新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
新刊
ようこそ こどものけんりのほん

ようこそ こどものけんりのほん(白泉社)

「子どもの権利」をイラストでやさしく学べる絵本

  • 学べる
  • 役立つ
  • ためしよみ
かえるのじいさまとあめんぼおはな

かえるのじいさまとあめんぼおはな

  • 絵本
作: 深山 さくら
絵: 松成 真理子
出版社: 教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,100

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

<<品切れ 重版未定>>

中面を見る

作品情報

発行日: 2008年06月
ISBN: 9784774610917

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

あめんぼの夫婦を食べた、かえるのじいさま。両親をじいさまに食べられた、あめんぼのおはな。ふたりの出会ったたんぼに、今、美しい雨の花が咲く…。食べることは生きること。食う食われるの関係は自然の摂理。でもときにはこんな出会い方もあるのかもしれません…。

かえるのじいさまとあめんぼおはな

ベストレビュー

切ないけれど真実

切ないおはなしです。

かえるのじいさまが気まぐれに食べてしまったあめんぼの夫婦。
その娘のあめんぼが訪ねてきます。
「一目でいいから両親に会いたい」
むすめあめんぼを前に食べてしまいたい本能と、
可哀想なことをしてしまったという後悔で葛藤する
じいさま。

絵がすごいんです。
じいさまの表情・・無垢な娘あめんぼおはなの対比。

親を亡くしたおはなの気持ち。
命を頂くことで生きていくしかない生き物のせつなさ。

絵本だから、「大きく開けたお口からピョン!と両親が飛び出して
きました」なんて展開も予想したのですが、
そこはそんなふうに甘くまとめず、あくまでも切なくリアルに
終わるのです。
おめんぼおはなの前向きさに救われます。
真実から逃げない絵本です。
(10月さん 30代・ママ 男の子5歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,540円
1,100円
1,210円
1,760円
1,760円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

550円
550円
638円
550円

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

かえるのじいさまとあめんぼおはな

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら