!の頃に読んであげると、
    親も子供も楽しいです。

    そして、しおちゃんたちのお母さん。
    タビー夫人のように対応できるようになれるといいなぁ。

    掲載日:2011/06/15

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / あおくんときいろちゃん / 1つぶのおこめ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


気になる絵本に投票しよう!レビュー投稿でプレゼントも

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット