ぬけちゃった ぬけちゃった
作: スティーブ・アントニー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「スマホが手放せない」時代の子ども(と大人)へ……。 外の世界には、新しい冒険が待っている!

ジャーニー 女の子とまほうのマーカー」 みんなの声

ジャーニー 女の子とまほうのマーカー 作:アーロン・ベッカー
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2013年11月
ISBN:9784062830775
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,901
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 赤いマーカーが鮮やか!

    赤いマーカーが鮮やかで、存在感が気になります。文字のない絵本だからこそ自分好みに想像を膨らませて冒険の世界へ誘いました。ひとりぼっちだった女の子に同じ境遇のお友達との出会いが一番嬉しく思いました。不思議な世界を体験できたように思いました。魔法のマーカーがほしいですね!

    掲載日:2017/07/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 字のない絵本

    この絵本は字のないタイプのものでした。一人で寂しそうにしていた一人の女の子が魔法のマーカーを使って、陸・海・空を旅して一人の男の子と出会うものでした。その男の子も魔法の鳥を持っていたので、多分寂しい二人が出会えるようにという素敵な魔法のお話だったのでしょうね。うちの子はこのお話を見て、こんな魔法の道具があったら素敵だねと言っていました。

    掲載日:2017/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な世界

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子1歳

    不思議な絵本でした。文章がない絵本です。文章がない分、集中出来るし、想像がふくらみます。あまり色が使われていない分、赤いマーカーの赤が際立って、これがまたいい味を出しています。
    5歳の娘も楽しんでいました。
    描いたものが実物になるというアイデア、「くまさんのまほうのえんぴつ」に似ているなと思いました。

    掲載日:2017/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢のなか

    赤いマーカーで描いた扉をくぐった先にひろがる世界は、読んでいて、夢の中にいるような感覚を覚えました。くるくる変わって、なにがおこるかわからない、なんでもおこりうる感じです。
    そして、この絵の内容と、文字がないことは、とてもあっている気がしました。おかげで、自分の好きなように想像し、絵本の世界をたっぷりと楽しめました。予想外の(私には)ラストも良かったです。

    掲載日:2015/04/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 文字がないからこそ

    文字はありませんが、
    ないからこそ、想像が膨らみます。

    最初に行く森の場面が特に好き。

    色彩が綺麗で、思わず見入ってしまいました。

    後半のイラストは、ややシンプルですが
    それでもとても楽しめます。

    この作者さんの、次回作にも期待したいです。

    掲載日:2015/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分のために

    ザ・大人のための絵本です。言葉のない絵本ですが、絵の力ってすごいなって思わせてくれる作品です。ごちゃごちゃと色を使っていないせいか、赤がより鮮明に表現され、語りかけているようです。静かなところで、ゆったりとこの世界にひたっていただきたい絵本です。

    掲載日:2015/03/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • お父さん お母さん お姉ちゃんそして女の子の家族
    女の子は誰にも相手してもらえず淋しいのでしょう・・・

    自分の部屋で赤いマーカーを見つけてそれで絵を描くと不思議な世界へ・・・
    冒険の旅が始まります

    中世のお城のようなところ行くのです
    そして赤いアドバルーンを描いて 雲の上の世界へ ここは一体どこ?
    未来の国?
    火の鳥のような紫の鳥を助けてあげて・・・
    また ドアを描いたら男の子がいました(友達かな?)

    紫の鳥 そして紫のマーカー 独りぼっちの女の子に友達が出来たのですね
    ハッピー
    赤いマーカーと紫のマーカー 二本のマーカーで二人の冒険のはじまりですね

    寺のない不思議な絵本でしたが  おもしろい夢の世界に連れて行ってもらえました

    掲載日:2014/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 購入したい!

    6歳4歳の娘たちに借りてきました。絵のない絵本ですが、とてもわかりやすいです。そしてすごい!娘たち2人とも夢中で聞いて、夢中で話していました。「見て見て、この女の子はたぶん、助けに行くんじゃない?」とか、「この赤いマーカーで描いてるの何だと思う?」とか。ものすごく会話が弾み、そして「すごーい!」と感動していました。読み終わった後に「この絵本面白い!」と大満足。購入を考えています。

    掲載日:2014/05/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冒険へと導く赤いマーカー

    絵だけで楽しめる文字のない絵本。女の子が手にしている赤いマーカーは、ドキドキワクワクの冒険へと導いてくれます。
    描いたものが実物になってどんどん進むスピード感がとっても心地よくて、ずっと見ていたいと思うくらいでした。
    ラストもまた想像を超えた展開で、読後はとっても満足感がありました。赤い色が印象的で、いつまでも脳裏に残ります。

    掲載日:2014/03/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な世界

    描いたものが、形になる不思議なマーカーで女の子が不思議な世界に入り込みます。
    文字のない絵本で、ストーリーを考えるというよりも、冒険そのものを楽しむ絵本です。
    運河が何層にも行き交う不思議なお城や、空飛ぶ不思議な乗り物が、とても味わい深く感じました。

    掲載日:2014/02/12

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 100円たんけん
    100円たんけんの試し読みができます!
    100円たんけん
     出版社:くもん出版
    お母さんにお菓子をねだったら「100円までよ」だって! 100円で何が買える? はじめてのお金えほん
  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語
  • おでんしゃ
    おでんしゃの試し読みができます!
    おでんしゃ
    作:塚本 やすし 出版社:集英社 集英社の特集ページがあります!
    コンビニのおでんを見て思いついた楽しい知育絵本。おでんしゃ、出発しまーす!


野球ファンだけにとどまらない、人生へのエールがこめられた絵本

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット