新刊
まんぷくよこちょう

まんぷくよこちょう(文溪堂)

おいしい食べ物、おしゃべり、ふくびき、商店街の魅力満載!

  • ためしよみ
話題
いっしょにあそぼ しましまぐるぐる

いっしょにあそぼ しましまぐるぐる(学研)

クリスマスにピッタリ♪100万部突破記念キャンペーン実施中!公式サイトオープン!

  • かわいい
  • ギフト

わたしのわごむはわたさない」 みんなの声

わたしのわごむはわたさない 作:ヨシタケシンスケ
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2019年11月08日
ISBN:9784569789002
評価スコア 4.79
評価ランキング 445
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • シュール作品

    妹ちゃんだけの、私のおもちゃ。ごみ箱に捨てたつもりが床に落ちていて発見したときの表情。なんだかワクワクしてきます。どのように使うか空想が広がる私。片時も離れない私、可愛いです。みんな大事にしているものがある。最後の結末が面白いです。

    投稿日:2020/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 分かる100回

    ヨシタケさんってなんでこんなに子供の心が分かるんでしょう。
    子供って、大人が捨てようとしていたものを、これほしい!とかいいますよね。だから、今回の輪ゴムも、分かるボタンがあれば100回押したいくらいに共感できました。
    最後のオチは…まあ、輪ゴムだもんね!

    投稿日:2020/09/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱり、最高です!

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、男の子5歳

    やっぱり、最高です!
    ヨシタケシンスケさんの絵本はほとんど読んでいますが、
    どの作品もわかるわかると笑えて、
    日常をこんな風に感じたことなかったなと考えさせられて、
    小さい子から大人まで楽しめて、
    いろんな人に勧めたくなります。

    何の変哲もない「わごむ」
    でも、子どもからしたら、
    自分だけの物って
    トクベツなんでしょうね。

    息子たちも、ゴミにしか見えない宝物が多くて、
    よく取り合ってけんかしているし、
    捨てたいのですが、
    彼らにとっては大切で、
    子どもの考えが今回少しわかった気がしました。

    5歳児も読み聞かせの後、
    一人でストーリーを思い出しながら、
    声に出して自分でめくっていました。

    投稿日:2020/09/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろい〜!

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子9歳、女の子7歳

    あぁ、もうなんてかわいい!
    発想とか、女の子の表情とか、もうヨシタケシンスケさんの絵本、やっぱり大好きです。
    なんでもないやり取りの中からもらった輪ゴムひとつで、こんなに楽しんでくれたら、もう子どもって天才。
    これは楽しい。

    投稿日:2020/08/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 題名を見た時はわ、わ、わ、で覚えやすいなと思って手に取りましたが、下の子のそして優しい気持ちがすごく共感できて読み進み、最後にあっと思ったら最高のオチが待っていて笑ってしまいました。
    いいなぁ、好きだなぁ…
    年中さん(4歳?)くらいからなら面白さがわかるのでは!

    投稿日:2020/07/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 輪ゴムをこよなく愛する娘に読みました。

    • ぼんぬさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子3歳

    この輪ゴムはわたしがもらったの。わたしのものなの。わたしがすきにしていいのよ? すごくない? だれにもあげたりできないわ。だってこれはわたしのたからものなんだもの…。子どもの気持ちを代弁し、言葉もまるで子供が言っているかのようなヨシタケシンスケのユーモア絵本、大人から見たらただの輪ゴム。子どもにとっては大切な大切な宝物!我が家の子どもの共感度が高く、夢中で読みたがる絵本です。

    投稿日:2020/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもの謎

    • おがめさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子6歳、女の子2歳

    子どものおもしろいあるあるを描くのに長けているヨシタケシンスケさん。
    この絵本の題材は子どもの不思議な宝物です。なぜあんな宝物を集めるのか…主人公は輪ゴムを体操大事にし、色々な空想を繰り広げます。輪ゴムは切れてしまったけど今度はクリップを見つけて宝物にするというオチも好きです。
    ちなみに我が娘の宝物はふりかけやお菓子の空袋。
    大人が読んでもおもしろい一冊です。

    投稿日:2020/01/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親子で楽しく読めます

    子供って本当に、何でも欲しがる。
    くしゃくしゃになったアルミホイルでボール投げをしたり、モールやリボンをためこんだり。
    この本の女の子のように、輪ゴムもとっても大事にしています。
    飛ばして遊ぶのも面白いし、伸ばしてみたり、握りしめたり。
    大人が「何で?」と思うものが大好き。
    そんな子供の楽しい気持ちが、あふれ出ています。
    いろいろな使い方をして、「自分のもの」になった輪ゴムを堪能しています。
    ダメになってしまった時の、冷静に次へ切り替えていく流れが絶妙!
    親子でくすくす笑いながら読んだ、楽しい気持ちになれるお話でした。

    投稿日:2020/01/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「わたしの」の威力

    題名からして、並々ならぬ迫力です。
    表紙の女の子が、捨てられそうだった輪ゴムをもらいます。
    そして、彼女は、「わたしの」を満喫するのですね。
    いつもながら、ヨシタケシンスケさんの掬い取りが見事です。
    輪ゴム妄想、やはり脱帽です。
    それだけに、オチには一抹の不安があったのですが、
    おお、こんな展開なのですね。
    しかも、裏表紙には、進化系でしょうか。
    でも、わかるわかる、この気持ち。
    子どもならではの、でも、素晴らしい世界、体感してほしいです。
    幼稚園児くらいから、共感できそうです。

    投稿日:2020/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんでも宝物になる

    本屋さんで見つけ、ヨシタケシンスケさんの新刊が出ている!と嬉しくなりました。
    わごむでここまでお話が広がるなんて、すごいです。
    頭と心を使えば、なんでも宝物になるんだなぁと感心しました。
    そして、壊れてしまった時の切り替えの早さも最高!
    こんな風に、楽しく生きていきたいなと思います。

    投稿日:2020/01/01

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



今年2回目の西日本新聞社オススメ児童書コンテスト開催♪

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.79)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット