ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

10ぴきのかえるのたなばたまつり」 みんなの声

10ぴきのかえるのたなばたまつり 作:間所 ひさこ
絵:仲川 道子
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\1,120+税
発行日:2001年06月
ISBN:9784569682921
評価スコア 4.29
評価ランキング 13,285
みんなの声 総数 16
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • お飾りがいっぱいできれいでした

    たなばたの頃に図書館で読みました。
    ひょうたん沼の近くには、人間の開発で竹がもうなかったのですね。
    ぽつぽつと切られた後の絵は考えさせられました。
    長老からたなばたまつりのことをおしえてもらった、10ぴきのかえるたち。
    笹の葉もサラサラ、川の流れもサラサラですね。
    ザリガニタウンから、大あわてで逃げる10匹は、おおきな笹のジェットコースター。この辺も子供にはうれしいところだったようです。

    掲載日:2016/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • ささを求めて

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    たなばたりのためにささをさがしに行く10ぴきのかえるたち。
    このこたち、うまれてから間はないのでしょうが、随分かえる一族の役に立ってますよねー。頼もしい。
    途中、ザリガニが出たりでハラハラする場面も。
    たなばたシーズンにこどもたちに読みました。
    ねがいごとはなににするのかな。

    掲載日:2016/07/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 初めてこのシリーズを読みました!!

    シリーズものの本が大好きな娘♪
    本屋さんでずらりと並んでいた、この「10ぴきのかえる」シリーズに
    早速くいつきました!!
    初めて読んだのは、このたなばたまつりでした。
    かえるちゃんたちのかわいさと、力を合わせて繰り広げられる、
    勇気のある行動に、心を打たれました。
    このシリーズ、制覇したいと思います!!!

    掲載日:2015/03/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろいかえるたち

    • エポさん
    • 20代
    • ママ
    • 富山県
    • 女の子3歳、女の子0歳

    10ぴきのかえるが七夕祭りのために、ささささやまのさささらやぶまで笹を取りに冒険するお話。2、3歳の子でも七夕祭りのお話として十分楽しめます。絵の隅々にてんとう虫やメダカ、かたつむり、蝶々などが描かれていて、生き物の好きな子にもおすすめです。だじゃれのような、歌のようなリズム感あるセリフや文で読んでいても面白く、シリーズにおつきみや夏祭り、プールびらきなどもあるので、季節毎に読破していく予定です。

    掲載日:2014/01/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • たなばた

    今年の七夕は、昨日終わってしまいましたが、6歳の孫と一緒に6日の日にたなばた飾りをしたので間に合ってよかったとほっとしているところです。私の願い事は、「旅行に行きたい!」ことですが、短冊には書きませんでした。10匹のかえるたちは、毎回皆で協力して七夕の笹を取りに行って困難にも立ち向かう姿に感動しました。いかに、みんなの団結、知恵を出し合うことの大切さが必要かを教えてもらえます。一人では、出来ない事も皆で協力すれば叶うことが学べる絵本でした!

    掲載日:2013/07/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • どこかで読んだ展開

    5歳の娘に読みました。たなばたに間に合ってよかったー。
    しかし、読みながら既視感が・・。あれ?この絵本読んだこと
    あったっけ??いや、でもそんなことはないはずなんだけど。
    と、思い起こしてみれば、このシリーズの「おつきみ」と似て
    いるなあと。あちらはへびで、こちらはざりがにですけれど。
    よかった。ぽっかり読んだのを忘れていたのではなくて。
    かえるの歌うような話し方が素敵です。
    「歌うような」ということを考えずに、普通に話しているよう
    に読んだら、「歌うように読んで」と娘からダメ出しがでました(笑)。

    七夕の飾りは娘と作っていたのですが、そうえいば今年はささを
    用意していない・・。ざりがにに追いかけられること覚悟で
    どこかに探しにいこうかな。

    掲載日:2012/07/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 男の子が好きそう

    季節に合わせて、七夕の絵本をいろいろと読んでいますが、こちらは男の子が好きそうなお話だなー、と思いました。

    「静かに夜空を眺める」とか「織姫と彦星の物語」となると、男の子にはなかなか読みにくいかと思いますが、こんな冒険のお話ならば、楽しめることでしょう。

    掲載日:2012/07/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な飾り

    「10ぴきのかえる」シリーズの中の1冊です。

    このシリーズは、季節感があり、行事や伝統を取り上げられているので、息子も私も大好きなシリーズで何冊も読んでいます。

    今回は「10ぴきのかえる」達が、七夕に使う笹を探しに、まだ誰も行ったことのない『ささささやま』へ行くお話です。

    毎回ながら、みんなで力を合わせて困難を乗り越えていく姿は、本当にいいものです。

    七夕の前にはピッタリな絵本ですね〜!

    掲載日:2012/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドキドキ、ワクワク

    • ヤキングさん
    • 20代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子2歳

    七夕前にかえる好きな2歳の娘に読ませました。

    最初から「かえる、かえる」と喜び、場面場面では「かたつむり」「トンボ」「ちょうちょ」に大はしゃぎ。
    ザリガニが出てくると両手をチョキにして、チョッキンチョッキン。
    大ざりがにに追いかけられる場面では泣いているかえるにイイコイイコしたと思えば、次のざりがにがしりもちをつく場面ではざりがににイイコイイコしていました。

    7歳の息子は「ささささやまのさささらやぶだって!」と言って大笑いしていました。

    掲載日:2011/07/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • カエルさんと一緒に大冒険のたび

    この絵本のシリーズは、行事(イベント)にそって
    <例えばお正月、ピクニック、プール開きなど>
    描かれているので、それにあわせて読んであげると良いなと思います。
    今回はたなばた。
    ささささやまに笹を取りにいって七夕飾りを作ります。
    大冒険ありの楽しいお出かけです。

    大冒険の場面では、娘はぎゃぎゃ〜〜いいながらカエルさんを応援していました。話に引き込まれて一緒に冒険してました。

    カラフルで楽しい絵本です。

    掲載日:2010/06/11

    参考になりました
    感謝
    0

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ごぶごぶ ごぼごぼ / パンツのはきかた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット