ペンギンクルーズ ペンギンクルーズ  ペンギンクルーズ の試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
オセアノ・ペンギーノ号で行く、南の島クルーズの旅! 55羽のペンギン達と旅に出よう。絵さがしをしながら物語を楽しむ絵本。船の断面図は迫力満点。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

一緒に楽しい旅を
全ページお試し読みで読みました。 船…
  • 魔法使いのフェルムの名前が「鉄」だと知ってまずビックリしました。
    そして生命の誕生、地球のこと、体のこと…、あちらこちらに話が展開するなかで、鉄がいかに重要な存在かが解ってきて、さらにビックリしました。
    この本に興味を持ってくれる子どもは、きっと探究心の強い人間になっていくでしょうね。
    とても詳しい説明がぎっしりと入った絵本です。

    掲載日:2018/08/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「ごんげ様」というのは遠野の地でよく行われる神楽の舞に使う木でできた(獅子舞のお獅子様に似た)頭のことだそうです。
    遠野ではたくさんの地域でつくられていたらしく、紹介されている「ごげん様」の顔は地域性に富んでいて全部同じでないところが良いです。
    これはほかのシリーズ同様に「遠野物語」の中から「ごげん様」にまつわるお話をショートショートでまとめてあるので、とても読みやすかったです。

    「ごげん様」同士をそばに置くとけんかしてしまうから、片耳の取れた「ごげん様」が今でもたくさん残っているんですって。
    遠野にはロマンがあります。
    お獅子様とは違う、「ごげん様」に私も会ってみたいです。

    こわ面白い話が多くて、絵も大きくて見やすいので、小学校4,5年生くらいから読み聞かせにもお薦めします。

    掲載日:2018/08/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • ネパールの文化も分かる絵本。

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子11歳、女の子7歳

    7歳の娘と読みました。

    絵本は二か国語。左半分にネパール語、
    右半分にその訳文の日本語が書いてあります。

    シカのミリガとなかよしのカラス、カーグの心温まる友情物語。
    途中でもちろん悪役も出てきて、
    ミリガの苦痛に読んでいるこちらが辛くなることもありますが、
    最後まで読んで、
    なるほど、こういう教訓なんだ!というのが
    ハッと分かる絵本。

    日本ではあんまりこんな教育はしないかな、と思うのは、
    ひとえに文化に違いによるものかもしれません。
    その他にも随所随所で、ネパールの文化に触れる一幕があり、
    親子で勉強になりました。

    掲載日:2018/08/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 園児の食べやすさに配慮

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子7歳、女の子5歳、女の子1歳

    園児の食べやすさに配慮しているおべんとうレシピでよかったです。
    段取り表やデコなんかもあったり。
    こどものおべんとうづくりに活用しましたが、喜んで「おいしい」と全部食べてくれたので嬉しかったです。
    つくりたいと思えるものが多く私には役立つ本。

    掲載日:2018/08/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • お友達と仲良くしようね!と教える前段階のお話。
    集団生活でなんだか気付くと近くにいる存在、時々一緒に遊ぶ、あの子の遊びなんだか楽しそう、私もやってみよう。気づけば一緒に遊んでいる子。仲良くしないと楽しくない。あぁこれが友達なんだ。と学んでいく絵本です。

    未就園児から保育園児、幼稚園児さんにも、おススメです。

    掲載日:2018/08/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 1年生になったばかりのアコが宝物箱にしまう宝物が今はまだ何もないけれど、アコの1歳の誕生日を迎えた時のエピソードを話すママの幸せそうな顔が素敵でした。おばあちゃんが買ってくれた靴が嬉しくて洗った靴を自分のベッドに並べて寝ているアコもいいなあと思いました。やっぱり、なんと言っても「ママの一番の宝物は、アコです。ありがとう」の言葉がよかったです。わかっていてもやっぱり、子どもにはっきりと照れずに伝えたい言葉だと思いました。

    掲載日:2018/08/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 遠野物語の中に収められた「おいぬさま」を分かりやすくまとめてくれています。
    テキストも短く、簡潔で、大事なことだけを取り上げているので、インパクトは抜群です。
    中野真典さんの絵は大好きです。
    この絵本でいうと、

    ある時、山口村の小学生が、学校からの帰り、
    ふと通り道にある岩山を見た。
    二ツ石山という名の山である。
    (この次です)
    何かがいた。

    いますよー!これ、この大きな木の葉を仮面のようにしている先に見えたモノ。
    ぞくぞくしました。

    ただ、残念なことに、この絵本中野さんの「おいぬさま」は、かなりデフォルメされているので、悲しいかな遠目がききにくいです。
    おはなしの展開そのものだけなら、高学年に十分伝わると思いますが、絵が後ろの席の子どもたちに届かないというのは弱点です。
    読み聞かせには不向きかもしれません。
    遠野物語やこわい昔話に興味があるお子さんたちにブックトークで伝えるのが一番いいかもしれません。

    掲載日:2018/08/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • はるおさんのケーキ、食べてみたい

    • げがんさん
    • 30代
    • ママ
    • 奈良県
    • 女の子2歳、男の子0歳

    ズッコケ三人組シリーズでお馴染みの、前川かずおさん作・絵の絵本です。
    ケーキ堂で修行中のはるおさんは、なかなか美味しいケーキが作れません。そのうちケーキを見るのも嫌になって、田舎に逃げ帰ってしまうはるおさん。でもお母さんとの約束を思い出して…。
    いろんなケーキのイラストが出てきてとっても美味しそう!ケーキが食べたくなっちゃいます。
    このお話は夢に向かって頑張っているのになかなかうまくいかない主人公が描かれています。誰だってくじけそうになるときがありますよね。でも少しずつでも成長しているはず!と、勇気をくれる絵本です。幼稚園の頃に読みましたが今でもこの絵本は私の宝物です。
    夢に向かってがんばる人に、夢あふれるこどもたちに、ぜひ読んでもらいたい一冊です。

    掲載日:2018/08/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 主人公に甘い世界

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子7歳、女の子5歳、女の子1歳

    3巻まで読みましたが、なんだかんだで主人公に甘い世界だなーと思いました。別にいいんですけど。けっこう主人公が前に出すぎというかそんなに目立っていいの?と心配になるんですが、まあ大丈夫そうですね(?)。私はもっと人を信じる心を持つべきなのでしょうか(笑)。マインは周囲の人に恵まれていていいですね。
    「身食い」の問題は今後もどうなることやら…といった感はあります。でもきっと大丈夫なのでしょうと思わされます。

    掲載日:2018/08/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幼稚園ってどんなところ?何するところ?お友だちってどんなふうに出来るの?入園をひかえて、親も子も不安と期待でなんだか気持ちがそわそわしませんか?そんな時に、ぜひおすすめです。

    保育園に楽しく通い始めて1年以上経ってから、この絵本を読みましたが、先生やお友だちが居たり、とても身近な話題なうえに動物が出てくる「動物たちの幼稚園」という設定が読み手をワクワクさせてくれる理由の1つかもしれません。

    海外の作家さんの絵本も素敵なのがあると知り、絵本選びの幅も今後広がりそうです。そのきっかけを作ってくれたのがこの絵本との出会いでした。素晴らしい絵本です。

    掲載日:2018/08/09

    参考になりました
    感謝
    0

328件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。


玉川大学教授・梶川祥世先生&編集者・岡本薫さんインタビュー

出版社おすすめ

  • おかっぱちゃん
    おかっぱちゃん
     出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
    NHK Eテレでアニメーション番組にもなった「おかっぱちゃん」が 新しいオリジナルストーリーをたずさ

全ページためしよみ
年齢別絵本セット