おおきなうみと ちいさなマーヴィー おおきなうみと ちいさなマーヴィー
作・絵: H@L  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
海の世界で未来を夢みるくじらのマーヴィー!絵本いっぱいに広がる青が、夏にぴったりな1冊です!
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ふしぎなボジャビのき アフリカのむかしばなし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ふしぎなボジャビのき アフリカのむかしばなし

  • 絵本
再話: ダイアン・ホフマイアー
絵: ピート・フロブラー
訳: さくま ゆみこ
出版社: 光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ふしぎなボジャビのき アフリカのむかしばなし」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年05月29日
ISBN: 9784895728584

幼児から
A4変型判 25ページ 4色刷り

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

不思議な木の実を食べたい! でも、根元に巻き付いたヘビは、木の名前を当てないと、どかないと言います。動物たちは次々、ライオンに名前を聞きに行きますが、みな帰り道で忘れてしまい……。繰り返しが楽しい、アフリカの昔話。

ベストレビュー

アフリカの昔話ですが、同じ動物が活躍する話、日本にもありま

残念乍ら「絵本ナビ」ではまだ掲載されていないアフリカの昔話を元に書かれた絵本です。お話は単純で、干ばつ状態の処に見つけた果樹を取りたいのだけど、その木に巻き付いている蛇がいるので、食べられない。蛇は「この木の名前を言えば、木から離れてあげる」という訳です。木の名前は王様(ライオン)が知っているので、いろんな動物が聞きに行くのですが、帰ってくるとみんな忘れちゃう。
ちゃんと聞いて来られた動物、それは・・・。日本の昔話にも同じ動物が活躍するお話しがあって、通じるところがあります。それは何?はナイショにして置きたいと思います。
木の名前は「ボジャビ」というのですが、この響きが大変面白く、またいろんな動物が間違ってしまう木の名前が先ず面白いです。また、いろんな動物の絵が楽しく描かれています。目からも耳からも楽しめる絵本で、読み聞かせには大変良い本だと思います。絵本ナビさん、紹介してくださいね。
(wakiさん 50代・パパ 女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ダイアン・ホフマイアーさんのその他の作品

トラといっしょに / はるかな島

ピート・フロブラーさんのその他の作品

ノウサギのムトゥラ 南部アフリカのむかしばなし

さくま ゆみこさんのその他の作品

みずをくむプリンセス / グレタと よくばりきょじん たったひとりで立ちあがった女の子 / おまつりをたのしんだおつきさま / 明日をさがす旅 故郷を追われた子どもたち / なかよしの水 タンザニアのおはなし  / シャイローと歩く秋


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > ふしぎなボジャビのき アフリカのむかしばなし

【連載】第2回「鬼遊び」シリーズ 廣嶋玲子さんインタビュー

ふしぎなボジャビのき アフリカのむかしばなし

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.58

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット