宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
  • もぐらのググさんのボタンを大事にする気持ちが素敵でした。ボタンがなくなって他のボタンで代用すると着る気持ちがなくなってしまうことがあるなあとおもいました。赤いボタンが、忘れられたボタンたちに協力してもらってググさんの元に無事に帰れた時には、ほっとしました。赤いボタンが、ググさんの元に帰りたいと思う気持ちが強かったし、仲間の協力があってよかったです。忘れられたボタンも再びググさんによみがえらせてもらってよかったです。
    物を大切にしたいと思いました。

    掲載日:2019/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • リズミカルに感じます

    リズミカルに感じますね。

    言葉がながいようでみじかく感じるのは
    なぜかな?

    絵が大きく描かれているからなのかな?

    リンゴの色は真っ赤でいろんな情熱を
    感じますね。

    リンゴちゃんも真っ赤なリンゴから
    勇気をもらったのでしょうか?

    掲載日:2019/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • おおかみくんがかわいそう

    • ほんもふさん
    • 30代
    • ママ
    • 岐阜県
    • 男の子8歳、男の子6歳、男の子4歳

    人形劇の人形のおおかみくんのお話です。

    人形劇をやっているとおおかみくんの出番のときに、怖くてないてしまう子、あこちゃんにおおかみくんが気づきます。

    次は笑顔になってもらいたい、と、良い役がくれば。。。とおもっても
    おおかみくんはおおかみなので、

    基本怖い役しかきませんね。

    他の人形からあこちゃんかわいそうっておおかみくんのせい、みたいに言われちゃって。。。


    そればかりか人間の子供たちに、ひどいことをされてしまいます。
    おおかみくんが本当にずっとかわいそうです。


    最後は、ちょっと呆気なさすぎて物足りない、
    そんな本でした。

    人の気持ちを、考える上で勉強にはなる本だな、とおもいました。

    掲載日:2019/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 佐々木マキさんのナンセンスは好きなのですが、ただのドタバタになってしまうと、唖然とするばかりになってしまいます。
    サーカスで、ムニエルさんは失敗の連続で、邪魔物になってしまいます。
    結果的には得るものがないお話でした。
    面白いのですが、残念な絵本です。

    掲載日:2019/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「そらまめくんシリーズ」の絵本は、我が家の子供も幼児期に、とってもお世話になりました。
    小学生になった今でも時々出してきて読んでいます。
    こちらの「そらまめくんとおまめのなかま」は赤ちゃん絵本なので、絵本「そらまめくんシリーズ」を読む前の年齢段階で読んでおくのもいいと思いました。

    掲載日:2019/03/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • 虫たちの熱いサッカーの試合が始まりました。虫ならではのハプニングに爆笑です。カブトムシのへラクレスが、ボールを運んでいく!クロッコ逆転のチャンスだと思ったら、本物のバールじゃあなくて、仲間の選手ダンゴムシのミタラシ!を蹴っていたので・・・・・・
    本物ボールは、ほったらかし!カメムシのブータンが羽根をばたばた・・・・・うあ〜 ブータンやってしまったー。くっさー
    とにかく面白かったです。メンバー紹介を見てるのも楽しいです。

    掲載日:2019/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 0歳向けの絵本は、たくさん持っていたのですが、あまりのかわいさに買ってしまいました。
    娘が赤ちゃんのとき、よだれがたくさん出るタイプだったので、こんな風によだれが出てたなーと、思い出します。
    1ページ、1ページの赤ちゃんの表情がかわいらしく、娘も喜んで見てくれます。
    5歳になると、とても簡単なことばなので、わたしに読んでくれるようになりました。

    掲載日:2019/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「おーいおーい」と声をかけたら、いろんな友だちから返事が返ってきました。
    面白いのですが、幼児が想像できる範囲を越えてしまったように思いました。
    もっとシンプルに楽しめる返事だったら、楽しさが倍増したのにな。

    掲載日:2019/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • くつやの父ちゃんは お客さんの要望に応える  職人わざ

    チーターのくつ   いえーい!  スピードまんてん

    シロクマさん あしのしもやけも なおっちゃう  ひやっほーい!

    キリンさん かっこいいよ              ふふふふふーん

    ごりらくんは とうちゃんの 仕事ぶりを そっと見てるところが  なんとも  羨ましそう〜で・・・・

    「とうちゃん ぼく そらを とべる くつが ほしいんだけど・・・」
    「まあ、まかせとけ」

    とうちゃんは なんてステキな アイデアマン  
    優しい とうちゃん 最高!  
    なんだか じーんとあたたかい  最高の親子の 笑顔!

    職人技とは お客さんに満足してもらえる  幸せを贈る

    とうちゃんから 教えられました

    掲載日:2019/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親子で楽しめる雑誌!

    ママも子供も楽しめる素敵な雑誌に思います。
    この親子で!っていうのがすごく私としては魅力に感じます。
    今回の付録も、絵本2冊にノラネコぐんだのシール、子供も嬉しいですね!
    内容も親にとってはなかなか興味深いものに思いました。

    掲載日:2019/03/22

    参考になりました
    感謝
    0

660件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。


『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット