新刊
ぐるぐるうごく しましまぐるぐる

ぐるぐるうごく しましまぐるぐる(学研)

赤ちゃんはうごくものが好き!累計250万突破の大人気シリーズから待望の新刊登場!

  • かわいい
  • ギフト
じかきむしのぶん

じかきむしのぶん

  • 絵本
作: 松竹いね子
絵: 堀川 真
出版社: 福音館書店

税込価格: ¥880

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「じかきむしのぶん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2008年04月
ISBN: 9784834023428

読んであげるなら・ 3才から
自分で読むなら・ 小学低学年から
ページ数: 28
サイズ: 27X20cm

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

野道を歩いていると、白い線のある葉っぱを見つけることができます。それは「字書き虫」の幼虫が葉っぱを食べたあとです。小さな卵から幼虫になり、さなぎになり、葉っぱから飛び立つまでを描く感動の物語。

ベストレビュー

二つの角度から

息子の最近のお気に入りです。「じかきむし」という虫のお母さんが、葉っぱの中に卵を産みつけ、その卵が孵って子供の「ぶん」が成長するお話です。

ストーリーとしては『はらぺこあおむし』と似ているような気もしますが、この絵本の良かった点は、葉っぱを離れたところから見た絵と、葉っぱの断面の両方が同じページに描かれていて、葉っぱの中で「ぶん」がどのように成長し、進んでいるのかも分かるようになっているところです。

息子は最初は、断面図の意味がわからず、読む度に何度も「これは何?」と聞いていましたが、何度か読むうちに断面図であることを何となく理解したようでした。「図形理解」というと大袈裟ですが、そういう意味で視野を広げてくれる絵本でもあります。
(さみはさみさん 30代・ママ 男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

松竹いね子さんのその他の作品

むくむく もごもご / ぽぽんぴ ぽんぽん / かみのけちょっきん / つきみそうがさいた  / なにがはいってるの / つみくさにいったら

堀川 真さんのその他の作品

ちょっと昔の子どもたちのくらし(3) 私の名前は宗谷本線〔北海道〕 / トンカチくんと、ゆかいな道具たち / たぶん、なんとかなるでしょう。 / ちいさなごるり / おべんとうさん いただきます / あかいじどうしゃ よんまるさん



内堀タケシさんの写真絵本「ランドセルは海を越えて」 不要になったランドセルをアフガニスタンへ届けて17年

じかきむしのぶん

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.19

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット