オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
クッチーナママさん 40代・ママ

映画デビュー
インパクトのある表紙の絵に惹かれて手に…

Artist to artist」 みんなの声

Artist to artist 著:エリック・カール絵本美術館 ほか
訳:前沢 明枝
出版社:東京美術
本体価格:\3,600+税
発行日:2017年02月
ISBN:9784808710545
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,692
みんなの声 総数 19
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 心が満たされる。

    絵を描くことも絵本を読むことも大好きな息子。
    ただその絵がとても個性的。虹みたいにカラフルなキリンや乗り物。
    最近、これでいいのか…と思ってきたときにこの本を知りました。
    素晴らしい作品を作ってこられた方々にももちろん幼少期は
    あったし、「絵が好き!何かを作るのが好き!」という気持ちを
    常に持って過ごされてきたのだと思います。その気持ちを持ち続けた事によって、今の私たちの心を満たしてくれている。
    息子にはこれまで通り、好きな気持ちを持ち続け、好きに描いてほしい。そうすれば将来、この方々のように誰かの心を満たすことができるかも。そう思わせてくれた本でした。少し救われた気がします。

    投稿日:2017/03/22

    参考になりました
    感謝
    2
  • ため息がでてしまう世界

    • うめちびさん
    • 30代
    • ママ
    • 富山県
    • 女の子6歳、男の子3歳

    小さい頃読んだ絵本、今でも子どもと読んでいる本。
    そんなアーティストたちの世界に深く引き込まれてしまう絵本です。
    こんな風に描かれたんだという発見や、作家たちのくらしなど
    とても新鮮な驚きや感動でいっぱいになりました。
    これを読んだら、もっともっと絵本が好きになりました。
    いつまでもいつまでも大事に読み継いでいくであろうおはなしの世界の
    魅力。言葉には表せないけれど、この本よめばもっとその魅力が深まります。
    時間がすぎるのもわすれて眺めてしまいました。
    絵本と一緒に宝物にします!

    投稿日:2017/03/22

    参考になりました
    感謝
    2
  • 子どもが初めて出会う芸術

    • みいのさん
    • 50代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子19歳、女の子14歳

    子どもは誰もが芸術家です。
    そして大人になっても芸術家であり続けた、23人の絵本作家さんからのメッセージや、子ども時代の作品を、じっくりと興味深く見ることが出来ました。

    自分の気に入った絵本に巡りあうと、何回でも読みたいし、手元に置いておきたいし、飾っておきたいし、もちろん子どもにも、時には夫や、他の誰かにも読んで見せたくなります。
    私の子どもの頃には見かけなかった、画集のような素晴らしい絵本が、次々と生まれています。
    絵本作家の方が情熱を注いで創りあげた作品に出会える子どもたちは、本当に幸せです。
    「絵本は子どもが初めて出会う芸術」という言葉が、心に刻まれました。

    投稿日:2017/03/21

    参考になりました
    感謝
    2
  • いてもたってもいられず、さっそく親子で絵を描きました 受賞レビュー

    • やじみさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子9歳、女の子7歳

    エリック・カールさんということで目にとまり、モーリス・センダックさんの名前を見つけて、即購入しました。他にも魅力的な作家さんが大集合で、豪華な一冊です。

    本が届き、私が一人ひとりの手紙を読みながら感動にひたっていたところへ、抜け目なく覗きこみにきた子どもたち。あっという間に本を奪われ、「この絵知ってる!」と言いながら次々とページをめくるめくる…。
    ワイワイ言いながら一通りめくると、始めにもどって今度はじっくり。ふたりとも息をのむように静かになり、絵に魅せられている空気を感じました。
    2巡目を見終えると、「はぁ〜…」とため息。「なんか絵、描きたくなっちゃった」と、そのまま紙と色鉛筆に直行です。 その気持ち、私も分かる!実は私もさっきから絵が描きたかったんだ!
    …というわけで、親子でお絵かきタイムを楽しみました。
    (9歳の兄が絵を描くのは久しぶりでした。それほど刺激を受けたのでしょうね。)

    肝心の手紙はというと、皆さん、小さい頃から絵が好きだったというエピソードが多くて、自然と喜びと勇気が湧いてきました。絵画に限らず、好きなことを続けていれば、すばらしい魅力が花開くのでしょう。子どもたちにとっては、夢を後押ししてくれる心強い手紙だと思います。

    初めは絵に惹かれた子どもたちですが、その後、ふとした時に本をめくって手紙を読んでいるようです。子供と作家さん、一対一で静かに対話をしているような雰囲気なので、感想は聞いていませんが、気に入っていることは確かです。
    よくリビングに開いたまま置いてあるせいか、普段絵や絵本にあまり関心のない父親も、手にとってじっくり読んでいました。
    家族全員を魅了したこの本、我が家の本棚の宝物になりました。

    投稿日:2017/03/11

    参考になりました
    感謝
    2
  • こんな素敵なおじさまだったんだ

    有名な絵本作家たちの、作品やインタビュー、自身の写真やアトリエなどが紹介されていて、とても贅沢な内容です。
    絵本は有名でも、意外に作家さんのことは知らなかったりします。また作家さんの姿というのは意外と目にしないので、作家さん自身のお写真を見て、「へぇ、こんな素敵なおじさまだったんだ」などと思ったりもしました。
    作品のカットを眺めたり、作家さんのアトリエを見比べて楽しんだりと、長い間楽しむことができました。
    子供達にも絵本作家さん自身のことを知ることで、これまで以上に絵本が好きになってくれたらいいなと思います。
    高価だけれど、ぜひ手元に置いておきたい作品です。

    投稿日:2017/03/17

    参考になりました
    感謝
    2
  • 個性を信じて

     それぞれの作家さんたちの絵、一目見ただけで、誰の作品か、わかりますね。
     どの絵も、作家さんの個性があらわれていて、ページをめくるたびに楽しかったです。思い出話やこだわりなど、語りかけるような言葉も、しみじみしました。
     
     自分の個性を信じて、好きなことを続けることの大切さがつたわってきます。絵を描くことだけじゃなく、いろいろなことに通ずるメッセージだなと思いました。

    投稿日:2017/03/18

    参考になりました
    感謝
    2
  • 小さなアーティスト達の未来

    安野 光雅、レオ・レオニ、エリックカール、センダックといったアーティスト達の才能がいかにして花開いていったのか、幼少期に何に興味を持っていたのか、そして各々のアートに対する思い等が記されています。
    見開きのページにはアーティストの作品や自画像、アトリエなども載っていて、見ごたえのある一冊です。
    23人の中には、聞いた事のないアーティストもいたりして(絵本ナビでも作品の取り扱いがないアーティストもチラホラ)なぜこのセレクションなのだろう?と少し疑問に思いましたが、この本は元々アメリカで出版された物の翻訳版なのですね。
    日本では知名度が低めでも、画力は相当な物を感じます。
    世界を代表するアーティストの中に安野光雅さんが含まれている事が、同じ日本人として誇らしく思えました。

    投稿日:2017/03/03

    参考になりました
    感謝
    2
  • どっぷりと

    絵本作家なのですが、もうアーティストというジャンルで見ると、絵本の域を超えてらっしゃる方ばかりですよね。子どもの読むものでも本物の絵を用いて、本物の魂が入っている絵本を作る。だから子供も大人もいつの時代になっても心が震えるのだと思いました。絵本の絵だけでなく、作家の歴史、生きてきたことを知るのに、まとめてある素晴らしい本だと思いました。どっぷりと芸術の目線で見た絵本作家をみて楽しませてもらいます。

    投稿日:2017/03/02

    参考になりました
    感謝
    2
  • なんだか感動する1冊です 受賞レビュー

    絵本作家の皆さんがどのような幼少時代を過ごしてきて、どのような物に興味があって、それがどのように影響をして、そして家族の支えが有って、今が有るのかという事が分かってすごく興味深かったです。今までは絵本をただ読んであげてすごく好きだな、という感じだったのですが、この本を通じて、1冊の本が出来上がるまでの思いというか物語というか、今まで以上にこの本に登場している作家さんのの本が好きになりそうです。
    私の子供も絵を書くのが大好きですが、子供って本当に絵を褒めてあげるとすごく上達するのも早いし、一緒にお絵描きをしてあげると、本当にいつの間にかあっと言う間に私が書いていた絵と同じような絵を書くようになっていたりと、自分のものにするのが上手いな、と思いました。
    私はいつも子供の書いた絵でとても気に入ったものは額に入れて飾ってあげるのですが、本当に子供の絵ってアートだなって思いました。
    これからもずっと一緒に絵を書いたり、工作を作ったりして子供の可能性を広げてあげたいなと思いました。子供の好きなことを好きなだけ、一緒にして、一緒に楽しみたいなと思っています。

    投稿日:2017/02/28

    参考になりました
    感謝
    2
  • 大人が納得!

    • とんえほんさん
    • 40代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子10歳、女の子8歳、男の子6歳

    我が家の子どもたち、絵を描くのが好きです。
    私は苦手。
    子どもたちの発想ってほんと独特です。私だったらぜったいそんな風には描かない、そんな発想がまずないわ、そんなことを絵にして表現しています。
    でも、「それがいい」んだってことを、しっかり大人が納得できるというか、我が子の絵を見る目が変わります。どれを見てもすばらしい!と思えるようになりました。

    投稿日:2017/03/28

    参考になりました
    感謝
    1

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / 100万回生きたねこ / もこ もこもこ / くだもの / あおくんときいろちゃん / ちいさなあなたへ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.6)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット