またおこられてん」 みんなの声

またおこられてん 作:小西 貴士
絵:石川 えりこ
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2016年09月15日
ISBN:9784494016259
評価スコア 4.45
評価ランキング 9,577
みんなの声 総数 10
「またおこられてん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • けんたろうがんばれ

    しかられてばっかりのけんたろうですが、確かにお母さんもしかりたくなるような、あるあるシチュエーション。
    生活の中で、いかに親の愛情を感じられるかが、けんたろうにとっては重要なのでしょう。
    子ども目線で考えると面白い絵本でも、親として考えるとちょっと考えさせられる絵本ではあります。

    投稿日:2020/08/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 男の子あるあるで笑えます

    やんちゃで可愛い男の子が、とうちゃんとお風呂に入りながら、またかあちゃんに怒られちゃった・・・と話しています。
    その内容は男の子あるあるで、ああ、そうそう、そういうので怒っちゃうよねぇ・・・と読んでいて苦笑いしてしまうようなことばかり。
    どこの子も一緒だなぁと安心するやら反省するやらの気持ちになります。

    でもかあちゃんは誰よりもあなたが大好きなんだよ。
    そういう気持ちがじんわりと伝わる、可愛らしくてすてきなお話でした。

    投稿日:2019/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 母が考えさせられました

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子7歳、女の子6歳

    いつもお母さんに怒られちゃう男の子の気持ちが描かれています。
    お風呂で、いつも言葉にできない気持ちをお父ちゃんにこぼすんですが、母として、そっかー、そっかーそうだったんだ。怒っちゃってごめんね。って考えてしまいます。
    読みながら、我が子も「〇〇もこうだから…」って話しはじめて、日頃思っていることを話すきっかけになりました。

    投稿日:2019/01/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 家族の形

    怒るお母さん
    怒られても素直にごめんなとえない息子・・。
    そんなすれ違う二人を、ちゃんとお父さんがつないでます。
    夫婦関係もよく、
    子育てにおいての役割分担をしているのでしょうね。
    でも私は、この本のお父さんの立ち位置がいいなぁ(^-^;

    子育てに置いて「あぁあるある」と思える、いい本です(#^^#)

    投稿日:2018/12/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供の気持ち

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子6歳、女の子4歳、女の子0歳

    いつもおかあさんに怒られてしまう男の子。
    子供の気持ちを語ってくれます。
    自分ではうまく言葉にできない気持ちもこの男の子が語ってくれたと子供は共感できるかも?
    私もついつい子供を怒ってしまうのですが、ね。ちょっと考えさせられました。

    投稿日:2018/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほのぼの家族

    ほのぼのと家族の会話が、大阪弁で描かれていて
    けんちゃんの話で、家族の雰囲気がよくわかります。
    お母さんの言動に全面的賛成をしたい気分になりますが、
    けんちゃんの訴えていることを聞いてみれば、そんな風に
    考えているのかと、ちょっと考えてしまいました。
    けんちゃんは、相談するお父さんがいてよかったねと思いますが
    お父さんの意見はさすがですね。
    二人の気持ちがよ〜くわかっていて素晴らしいです。

    投稿日:2017/07/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親と子の本音

    八ヶ岳在住で、「子どもをめぐるうまく言葉にならないこと」をテーマに写真を撮っていらっしゃるそう。
    ということで、おのずとその視点が伺えます。
    やんちゃな男の子が、お風呂の時にお父さんに語ります。
    お母さんに怒られた数々のこと、でも、自分にはちゃんと理由があること。
    第三者的なお父さんが受け止めるから、お母さんの立ち位置もさりげなく教えてあげることができるのですね。
    もちろん、ちゃんとお母さんにも男の子の気持ちも伝わったようですよ。
    幼稚園児くらいからでしょうか。

    投稿日:2017/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • おかあさんの愛情

    タイトルに親近感を持ったので図書館から借りてきました。けんたろうがおとうさんとお風呂に入って愚痴を言っているのがいいなあと思いました。下の娘の子どもは、一人っ子で毎晩孫が寝てからしかお父さんは帰ってこないから、羨ましく思いました。けんたろうが、滑り台から落ちて入院した時のおかあさんの気持ちをおとうさんが話している時に、お母さんの愛情がいっぱい伝わってきて泣けてきました。こんな風にして、子供には、いつも機会があれば、両親の子供への気持ちを伝えれば子供も愛されていることの確認が出来て安心するから、照れくさいけど伝えるべきだと思いました。けんたろうの愛されていると知った時の笑顔が凄くよかったです。

    投稿日:2017/02/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 困ったときのアドバイザーはお父さん

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子16歳

    著者は写真家で森の案内人だそうです。(八ヶ岳に在住)
    子どもたちをテーマにした“フォトエッセイ集”を何冊か出していますが、絵本はコレが2冊目のようです。

    主人公は4,5歳くらいの男の子、なにをやってもうまくいかなくて、お母さんに叱られてばかり……。
    作者が男性だからでしょうか、困ったときのアドバイザーはお父さんでした。
    こういう懐の大きいお父さんって憧れます。
    男の子とお父さんの会話がお風呂っていうのも、どこのご家庭でもありそうで、リアルな感じがよかったです。

    投稿日:2017/01/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 我が家と同じだ・・・

    8歳長女と6歳次女に読みました。けんたろうくんという男の子が、お父さんとお風呂入りながら、お母さんに怒られたことを話しているお話です。我が家と同じ。我が家は娘2人ですが、まるで男の子。やんちゃで困っています。「こらー」と怒ってばかりの毎日。

    怒ってばかりですが、愛情もこんなふうに感じてほしいなと思いました。パパの言葉が必要ですが(笑)

    投稿日:2016/11/22

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】第4回『かみさまのベビーシッター』 幸介くん&ボンテン様インタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.45)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット