新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

でんぐりがえし
  • 全ページためしよみ作品は送料無料

でんぐりがえし

  • 絵本
作: ビーゲン セン
絵: みぞぶちまさる
出版社: 絵本塾出版

税込価格: ¥1,320

「でんぐりがえし」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2012年01月18日
ISBN: 9784904716687

出版社のおすすめ年齢:4・5歳〜
20.0×18.0cm 32ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

森のどうぶつむらのおはなし。
まず、クマのクーちゃんが言います。
「ぼく、でんぐりがえしが できるんだ」
右にドテン!ひだりにドテン!しながらもう一回。
あたまからくるりとでんぐりがえし、グルリンパ。
「できた!」
それを見ていたうさぎのナナちゃんが「おしえて」。
でんぐりがえしをしている二人を見て、今度はヤギのおばあさんがでんぐりがえし。
次はタヌキのおじいちゃんが。クジャクのおねえさんも・・・!?
気がついたら、森のみんながくるくるまわってグルリンパ!

どうぶつむらのなかまたちが、坂の上からいっせいに
ゴロン ゴロン ゴロン
あたまから転がってでんぐりがえしをしている様子といったら。
もう、見ているだけで無条件に可笑しくなってきます。
なんて平和、なんて楽しそうな場面なんでしょう。

読んだ後、みんなで一緒にでんぐりがえしがしたくなっちゃいますね。
出来るかな・・・いや、大人も一緒にトライ、トライ!

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

でんぐりがえし

出版社からの紹介

どうぶつむらのなかまたちは、でんぐりがえしが大好き!ウサギのナナちゃん、ヤギのおばあさん、タヌキのおじいちゃん、クジャクのおねえさん、ブタのおにいさんも、いっしょにでんぐりがえし。くるくるまわってグルリンパ!楽しいな!

ベストレビュー

懐かしい。

とても懐かしく感じてしまう1冊でした。子供のころははじめ出来ずに毎日練習をした記憶はあります。その後出来るようになって。。。でも大人になった今は無理です。若いときはあっという間に出来るようになるのに。でも、本当右に左にとよくぶつかったのを覚えています。動物たちが頑張る姿を見ているとでんぐり返しが出来る子もそうでない子もこの絵本を通じて楽しくチャレンジしてみるのも良いですね。
(ピンクちゃんさん 40代・ママ 女の子12歳、男の子6歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,870円
935円
1,210円
1,320円
2,090円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,540円
330円
3,080円
1,100円

出版社おすすめ




絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

でんぐりがえし

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.32

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら