おしっこちょっぴりもれたろう おしっこちょっぴりもれたろう おしっこちょっぴりもれたろうの試し読みができます!
作・絵: ヨシタケシンスケ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
ヨシタケシンスケさん、待望の最新刊! もれたって、いいじゃないか、ちょっぴりなんだから!
  • 男の子は忍者好きですよね

    山本孝さんの絵本が好きな子どもが図書館で借りてきました。
    男の子は忍者好きですよね。

    主人公は、「つばめ丸」。
    小学生は仮の姿、陽が沈んだら修行開始です。
    子つばめの「はやて」を肩に乗せ、弟たちと一緒に修行に励んでいるつばめ丸ですが、高い所から飛び降りる「地降傘のじゅつ」だけはどうしても苦手。
    毎晩どんなにはげんでも、飛べないものはやっぱり飛べません。

    そんなある日、秘密の忍者大運動会が開催され、ライバルの「がまのしん」と戦いを繰り広げます。勝つのはどっちだ?!
    つばめ丸は飛べるかな?
    続きは読んでのお楽しみです。

    子どもは、夜明けに昼の姿に身をやつし北へ南へ散っていく忍者たちの姿が気に入ったようです。

    続巻「にんじゃ つばめ丸 はつにんむの巻」も読んでみたいと思いました。

    掲載日:2018/06/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「もじゃもじゃ」という言葉で、おじいさんのひげとかでてくるのかと思いましたが、違っていました。
    木や犬は、「もじゃもじゃ」を「ちょきちょき」します。
    ここで、「けいと」がでてくることに驚きました。
    ほどけている「けいと」をまくという発想がとても面白いです。
    個人的に、わが子の髪質を思うと「もじゃもじゃ」している髪を「ちょきちょき」するのがうらやましいです。

    掲載日:2018/06/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 安心して眠れるように

    夜寝る前になると、怖い話とかおばけのことを思い出してしまう息子とともに読みました。
    昼間なんでもないと思ってたことが 暗い夜になると、怖くなるんですよね、自分も小さい頃そうでした。そんなときはぬいぐるみをまわりにたくさんおいて寝てたことを思い出しました。

    絵本の中でスーちゃんがおばけだとおもって怖がったものの正体が分かると、息子はなぁ〜んだと笑っていました。
    寝るときにおばけなんてでてこないんだよ、安心して眠っていいんだよ、というメッセージがつたわっているといいなと思います

    掲載日:2018/06/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっとドキドキ

    • ポン太さん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    全ページためしよみで読みました。

    表紙の絵の雰囲気から、落ち着いた感じの寝かし付け絵本かと思って読み始めたのですが、読んでいくとちょっとドキドキ。
    もう少し、盛り上がるかと思った所であっさりと終わってしまい、ちょっと物足りなく感じましたが、寝る前に読むのにはこの位が丁度良いのかな、と思いました。

    掲載日:2018/06/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人間の 足跡は?
    裸足で 履き物履かずに 足形とれば わかるかな
    足跡 クイズで子ども達と楽しんだらおもしろいかも でも あたるかな?   意外に難しいようですよたとえば シカとか カバとか 私も分かりませんでした・・・・
    ハトの足跡は 鳥の足跡が  雨のあとの ぬかるんだを通ると こんな足跡に出会うかもしれませんよ
    ちょっとしたアートになってるよ
    どうぶつの
    大人は頭が固かもね 子ども達は 意外と知っているかもね?
    ちょっと 遊んでみたい(学童に持って行って遊んでみます)
    ですね

    掲載日:2018/06/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 忍者ってすごい!

    忍者について、知っていたと思っていたけど知らなかったことがたくさんあって 息子と一緒に読んでいたのですが、途中から息子がちょっと貸してよく見たいと、すみからすみまで読んでいました。
    手裏剣にもいろんな種類があったり、
    忍者の技の詳しい説明、忍者の能力エピソード等々 おもしろいことがたくさんかいてあります。
    本当に昔の忍者はこんなことができたの?と、驚くようなこともたくさんありました。
    ページに忍者が何人いるかという問題、巻末の答えをみて こんなに数えられないと 息子とともに笑ってしまいました。

    掲載日:2018/06/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • お母さんの言葉がけで安心するスーちゃん。
    こどもは想像力が豊かであることをあらためて
    感じました。

    影をみて、こう思ったりするかもしれない。
    でも実際はたいしたことはありません。
    夜というのは子どもは暗いので怖いと思ってしまいがちです。
    だから想像力でさらに怖いと思ってしまうことが
    ありますね。

    この絵本はそんなことはないよ。大丈夫だよ。
    ということがよくわかる絵本です。

    掲載日:2018/06/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 犬の冒険と遊び心

    飼い主を追いかけて、海岸に向かう犬のあみ。
    最後に載っている地図を見てからもう一度絵本を見ると、遊び心がありつつちゃんと海に向かっていて感心感心。
    飼い主のかっちゃんに会えて、良かった良かった。
    犬の目から見るとこんな感じなのでしょうか。

    掲載日:2018/06/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねんねの絵本は何冊か読みましたが、しかけ絵本ははじめてでした。
    個人的には、ネコのミケが毛布をかぶる姿がかわいいです。
    皆、ねんねしますが、ゆうちゃんだけは眠れません。
    ここで王道のお母さんの絵本の読み聞かせで、いつのまにか眠ってしまいます。
    よく、絵本の中で、絵本の読み聞かせをするシーンがでてきますが、個人的に、タイトルがわかるようにかかれていると、実際にある絵本なのかどうなのか気になって調べてしまいます。

    掲載日:2018/06/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • お正月に読みたい

    • ポン太さん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    幼稚園の参観日の絵本タイムで息子が選んだのがこの絵本でした。

    お正月にぴったりの絵本。
    6月に読んだので、気節外れだったけれど、またお正月が近くなったら、読んであげたいです。

    3歳の娘にも読みやすいお話しでした。

    掲載日:2018/06/25

    参考になりました
    感謝
    0

211件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。


『ゼツメツキグシュノオト』イベントレポート&インタビュー

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット