ふゆのよるのおくりもの ふゆのよるのおくりもの
作・絵: 芭蕉みどり  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
きょう、ティモシーとサラはもみの木をかって帰りました。きれいに飾りつけをして、クッキーを焼いて、さあ、これからおでかけです。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
はくちょう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

はくちょう

  • 絵本
作: 内田 麟太郎
絵: いせひでこ
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • 無料ラッピングキャンペーン実施中!!

作品情報

発行日: 2003年07月
ISBN: 9784061322752

出版社からの紹介

池が美しい白鳥に想いを寄せた。感動の絵本。
傷ついた羽をひとりで癒す白鳥に、小さな池は想いを寄せました。白鳥が飛び立ったその時……。
詩人・内田麟太郎と画家・伊勢英子のコンビによる初めての絵本です。

いけは なみだを にじませました。
でも、いけの ながす なみだは だれにも みえません。
みずも なみだも おなじように
すきとおっていましたから。――(本文より)

ベストレビュー

白鳥に寄せる二人の名人芸のような絵本

 擬人化というのは「人でないものを人に擬して表現すること」ですが、絵本の世界でもたくさんの擬人化が試みられます。
 おもちゃ、ぬいぐるみ、やさい、おうち、どうぶつたち、・・・その他たくさん。
 擬人化されないものはないのではないでしょうか。

 内田麟太郎さんが文を書いたこの絵本では、「いけ」が擬人化されています。
 いけ? ひらがなで書くとわかりにくいですが、これは「池」。
 水をたたえた、あの池です。
 春になって仲間の白鳥たちが遠い北国に帰っていきます。でも、たった一羽だけ帰れない白鳥がいました。
 きつねに羽をかまれて傷ついた白鳥です。
 白鳥は小さな池で傷を癒していたのです。
 ただ、池は言葉が離せません。
 内田さんは、それは池がちいさいからだとしています。
 なので、絵本の中では池の言葉はかっこつきで書かれています。
 (…はくちょうさん)と、いった風に。
 でも、池の白鳥への想いは、まるで恋する若者のような感じがします。
 白鳥の白いうなじをみつづけているなんて、まるで恋をしているよう。

 やがて、白鳥の傷が癒え、帰る日がやってきます。
 真っ青な空に一羽の真っ白な白鳥。
 そのあとを追うように、池もまた白鳥となって羽をひろげます。
 なんとも感動的なラストです。

 内田さんの素敵な文を、そして池の擬人化という難しい設定に、いせひでこさんの絵は見事に応えています。
 最後の二羽の白鳥こそ、内田麟太郎さんといせひでこさんの姿のようにも思えました。
(夏の雨さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


内田 麟太郎さんのその他の作品

紙芝居 おれがいちばん かけあしオオカミ / たたたん たたたん / とりづくし / とろ とっと  / 大どろぼう ジャム・パン かげのない町 / 紙芝居 しくしくブタはわらうかな

いせひでこさんのその他の作品

見えない蝶をさがして / 猫だもの ぼくとノラと絵描きのものがたり / グレイのものがたり / ねぇ、しってる? / はちみつ / 幼い子は微笑む



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

はくちょう

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.35

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット