日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと? 日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと? 日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?の試し読みができます!
作: 浜田 桂子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?
ジョージ大好きさん 40代・ママ

一度じっくりどうぞ
奥深いお話です。 平和って一言で…

のげしとおひさま」 みんなの声

のげしとおひさま 作:甲斐 信枝
出版社:福音館書店
本体価格:\900+税
発行日:2015年09月05日
ISBN:9784834081947
評価スコア 4.29
評価ランキング 17,403
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 小さなものに心を寄せる優しさ

     道端や草むらに咲いている ひゅっと伸びた黄色い花は「のげし」という名前だと初めて知りました。そんな どこにでも咲いている、でも多くの人が気にも留めていない「のげし」が、愛情をこめて丁寧に美しく、描かれています。そして、おひさまが柔らかい光として描かれていて、春らしいほんわかとした暖かさが伝わってきました。

     のげしは、動きまわれるカエルやアリや蝶々が羨ましくてたまりません。でも、いっぱいおひさまの光を吸い込んでいると・・・。

     甲斐信枝さんの小さなものに心を寄せる優しさが伝わってきました。小さな子どもさんの柔らかい感受性にそっと寄り添うような絵本です。のげしが憧れるカエルが、のげしをずっと見守っているのも良い感じです。生き物同士も、心を寄せ合っているのですね。

    投稿日:2016/03/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • 道に咲く花の気持ち

    写真に近いような
    ていねいで実際にその場で見ているかのような絵です。

    のげしというのは
    タンポポに似ているけれど違う花だったんですね。
    絵本を読んでから調べてみました。

    道端に咲いている
    のげしは こんな気持ちで
    周りを見ているのかな。。
    自然の中でおひさまとこんな会話を交わしているのかな。。
    そんなことを考えながら
    静かにひとりで読みました。
    植物に心や気持ちがあるわけではないと思いますが、
    私たちもじっとその場に立ち止まっていて
    まわりの人と比べて
    迷いながらも時期が来て
    飛んでいく、広い世界にわたっていく
    そんなイメージでした。
    私はもう50代ですが、
    小さいお子さんならまたちがった感想を持つことでしょう。
    孫にも読んであげたいと思いました。

    投稿日:2015/11/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • のげし?

    「幼児絵本ふしぎなたね」シリーズ。
    のげし?
    タンポポとよく似ている草花のようですね。
    この、のげしのモノローグ中心のおはなしです。
    のげしは、周りの生き物たちが動き回る様子がうらやましいのですね。
    そこでおひさまに相談したら、おひさまの光をすいこむよう助言されるのです。
    なるほど、こういうことだったのですね。
    タンポポとよく似ていますが、それだけに、違いに目を向けさせてくれるような気がします。
    そこへ向けての視点が新鮮でした。
    幼稚園児くらいから、生き物たちの世界、感じてほしいです。

    投稿日:2020/04/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愛情いっぱいの視線

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子4歳

    甲斐信枝さんの作画風景をTVで見たことがあり、
    そのときからお気に入りの作家さんです。

    写実的な絵の中に
    愛情いっぱいの視線が感じられて、
    子どもたちにも安心して読み聞かせできます。

    うちの庭にもあるのげし、
    チクチクしてあまり好きではなかったのですが、
    見る目が変わりました。

    投稿日:2020/02/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • おはなしかいで読みました。
    「のげし」はタンポポと似ているけどちがう植物なんですね。会で読む前に下調べをしてみると、絵はもちろんおはなしの中にも特徴が出ていることが分かりました。

    甲斐さんの植物絵本はかがくの絵本ですが、物語もあたたかく誠実で子どもたちも引き込まれていきます。
    小さい子どもにもわかりやすく、すこし大きい子にもじっくり見せられる絵本です。もちろん!おとなも勉強になり感じることがあるおはなしです。個人的には苦手なかえるさんがのげしに寄り添っているところも見逃せないポイントです。

    投稿日:2018/04/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドラマを見せてもらいました。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子17歳

    ちいさなかがくのとも(雑誌)で出たのが2007年。それから本になったのが2015年です。
    さすが、甲斐伸枝さんです。
    何気なく道端や路地に咲いている植物(いわゆる雑草)のドラマをこんな風に見せてくれるとは思いませんでした。
    のげしのそばで、進行役のように登場する小さなアマガエルもリアルで、その姿や動きに見ごたえがありました。

    読み聞かせにもお薦めします。
    3月下旬から5月くらいにいかがでしょうか。

    投稿日:2017/03/30

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / おおきなかぶ / キャベツくん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



SNS犯罪から子どもを守るために。友達思いなにわとりのお話

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 2
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 4

全ページためしよみ
年齢別絵本セット