話題
移動するものたち

移動するものたち(小学館集英社プロダクション)

谷川俊太郎さん推薦! 黒い夜の森を捨て、旅に出る動物たち……移民の旅の現実を描くサイレント絵本

  • 泣ける
  • 学べる
新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
ねことねこ

ねことねこ

  • 絵本
作: 町田尚子
出版社: こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,100

絵本ナビ在庫 残り5

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2019年10月05日
ISBN: 9784772102445

出版社のおすすめ年齢:2歳〜
20 × 21 cm 24ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

続きを読む
ねことねこ

ねことねこ

出版社からの紹介

「ねことねこ おなじところ どこだ?」
猫とひと言でいっても、それぞれにバラエティあふれる個性と魅力がありますよね。そんな猫の姿態のおもしろさにフォーカスを当て、猫たちの同じところ、違うところ探しをしていく楽しい絵本です。
作はネコの絵を描かせたら当代随一の人気画家、町田尚子氏。
実在する猫たちをじっくり観察して生まれた、生き生きとした表情やユーモラスな仕草は息をのむほど。大人も子どももその魅力に引き込まれること間違いなしです。

ベストレビュー

みんな違ってみんな良い

明らかに猫好きのための、猫好きによって描かれた絵本です。
明らかに違う猫の共通点を描くなんて、猫をとことん知っていなければ描けない技です。
同じ見開きで答えを明らかにしているので、共通点を探す楽しみが失われているのが残念ですが、読み進んでいったら全く別の展開になっていきました。
最後のページとその前の見開きで、猫を可愛いと思うか思わないか、読者の猫好き度を試している絵本かもしれません。
挑戦的な猫の表情に、私はドギマギしてしまいました。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,430円
2,420円
1,650円
1,760円
2,090円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

506円
1,870円
1,100円
1,595円

出版社おすすめ




ディズニー映画『アナと雪の女王』10周年 本の世界に踏み出そう

ねことねこ

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.15

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら