ハッピーイースター ハッピーイースター ハッピーイースターの試し読みができます!
作・絵: ヨシエ  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
イースターの卵を盗まれた!? エッグペインティングや卵さがし、幸せを運ぶイースターうさぎなど、イースターを楽しめる一冊。

おともだちできた?」 みんなの声

おともだちできた? 作:恩田 陸
絵:石井 聖岳
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2017年06月
ISBN:9784061333253
評価スコア 3.88
評価ランキング 36,536
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • うちの息子には無理です。

    恩田陸さん。夜のピクニックという作品、とてもおもしろかったです。
    恩田さんの絵本を書かれている!
    そして石井聖岳さんの挿絵!
    石井さんの本では息子は「ワニあなぼこほる」が大好きです。

    ちょっと暗い雰囲気の挿絵ですが、
    ワクワクしながら、読んでみると。

    怖いじゃないですか。

    ちょっと怖いけど読まそうか。
    いやむりだろうか。
    散々悩み、うちの息子には無理と判断しました。

    でも、絵本という体裁のため、図書館の児童書のコーナーにある。
    息子が間違って借りて読んでしまったらどうしよう。

    ほんとに怖がりで、夜は一人で洗面所に行くこともできない息子。
    夜トイレに付き合わされるのですら、迷惑しているのに。
    図書館の児童書のコーナーに存在していること自体がもうダメなんじゃないかと思うくらいの本です。

    投稿日:2017/10/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • この絵本は、ちょっと怖い

     『蜜蜂と遠雷』で第156回直木賞を受賞した恩田陸さんが文を書いた、少しぶきみな絵本。
     どう不気味かというと、石井聖岳さんが描いた絵の表紙のどこかにそのヒントが隠れていますから、表紙だっておろそかにしないで。

     初めての町に引っ越してきた女の子の一家。
     外を見ると、なんだかぼんやり、どろっとしている町並みが続いています。
     パパもママも「ともだちと遊んで」とかいいますが、この町には子どもの姿も声もありません。
     ただ隣の犬がよく吠えるだけ。
     そんな町でも女の子にともだちができます。
     どんな?
     ママには見えない。パパは気づかない。隣の犬だけにはわかっているような、そんなともだち。
     この絵本は、ちょっと怖い。

     でも、ともだちってつくらないといけないのだろうか。
     ともだちができないことがまるでいけないことのようにいう人たちもいるけど、無理やりにつくることはないんじゃないかな。
     まして、できたともだちがこの絵本の女の子のようにとっても不思議なともだちだってあるだろうし、そして、そのことでママは泣いたり(この絵本の中でもママは本当に泣いている)するけれど、そういうことが当たり前だと思うこと自体、なんだか怖い感じさえする。

     この絵本はそんな当たり前の怖さを描いた、恩田陸さんの、ちょっと怖い話だ。

    投稿日:2017/10/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • まずは、大人が下読みしてみてから

    仙台在住の恩田陸さんの作品だ!
    ん?
    石井さんの絵・・・
    ん?表紙左下に「おばけ」?

    怪しいなぁ・・・

    とは、思ったんです

    引越ししてきて
    「おともだち さがしてらっしゃい」
    「だれかと あそんだかい?」
    と、ママ、パパにいわれるけど
    おうちの周りは暗く
    誰もいない?雰囲気

    なんだろう・・・
    怪しいなぁ・・・

    と、その場面は突然現れ
    おばさんの私でさえ
    ちょっとびっくりしてしまいました

    で、ママは泣いてるし
    裏見返しでは、青空だけど
    おばけといっしょに飛んでるんですけど・・・
    死んじゃったの?
    と、私は、思ってしまいました

    どういう風に解釈すればいいのかな?
    私が出会った
    石井さんの手掛ける絵本は
    楽しいものが多いだけでに
    ちょっと、これは、ショッキングでありました

    大人がまず読んでみて
    お子さんに、適性かどうか
    判断してから読んでみる方がいいと思います

    投稿日:2017/09/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • なんかとても怖い

    引っ越してきた女の子の孤独感に可哀想に思っていたら、とんでもない展開劇です。
    狂気に満ちた女の子の顔のドアップに息を呑んだら、可哀想な女の子が怖い女の子に変身して、町の風景もオカルト調に…。
    そういえばカバーにおばけが描かれていましたね。
    心の準備をして読めば良かったです。

    投稿日:2017/08/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • ちょっと怖い絵本。

    恩田陸さんの本は、親の私も何冊か文庫本で読んだことがあり、とても面白かったので、子供向けの絵本もあるということでとても興味を抱きました。
    こちらの絵本、ちょっと怖いですね(笑)。
    子供だけしか見えない世界とかあるのかも〜ひゃ怖い!

    投稿日:2019/08/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 怖いです

    表紙の左下のおばけの存在に気がつかずに、図書館から借りて

    きました。

    引っ越してきた初めての町。

    ママは、「おともだち さがしてらっしゃい」

    パパは 「だれかと あそんだかい?」

    近所のおばさんも 「おともだち できた?」

    近所には、誰一人遊んでないし、

    「できたよ」と言う女の子の大きくアップされた顔が身震いする

    くらい怖かったです。

    おばけと遊ぶ女の子に、隣の犬だけは、わかっているみたいだ

    けれどとにかく怖〜い絵本でした!

    投稿日:2019/05/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 衝撃の結末!!!!

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子5歳、男の子3歳、女の子0歳

    何が衝撃かは是非読んでお確かめ下さい。読み聞かせには絶対に向かない気がします。本全体に暗い雰囲気が漂っていたのはそのせいかと妙に納得。いい意味で想像が覆される絵本です。強ちフィクションとも言えない所がまた怖い。

    投稿日:2017/11/01

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

みんなの声(7人)

絵本の評価(3.88)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 1
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 6

全ページためしよみ
年齢別絵本セット